【保育士試験】独学で合格するために必要なテキストは3つだけです!

【保育士試験】独学で合格するために必要なテキストは3つだけです!エッセイ
スポンサーリンク

    

この記事では、保育士試験を独学で合格するために必要なテキストを紹介しています

      

保育士試験を独学で一発合格したい人は、テキスト選びが大切です。

テキスト選びを間違えると、短期間で合格するのは難しくなります。

    

でも、どのテキスト・問題集を選べば良いか迷ってしまいますよね。

そこで本記事では、保育士試験に合格したい人向けに「おすすめのテキスト」を紹介していきます。

   

尚、本記事を書いた著者は、独学で保育士試験に一発合格しました。

   

保育士試験筆記試験結果
著者の保育士試験筆記試験結果

   

自分自身の経験を踏まえて、これから試験勉強を始める人に役立つ情報をお届けします!

    

スポンサーリンク

【保育士試験】独学で合格するために必要なテキストは3つだけです!

テキスト

    

独学で保育士試験に合格したい人は、以下3冊のテキストを熟読しましょう。

NoタイトルAmazon価格
1保育士合格テキスト&問題集(上下巻)3,960円
2ユーキャンの保育士 過去&予想問題集2,970円
3保育士一問一答問題集1,430円

    

この3つの本は、私が何回も熟読したテキストです。

問題集の中から、実際にテストに出た問題が沢山ありました!

    

テキスト選びに迷っている人は、上記3冊だけ買えば大丈夫です。

以降では、それぞれのテキストの内容と、勉強方法を分かりやすく紹介します。

       

【テキスト1】保育士合格テキスト&問題集(上・下巻)

     

おすすめの理由!

・上下巻でページ数が多く、テストの範囲を網羅できている!

     

「試験対策のプロが書いた! 保育士合格テキスト&問題集」は、上下巻併せて「3,960円」します。

ちょっと値段は高いですが、合格に必要な情報をカバーしているので、ケチらないで買いましょう。

     

またマンガ形式の箇所もあるので、初めて勉強する方でもわかりやすいのも良い点です。

     

【出典】Amazon試験対策のプロが書いた!保育士合格テキスト&問題集
【出典】Amazon試験対策のプロが書いた!保育士合格テキスト&問題集

    

このテキストは、各科目の概要を理解するために使います。

勉強を始めた最初の頃は、このテキストで全体像を掴むのがおすすめです。

    

1冊のテキストより、この上下巻テキストの方が情報量が多いのでおすすめです!

     

【テキスト2】ユーキャンの保育士 過去&予想問題集

     

おすすめの理由!

・問題集は、これ1冊でOK!

・過去問題と解答解説は見開きで完結しているので、使いやすい!

・暗記用の赤いシートで繰り返し勉強ができる!

     

ユーキャンの保育士 過去&予想問題集は、2,970円です。

この本は過去5年分205問を収録しているので、これ1冊で十分な問題量です!

    

Amazonユーキャンの保育士 過去&予想問題集
Amazonユーキャンの保育士 過去&予想問題集

   

また問題と解説が同じページにあるので、答え合わせでページを移動する必要がありません。

問題集は反復練習する必要があるのですが、同じページに答えがあると非常に助かります。

    

この問題集は、ある程度全体像を理解した後に取り組むのがおすすめです。

私は、1冊目の「保育士合格テキスト&問題集」が終わった後に、この問題集に取り組みました。

    

【テキスト3】保育士一問一答問題集(成美堂)

    

おすすめの理由!

・持ち運びしやすい小さめのサイズ!

・テスト前に読んでいた問題が出題された!

    

成美堂の「保育士一問一答問題集」は、さっきの2冊と比べて小さい」という特徴があります。

     

そのため電車の移動中など、暇な時にサッと取り出せます。

問題が一問一答なので、ちょっとした空き時間でもすぐに勉強ができるのが良い点です。

    

また私はテスト前の電車の中で、「保育士一問一答問題集」を読んでいましたが、直前に読んでいた部分が実際に問題に出題されました!

    

この問題集は、移動時間や、テスト直前に繰り返し解くのがおすすめです。

    

【保育士試験】テキストの有効活用法を解説【独学で合格可能です】

     

次に上記3冊のテキストの効果を「100%引き出す有効活用法」を紹介します!

    

・他のテキストに浮気しない。3冊を徹底的に読み込む方が成果が出る

・1科目のテキストを読む→その章の過去問を解くのがおすすめ

     

人によっておすすめの勉強法は異なります。

ここでは、私が実際に試してみて効果があった方法を2つご紹介していきます。

    

他のテキストに浮気しない

保育士試験の勉強を始めると、つい他のテキストも読んで見たくなります。

特にSNSなどで、一緒に勉強している人が別のテキストで勉強していると気になってしまいます。

   

確かに同じ本を読んでいると、飽きてくるという人がいます。

でも他のテキストに分散すると、学習効果が落ちます

    

効率的に学習するなら「同じテキストを何回も読み込む」方が効果が高いです。

実際、東大に合格する人たちも、同じ本を擦り切れるまで繰り返し読んでいる人が多いそうです。

      

まずは、ここで紹介した3冊の本を繰り返し読みましょう。

     

1科目のテキストを読む→その章の過去問を解く

保育士試験は、「8つの科目」があります。

8科目のテキストを読んでも、最後の8科目には最初の科目を忘れてしまいます。

   

人は、一度覚えた内容をすぐに繰り返す方が「記憶しやすい」と言われています。

そのため、1科目勉強したら、その章の問題集・過去問を解くようにしましょう。

   

「テキストを読む(インプット)」→「問題集でアウトプット」

    

私はこの勉強法で、3ヶ月で合格できました。

どうやって勉強しよう・・・と迷っている方は、是非試してみて下さい!

    

まとめ:保育士試験を独学で合格するために必要なテキストは3つだけ

本記事のまとめとして、おすすめのテキストをもう一度紹介します。

NoタイトルAmazon価格
1保育士合格テキスト&問題集(上下巻)3,960円
2ユーキャンの保育士 過去&予想問題集2,970円
3保育士一問一答問題集1,430円

      

どの本も評価が高く、安心して勉強できます。

保育士試験のテキストで迷ったら、まずはこの3冊の本を選びましょう!

   

保育士試験を独学で勉強するのは、大変ですが本をきちんと勉強すれば、きっと独学でも合格できます!

     

最後まで読んでくれて、ありがとうございました!

    

コメント

タイトルとURLをコピーしました