【初心者向け】投資が必要な理由をゼロから解説

投資方針
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コロスケの結論

今のサラリーマン生活では、生活は楽になるより苦しくなる。豊かになりたいと思ったら、「投資」をする必要がある。


この結論に至るまでの経緯を以下にまとめてみました。

現金至上主義

「よーく考えよう!お金は大事だよ~」

小さい頃、お金に関することで親から習ったことは「お金は大事だから無駄遣いはしない」「お金は浪費せずに銀行に預ける」ということでした。

学生になってからも親の教えが身についていたのか、極力無駄遣いはしない主義でした。サイゼリヤにいっても「ミラノ風ドリア」単品。マクドナルドに行ったら「ハンバーガー単品×2と水」が鉄板でした。一言でいうと「貧乏性」のけち臭い学生でした。

投資については、「暴落時に資産を失い路頭に迷う男」になるか「億万長者」になるかの博打だと思っていました。貧乏性の僕は当然イチかバチかの博打には手を出しません。
友人が「シャープの株で大損だよ・・・」と言っているのをみて、それ見たことか!だから投資なんてギャンブルはダメなんだと思っていました。

コロスケ
 

楽して儲けようなんてダメ。急がば回れ。真面目に働いてお金をコツコツ貯めた方が安全だよ。


投資に関する気づき

そんな僕が投資をしようと思ったきっかけが、あるYoutubeの動画でした。今まで安全だと思っていた現金至上主義は実はリスクの多い選択だったのかもしれない、そう思うようになりました。

その後「金持ち父さん、貧乏父さん」を読んで、自分の価値観がお金を貯める・育てる意味では間違った考えであることを確信しました。

そこで30才過ぎてから慌てて、色々な本、投資に関する動画やブログを読み漁りました。今まで読んで参考になった本などは別の機会に紹介したいと思います。

今までの考え方が間違っていたなんて考えもしなかったよ・・・

銀行にお金を預けるリスク(インフレリスク)

疑問コロスケ
疑問コロスケ

でも、どうして貯金がリスクになるの?元本保証で安全では?

今まで100円で買えていたモノが、200円払わなければ買えなくなることをインフレと言います。一時期牛丼が300円だったのが、350円になるなど、実生活でもインフレを実感することが最近増えてきています。

また値段は同じでも内容量が少なくなるのもインフレの一種と言えます。ステルス値上げとも言いますよね。

つまり、銀行で寝かせていた額面100円のお金が気が付くと、90円の価値になるリスクがあるのです。(銀行に預ける金利<インフレ)

お菓子やヨーグルトも最近量が減ってきていると思っていたけど、まさかお金の価値が下がっていたなんて・・・

 

給与所得が減るリスク

国税庁HPにある民間給与実態統計調査結果を元に著者がグラフ化

このグラフは給与額の推移を表したものです。今まで右肩上がりだった給与が2000年頃から減少に転じます。この表から分かることは、「今後僕たちの給与は横ばいもしくは減っていく」という恐ろしい予測です。

一生懸命会社で働けば、豊かな生活が送れる。来年の給与は今年のそれより増えるという考えは過去のものになったのです。

一生懸命働いてもこれじゃ豊かな生活は送れそうにないね・・・


会社にリストラされるリスク

僕が就活をしていたとき、「シャープ」「東芝」は人気の就職先の一つでした。当時の僕はシャープへエントリーし、二次面接を受けました。面接会場は黒山の人だかり。僕はあっさり二次面接で落とされましたが、その時誰がシャープの身売りや東芝の没落を想像できたでしょうか。

多くの有名な企業が業績悪化を理由にリストラを行っております。昔のように一つの会社に定年まで勤める働き方というのは難しくなっているのかもしれません。

会社から三行半を突き付けられた時、あなた(僕)はどうしますか?

会社からの給与が無くなったら生活できないよ。転職しても今と同じ水準のお金がもらえるとも限らないし・・・

反比例に増え続ける税金

日本年金機構のHPにある 厚生年金保険料率の変遷表を元に筆者がグラフ化

上記グラフはサラリーマンが払う厚生年金保険料の推移です。定義は社会保険ですが、実態は税金と同じです。きれいな右肩上がり。給与は減って税金が増えており、働くだけで豊かになることが難しい世の中であることが分かります。

しかもこの厚生年金、本当に僕たちは貰えるのでしょうか(すでに65才に受給資格が引き上げられており、僕たちが定年を迎えるときには70才になっている可能性もあります)。

疑問コロスケ
疑問コロスケ

減る給与。増える税金。貰えるか分からない年金。このままだと将来が不安だね。どうしたら豊かになれるのかな?


広がるお金持ち(資本家)との格差

高度経済成長期とは異なり、今を生きる僕たちサラリーマンは、一生懸命働いても豊かになれる保証はないことが分かりました。では何故お金持ちの人たちは更にお金持ちになっていくのでしょうか。

答えは、「投資」をしているからです。

お金持ちは、お金を消費ではなく、投資に回すことでお金が増えるサイクルを確立しているのです。手取りが減少していくサラリーマンとお金が増え続けるお金持ち。格差はどんどん拡大していくばかりです。

疑問コロスケ
疑問コロスケ

でも、投資で必ずしも儲かるとは限らないんじゃない?損はしないの?

投資は長い目線で見ると勝てる確率が高い

僕がイメージしていた投資は、「短期的に企業の株価が上がるか下がるか」というものでした。短期的に株価の上げ下げを予測するのはとても難しく、リスクが高い投資と言えます。

一方、僕が学んだ投資には

長期スパンでアメリカや世界全体に投資し、世界全体の成長に賭ける」

「配当を再投資し、複利の力で資産を増やす」

という新しい投資の考えです。ある1つの企業の短期的な上げ下げに賭けるのではなく、大きい市場へ長いスパンで賭けると勝つ可能性が高いというものです。

この考えは、投資に関する考えを根底から変えました。確かに、20年後世界が成長するかしないかと言われると成長するような気がしますし、配当の複利運用でコツコツ増やしていくのも僕の性にあっている気がします。

これからは、僕たちの大事な資産を着実に増やす方法を一つ一つ勉強してきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました