株価と銅相場は連動するのか?【コロナ相場でドクターカッパー検証】

株価と銅相場は連動するのか?ドクターカッパー投資の勉強
スポンサーリンク

 

この記事では、アメリカのダウ平均・S&P500と銅LME相場を比較しています。

 

2020年3月、遂にリーマンショック以来の株価の大暴落が始まっています。

コロナウイルスが中国だけでなく、欧米にも拡大し、実体経済にも大きな影響を与えています。

 

  

株価が暴落し、大きな損を抱えた人も多いのではないでしょうか?

そういう方は、「株価の暴落は予測できないのか・・・?」と思っている方も多いと思います。

 

実は、株価の動きを予測する指標として「銅相場」が役に立つと言われています。

そこで今回は「株価と銅相場は連動するのか?」を検証してみました。

 

・ 株価と銅相場は連動するの?

・ドクターカッパーって本当なの?

  

これら疑問に答えます。

  

スポンサーリンク

株価と銅相場は連動するのか?【コロナ相場でドクターカッパー検証】

株価

 

今回のコロナ相場で、株価と銅相場は連動したのでしょうか?

 

・株価と銅相場は、一定相関関係がある

・2019年に銅と株価で差があったが、今回のコロナショックで是正された

・20年3月13日から銅相場が15%も下落。株価の更なる下落の予兆か?

  

銅価格は、ドクターカッパーと言われるだけあり、かなりの部分で相関関係が見て取れました。

一方で完全に一致している訳では無いので、その部分をどう解釈するかが難しかったです。

  

ドクターカッパー(Dr. Copper)とは何か?

そもそもドクターカッパーとは何なのでしょうか?簡単に説明致します。

 

銅は、僕たちが豊かな生活をするために無くてはならない存在です。

ケーブルの導体、モーターの巻線、半導体の材料、エアコンの銅管など、身の回りには銅が使われた製品であふれています。

 

その結果、銅の需要動向が、実態経済を表すようになりました。

特に、近年銅相場は投機資金が流入しているので、銅の値動きが株価を先取りすると言われております。

株価の値動きをいち早く反映することから、「Dr.Copper」と言われるようになりました。

  

ダウ平均・S&P500・銅LMEの株価比較

アメリカの代表的な指数であるダウ平均・S&P500と、銅LME相場を比較してみます。

銅LMEって何?という方は以下の記事を参考にしてみて下さい。

 

  

【5年】ダウ平均、S&P500、銅LME相場比較
【出典】ブルームバーグHP  https://www.bloomberg.co.jp/quote/LMCADS03:COM

 

上記グラフは2015年から2020年3月迄の5年間のチャートです。

青と赤の線が、ダウ平均とS&P500です。

下の方にあるオレンジ色の線が銅LMEです。

 

切り取るタイミングによって見え方が変わるのですが、ある程度アメリカ株と銅LMEには相関関係があることが分かります。

 

少なくともこの5年間で見ると、株価と銅は一定の相関関係ありと言えそうです。

  

銅は株価を先取りするのか?

気になるのが、2019年の値動きです。

銅は2018年後半から価格が下落しています。

一方、株価は2020年1月までは右肩上がりの成長を続けています。

 

銅価格は株価を先取りしていたのでしょうか?

  

当時銅価格は米中貿易戦争の懸念から、下落を続けていました。

現場で働いている僕の肌感覚でも、2019年は景気が低迷していました。

 

どちらかというと銅相場の方が実態に近いと思いました。

株価は期待先行で実態より高く評価されていた気がします。

実際当時の米国相場は連日過去最高を更新するなど、過熱感が続いていました。

 

1年近く銅と株価に乖離があったので、「相場の先取り」と言えるかは微妙ですが、少なくとも今回のコロナショックで株価は銅相場に近づきました

 

・株価と銅相場に大きな乖離があるときは、どこかで是正される

  

株価と銅相場に大きな乖離があるときは、要注意ですね。

  

銅LMEが2020年3月13日から15%下落

直近3月16日週の株価は、下落傾向ですが、比較的マイルドな値動きでした。

一方、銅LMEは3月13日:5,530ドルから3月19日:4,684ドルへと15%も下落しています。

 

【出典】LME HP https://www.lme.com/en-gb/metals/non-ferrous/copper/#tabIndex=2

  

2月に比較的マイルドな値動きだった銅が、ここにきて株価と歩調を合わせたのでしょうか?

それとも、これから更なる株価の暴落を先取りしているのでしょうか?

 

こればかりは、もう数ヶ月待ってみないと分かりません。

しかし個人的な感覚では、東南アジアで経済活動が停止するなど、深刻な影響が出始めています。

この週の暴落は、株価の更なる暴落の先取りのような気がしています。

 

まとめ:銅相場を見よう!そして今後の値動きも要注意

本記事のまとめです。

  

・株価と銅相場は、一定の相関関係がある

・2019年に銅と株価で差があったが、今回のコロナショックで是正された

・20年3月13日から銅相場が15%も下落。株価の更なる下落の予兆か?

  

銅相場は、株価の動きともある程度連動しているので、是非定期的にチェックしましょう。

銅相場が大きく下落したのも気になります。

 

今回の銅価格の下落が、株価の先取りだったのか?

数ヶ月後に答え合わせをしてみます!

  

このブログ( Corosuke blog)では、僕が働く「資材・購買業務の紹介」や「日々の生産性向上による生活の質UP」「投資を通じた自己実現」などをまとめています。

良かったら、他の記事も読んでみて下さい。きっとあなたの役に立つ情報があると思います。

   

コメント