投資がギャンブルでは無い理由を解説【投資と投機を理解しよう】

投資投機投資の勉強
スポンサーリンク

 

投資ってギャンブル・・・。と思っている人は勘違いしています!

 

こんにちは、コロスケです。

今日は投資の基礎について解説していきます。

 

僕は小さい頃から、ずっと倹約家でした。

学生時代も極力無駄遣いはしない主義でした。サイゼリヤにいっても「ミラノ風ドリア」単品。マクドナルドに行ったら「ハンバーガー単品×2と水」が鉄板でした。一言でいうと「貧乏性」のけち臭い学生でした。

そんな倹約家という名の貧乏性だったので、「投資」という自分のお金をリスクに晒す行為は、ギャンブルであり、絶対に避けるべき行動でした。

なので、僕は生まれてから30年間ずっと「お金は節約して貯めていくべき」という考えで生きてきました。

 

恐らく僕以外にも、「投資って危険・・・」と思っている人は多いと思います。

でも色々な本を読んで勉強していくと、投資=ギャンブルという考え方が徐々に変わってきました。僕は、今では日本のみならず米国の株式にも投資をするようになりました。

今回は、投資=ギャンブルと思っている方向けに、実は投資はギャンブルでは無いということを詳しく解説していきます。

投資の世界に足を踏み入れるにあたっての有益な情報を提供していきます。

 

スポンサーリンク

投資がギャンブルでは無い理由を解説【投資と投機を理解しよう】

 

僕たちの頭には「投資=ギャンブルという方程式」が確立されております。投資をやろう!と言ってもこの方程式が崩壊しない限り、投資を始めることは出来ません。

また、投資と投機の違いを理解しないまま投資(投機)を始めると、大抵の場合は失敗(損)します。

投資を始めたいと思っている方は、まず投資と投機の違いを勉強していきましょう。

 

分かりやすく説明していくね

 

投機=ギャンブルとは

投資を理解する前に「投機」について理解していきましょう。

そもそも投機とはどういう意味なのでしょうか。

 

① 偶然の利益をねらって行う行為

② 将来の価格変動を予想して、価格差から生じる利益を目的に行う売買取引

https://www.weblio.jp/content/%E6%8A%95%E6%A9%9F

 

投機の代表例は以下の通りです。

 

・パチンコ

・競馬

・カジノ

・宝くじ

  

どれも賭け事・ギャンブルと呼ばれるものです。つまり、投機とはパチンコのようなギャンブルのことを意味します。

 

投機(ギャンブル)の特徴

投機(ギャンブル)の特徴は以下の通りです。

 

・やる前からマイナスになることが決まっている(マイナス・サムゲーム)

・誰か勝つと、その裏で誰かが負ける(一部の勝者と大多数の敗者)

 

投機(ギャンブル)の特徴は、やる前からマイナスになることが決まっている点です。

例えば、競馬の払い戻し率は70~80%(20%~30%を胴元が貰う)となっています。

宝くじは胴元の取り分が半分程度と言われております。

 

ほとんどの宝くじの払い戻し率(控除率)は50%以下と考えて良い。なお、2008(平成20)年度の控除率は、宝くじ45.7%、公営競技(地方競馬、競艇、競輪、オートレース)74.8%、サッカーくじ49.6%である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%9D%E3%81%8F%E3%81%98#%E6%89%95%E3%81%84%E6%88%BB%E3%81%97%E7%8E%87

 

つまり、宝くじは100円を投じても返ってくる期待値が50円しかなく、チケットを買った瞬間に、価値が半分になっているということです。

仕組みを理解すると、勝つことがとても難しいゲームであることが分かると思います。

 

じゃあ何で宝くじをやる人がいるの?

  

それは、「ほんの一握りの人だけですが、大金持ちになれる可能性があるから」です。

宝くじで5億円当たる人はゼロではありません。但しそれはそれ以外の多くの人のはずれくじの上に成り立っているのです。

 

投機(ギャンブル)は勝てそうに無いから止めた方が良いね

 

投資とは何か?

では、投資とはいったいどういうものなのでしょうか。

 

投資とは

 

企業や市場の「将来」の成長にお金を投じ、その成長の恩恵を受けること

 

 

投資とは、今後成長していく企業や市場にお金と投じることです。

投資の特徴は、正しい投資を行えば、みんなが利益を得られるというところにあります。これが先ほどの投機との大きな違いです。

投機で儲ける人は、多くの敗者の屍の上に成り立っています。一方で投資は企業や市場が成長すれば、投資したみんなが恩恵を受けられるのです。

  

https://www.multpl.com/s-p-500-historical-prices

 

これは、アメリカのSP&500というアメリカの代表的な企業の株価指数です。(日経平均のアメリカ版のようなものです)

1880年から現在までの株価推移ですが、これを見て分かることは「アメリカ市場は短期的には大きく上げ下げするが、長期的にみると右肩上がり」ということです。

歴史が必ず将来を約束してくれるわけではありませんが、投資とはこのように企業や市場の長期的な成長にお金を投じることなのです。

 

何故日本の人は投資をギャンブルと勘違いするのか?

では何故日本人は投資をギャンブルと勘違いしてしまうのでしょうか。

その原因は以下の通りです。

 

・短期で売買する人(デイトレーダー)の存在

・日本の市場が成長していないから(長期的な成長をイメージ出来ない)

・正しい知識を持っていないから

 

先ほどご説明したように投資とは、将来の企業や市場の成長にお金を投じることです。

なので、デイトレーダーが短期間で売買を繰り返すのは投資とは言えません(儲けたデイトレーダーの影に、損をしたデイトレーダーがいます)。

投資というと毎日パソコンに張り付いて一喜一憂するトレーダーの印象が強いので、投資と言えば、デイトレーダーがしているギャンブルだという間違った発想になってしまうのです。

 

そしてもう一つ、日本人が正しい投資をイメージ出来ない原因があります。

それは、日本市場が全然成長していないからです。

 

https://ecodb.net/exec/trans_image.php?type=STOCK&d=NIKKEI&ym=Y

 

日本はバブル崩壊以降、全然成長していないんですよね。先ほどのアメリカは右肩上がりだったのに対して、日本は1万円から2万円のあたりをうろうろしています。

こうなると、日本企業や日本市場の将来の成長にお金を投じる考えが出てきません。(長期的な視点で投資しても成長しない)

経済が成長しない日本では投資という考えが根付かないのは当然とも言えるのかもしれません。

 

また、日本のお金に関する教育が行われておらず、投資に関する正しい知識を身に付ける場が無いのも僕たちの投資への理解を妨げる一つの要因だと思います。

 

色々な要因があって、日本では正しい投資の考え方が身につかなかったんだね・・・

 

株価が暴落するリスクについて

僕が投資をしたくない一番の理由が株価暴落のリスクでした。

投資家は株価暴落に対して、こういう考え方を持っています。

 

・株価は短期的には乱高下を繰り返すが、長期的にみて右肩上がり(アメリカや世界)

・投資は余剰資金で運用するので、暴落しても保有し続ける

 

繰り返しですが、投資は長期的に企業や市場が成長することを予想してお金を投じるものです。

短期的な上げ下げには見向きもしません。むしろ下げタイミングは安く変えるチャンスと捉えています。

 

そして、投資は余ったお金でやるものです。

暴落した時に現金化しなければならない状態にはなりません。

投資のメリット

日本は資本主義の国です。資本主義の世界において、投資をしない選択肢はありません。投資をしないと豊かになれないような仕組みになっています。

投資をするメリットは以下の通りです。

 

・世界経済の成長の恩恵を享受できる

・インフレリスクに対応できる

・市場に詳しくなれる

 

Aという企業が20年間倒産せずに成長するかしないか?と聞かれるとギャンブル的要素も出てきますが、世界経済全体が今後20年間で成長するか?と聞かれると成長しそうですよね。

世界経済の成長に投資するというのは、理性的に考えて可能性が高く、みんながその恩恵を受けられる優れた方法です。

 

また投資はインフレリスクに対応する手段です。

インフレとは「お金の価値が徐々に下がっていく」現象です。今の日本ではあまり意識されにくいですが、消費税増税やサイレント値上げなど、今まで100円で買えていたものが、買えなくなることを言います。

100円を銀行に預けていると、数年後にその100円は90円の価値しかない可能性があるのです。

お金を株へ投資した場合は、株価がインフレの対策になります。

 

まとめ

 

【投資】 投資期間は長期間、企業や市場が成長すれば皆が勝者になれる。

【投機】 投資期間は短時間、多くの敗者の屍の上に、限られた勝者が君臨する。

 

投資と投機の違いを理解しましょう。

そして、僕たちは投機(ギャンブル)では無く、投資をしましょう。

 

資本主義の世界では一生懸命働いてもお金持ちにはなれない仕組みになっています。

お金持ちになる手段は投資家として、企業は市場の成長の恩恵を直接受けることです。サラリーマンがお金持ちになれない理由は以下の記事にまとめていますので、気になる方はご覧ください。

 

 

投資=ギャンブルという誤った考えで、お金持ちになるチャンスを失うのはもったいないです。

皆さんが正しい投資の知識を身に付け、お金を増やせるように祈っています。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました