赤ちゃんに鼻吸引器は必要?【電動・手動鼻吸引器の違いも解説】

赤ちゃんに鼻吸引器は必要? 電動と手動鼻吸引器 の違いを詳しく解説エッセイ
スポンサーリンク

 

こんにちは、コロスケです。

今日は赤ちゃん用の鼻吸引器についてまとめていきます。

 

周りのママ友やネット情報では、子どもが鼻たれになったら、鼻吸引器で鼻を吸ってあげるべという話を聞きます。

でも初めての育児だと、本当に鼻吸引器を買うべきか迷ってしまいますよね。

実際、僕は妻から鼻吸引器の情報を聞いていましたが、最初は本当に必要なモノなのか良く分かりませんでした。

 

今回は鼻吸引器を買うべきか迷っている人向けに、「赤ちゃん用に鼻吸引器は必要?」というテーマで詳しく解説していきます。

 

・鼻吸引器は買うべき?

・手動と電動どちらの鼻吸引器を買うべき?

 

上記2つの疑問を解決していきます。

 

スポンサーリンク

赤ちゃんに鼻吸引器は必要?【電動・手動鼻吸引器の違いも解説】

赤ちゃん

 

この記事の結論です。

 

・鼻吸引器は必要です、必ず買いましょう!

・まずは手動を買ってみて不満があれば電動を買うべき

 

赤ちゃん向けに鼻吸引器は必要ですので、必ず買いましょう!

 

僕は、手動・電動両方の鼻吸引器を買いました。

その経験からですが、最初は「手動」の鼻吸引器があれば十分だと思います。

もし手動で不満があるときに電動式の鼻吸引器を検討してみましょう。

 

上記結論に至った背景を詳しく解説していきます。

 

赤ちゃんに鼻吸引器を使うべき理由

赤ちゃんに鼻吸引器を使うべき理由は以下の通りです。

 

・子どもは、小さいとき鼻をかめない

・鼻水小僧だと中耳炎の原因になることも

・病院でも鼻吸引を推奨される

 

子どもは、小さいとき鼻をかめない

僕は最初知らなかったのですが、子どもは小さいときは鼻をかむことが出来ません。

そのため、鼻水を出すためには吸引してあげるしかありません。(もしくは子ども自身のくしゃみ)

 

鼻水小僧だと中耳炎の原因になることも

鼻水を吸ってあげずに放置すると、中耳炎の原因になることもあり得ます。

特に子どもは中耳炎になりやすいので注意が必要です。

 

中耳炎は、中耳に細菌やウイルスが入りこむことで起こります。中耳と喉の奥は、耳管じかんという管によりつながっています。そのため、風邪を引いているときなど細菌やウイルスに感染すると、喉から細菌やウイルスが中耳に移動して中耳炎を発症します。
子どもの耳管は、大人に比べて太く細菌やウイルスが移動しやすいため、発症しやすいのです。

https://medicalnote.jp/diseases/%E4%B8%AD%E8%80%B3%E7%82%8E

 

病院でも鼻吸引を推奨される

子どもが風邪を引いた時に病院へ行くと、決まって先生から「お子さんの鼻を吸ってあげて下さい」と言われます。

 

病院にも鼻吸引器があるので、吸ってもらうこともできますが、毎日通うのは大変なので、お家で鼻吸引をしてあげることが大切です。

 

「手動」鼻吸引器のメリット・デメリット

 

値段5.0
組み立てしやすさ4.5
掃除のしやすさ3.5
持ち運び安さ5.0
吸引力2.0

 

手動鼻吸引器のメリット

一番のメリットは、値段が安いことです。

ママ鼻水トッテは千円未満で購入することが出来ます。

ホントに鼻吸引器は買った方が良いの?と疑問に思っている方でも、取り合えず購入できる金額かと思います。

 

また部品点数が少なく、シンプルな構造なので、組み立てがとても簡単なのもメリットと言えます。

 

手動鼻吸引器のデメリット

一方で鼻吸引器のデメリットは、吸引力が弱いのと、吸引するのが結構大変という2つです。

 

水っぽい鼻水であれば、問題無いですが、粘り気のある鼻水だとなかなか吸引出来ないことがあります。

また親が、息を勢い良く吸ってあげる必要があるため、何度も吸引するのは大変です。

 

「手動」鼻吸引器は、値段が安いけど、吸引力が弱い

 

「電動」鼻吸引器のメリット・デメリット

 

値段3.0
組み立てしやすさ3.0
掃除のしやすさ3.0
持ち運びやすさ3.0
吸引力5.0

 

電動鼻吸引器のメリット

電動鼻吸引器の一番のメリットは、何といっても「吸引力」です。

病院の吸引器のように、粘り気のある鼻水も吸引することが可能です。

また、何度も吸引してあげるときも、電動なので楽ちんです。

 

電動鼻吸引器のデメリット

一方で、電動式のデメリットは、値段が高いことです。

値段が一番安いメルシーポットでも1万円以上の値段がします。

そのため、鼻吸引器の良さが分かるまではなかなか手出しできない値段設定となっています。

 

また手動と比較すると、部品点数も多いので、組み立て掃除が少し面倒と感じるかもしれません。

 

「電動」鼻吸引器は、吸引力が強いけど、値段が高い

 

まとめ:結局どちらを買えば良いの?

手動鼻吸引器と、電動鼻吸引器のメリット・デメリットを紹介しましたが、結局どちらを買えばよいのでしょうか。

僕の結論は以下の通りです。

 

・まずは値段が安い手動鼻吸引器があれば十分です!

・そして手動に不満が出てきたら、電動鼻吸引器を買いましょう!

 

最初は「手動」の鼻吸引器があれば十分だと思います。

そして、手動じゃやっぱり物足りないな・・・と思ったら電動を検討してみれば良いと思います。

 

ちなみに僕は最初は手動の鼻吸引器でしたが、病院で看護師さんが電動の吸引器で吸っているのを見て、「電動はあった方が良いな」と思い、電動も追加で購入しました。

 

また、電動鼻吸引器がメーカーが沢山あって選べない!という方は以下の記事を参考にしてみて下さい。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました