【暴落は怖くない】今が買い時!暴落時に株を買うべき理由を解説!

株暴落投資の勉強
スポンサーリンク

 

この記事は以下の方向けに書いています。

・最近、株を始めたけど株の暴落が怖いよ・・・

・株が大きく下落した時はどうすれば良いの?

 

こんにちは、コロスケです。

今日は株式市場で一番怖いとされる「暴落」についてまとめていきます。

 

2020年2月末、コロナ拡大により、ついに日本・アメリカ市場の大暴落が始まりました。

 

  

こんな状況だと怖くて株なんて買えないよ、と思っている方も多いと思います。

僕もそうでしたが、株をやり始めた頃は暴落した際に、どういう対応を取れば良いか分かりませんよね。

 

今回は、株が大きく下落した時にどのような対応を取れば良いのかを詳しく解説していきます。

 

スポンサーリンク

【暴落は怖くない】今が買い時!暴落時に株を買うべき理由を解説!

チャンス

 

結論です。

・株の暴落を怖がるべきなのは、投資のベテランや高齢の投資家です。

・僕たち投資経験が浅い人にとって株の暴落はボーナスステージです。

 

僕たち投資歴が短い人やこれから株式市場に資金を投入していく人にとっては、株の暴落を恐れる必要は全くありません。

むしろ株の暴落は、資産を増やせる一番のチャンスと言えるかもしれません。

 

どうしてそのような発想に至ったのかを詳しく以下でご説明致します。

 

株の暴落で損をするのは誰か?

そもそも株の暴落で一番損をするのは誰でしょうか?

答えは、以下2つのケースに該当する人たちです。

 

・既に沢山の投資をしている人

・老後や教育資金のために株を現金化しなければいけない人

 

株が大幅に下落すると困るのが、既に投資で多額の含み益があるお金持ちの投資家たちです。

株が暴落すると、投資済みの資金の損切りや塩漬けを強制させられます。

なので、沢山投資している人にとっては、暴落は恐ろしいものと言えそうです。

 

また老後や教育資金で現金化する必要がある人も損をする可能性が高いです。

自分たちが現金化しようとした、ちょうどその時に暴落に見舞われるのが最悪です。

株を現金化した際に、大幅なマイナスになってしまいます。

 

暴落と聞くと、僕たちは身構えてしまいますが、そもそも上記2つのケースに該当しない場合は、そこまで暴落を恐れる必要はありません。

 

暴落=怖いという考えが必ずしも正しいとは限らないんだね

 

株は安い時に買えた方がお得

何故か僕たちは、値段が高い時に株を買ってしまいがちです。

上昇している=これからも値段が上がると考えてしまうからだと思います。

同じ例ではビットコインバブルの時も同じです。

みんな値段が高い時にこぞって買いまくっていましたよね。

 

でも冷静に考えると、同じ株券なら安い時に買えた方が絶対にお得ですよね。

スーパーの野菜を安い時に買うのと同じ理論です。

 

なので、実は暴落した時は大安売りの野菜と同じように、めっちゃ安くてお得なんです。(もちろん潰れてしまうようなダメな会社の株は買ってはいけません)

 

実際に株が暴落すると、会社が潰れるんじゃないか?いつまでも下がり続けるのでは?という不安から、なかなか安い買い物と思えないかもしれません。

 

でもリーマンショックを振り返ると、「あの時はお買い得だったなぁ」というケースが非常に多いです。

 

今の知識を保存したまま、再びリーマンショックを迎えたい笑

 

僕たち経験の浅い投資家は暴落を恐れる必要は無い

経験が浅い投資家たちは、暴落での金額的なダメージは少ないです。

また暴落したタイミングは絶好の買いのタイミングであることが多いです。

 

つまり、僕たちのように経験の浅い投資家たちは暴落を恐れる必要は全くありません

むしろこれから株を安く買えることのメリットの方が大きいです。

僕が不謹慎にも株式市場の暴落を待ち望む理由が分かって頂けたでしょうか?

 

暴落が来てくれると安く株が買えるから早く来てほしいな

 

但し、暴落のタイミングは誰にも分からない

暴落時は株が割安だと分かると、暴落が来るまで投資を止めようと考える人がいます。

ただ重要なことですが、暴落のタイミングはいつくるか誰にも分かりません

 

暴落のタイミングを待っていると、ずっと投資が始められない事態が起こる可能性があります。

実際長期に渡り好景気が続くアメリカは2016年頃の段階で、「そろそろリセッション(景気後退)がくる」と言われていたようです。

  

もし2016年の段階で投資を控える選択をした方は、3年以上も市場の成長の恩恵を享受できないことになります。

 

時は金なりで、投資の機会ロスも実は大きい損失です。

暴落を待ち続ける受け身の姿勢では、投資の恩恵をなかなか享受することは出来ません。

 

 

市場の平均点を取り、市場の恩恵をきちんと享受する

実際、暴落が始まると、どこまで下がるか分かりません。

中後半端な下落時に購入しても、含み損を増やすことになり、精神的にも辛い状態が続きます。

  

いつまで暴落するか分からない時に有効な投資法が「ドルコスト平均法」です。

株価の値動きに関係無く、定期的に同じ金額を積み立てていく手法です。

大勝することは無いのですが、市場の平均点が確実に取れるので、忙しい人向けの投資スタイルです。

詳しくは以下の記事をご覧下さい。

 

 

まとめ

まとめです。

投資の経験が浅い僕たちは、株式市場の暴落は絶好のチャンス、買い場です

バーゲンセール時に沢山株を仕込みましょう

・但し、ゴミの株は掴まないよう、ドルコスト平均法でコツコツ買いましょう

 

僕は33才頃まで、株はギャンブルだと思っていました。

自分のお金を丁半博打に賭けるようなものだと思っていました。

でも実はきちんと勉強して株について勉強すると、分からないことの恐怖を克服することが出来ます

 

 

そして僕に株に関する正しい知恵を与えてくれたのは、沢山の本です。

昔は、投資の本=金儲け主義の人が読む本だと勘違いしていました。

しかし、実際に投資の本を読むことで、今まで自分が持っていた投資に関する間違った考えを修正することが出来ました。

投資始める人は、まずは本を読むことをおすすめします。

 

 

 

  

また、日本の個別株をコツコツ投資したい人は、【SBIネオモバイル証券】 がおすすめです。

 

ネオモバがオススメの理由

・単元未満株の投資が可能

・月50万円以内なら手数料数料220円の内、200円分がTポイントでバックされる

・余ったTポイントで投資が出来る

 

口座開設は無料なので、暴落=バーゲンセール時の今こそ投資を始めましょう!

 

Tポイントで始められる投資【SBIネオモバイル証券】

   

このブログ( Corosuke blog)では、僕が働く「資材・購買業務の紹介」や「日々の生産性向上による生活の質UP」「投資を通じた自己実現」などをまとめています。

良かったら、他の記事も読んでみて下さい。きっとあなたの役に立つ情報があると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました