コロスケの保有銘柄&今狙っている株式3選を紹介【6月権利確定】

コロスケの保有銘柄&今狙っている株式5選を紹介!【定期更新】投資方針
スポンサーリンク

    

他の投資家は、最近どんな銘柄を買っているのかな?

       

こんな疑問に答えます。

     

こんにちは、コロスケ(Twitter)です。

2030年の経済的自由(税引き後配当150万円)を目指して、株式投資をしています。

     

今回は、僕の投資状況について解説していきます。

     

投資をしていると、周りの人がどんな銘柄に投資しているか気になりますよね。

他の人の投資銘柄を知ることで、投資の視野が広がったり勉強になることが多いです。

    

そこで本記事では、このブログの運営者の保有銘柄と、今狙っているおすすめの銘柄を紹介していきます。

      

投資家の方に役立つ情報をお届けします。

       

スポンサーリンク

コロスケの保有銘柄&今狙っている株式3選を紹介【6月権利確定】

投資

      

2022年6月末権利確定で狙っている「おすすめの銘柄」を3つ紹介します。

      

【6月権利確定】狙っている銘柄3選

      

2022年6月は、米長期金利の上昇が進み、景気後退の懸念が高まっています。

その結果、日米の株式指数は下落傾向にあります。

     

一方で僕が狙っているバリュー銘柄は、比較的堅調です。

銘柄によっては、逆に値上がりしているケースもあります。

      

今後は金利の上昇と共に、株価が下落しそうな難しい局面です。

現在は、大きな買い場では無いという認識です。

そのため、相対的に割安な銘柄をぼちぼち拾っていく予定です。

     

1位:花王

銘柄花王
参考単価5,133円
税引前利回り2.9%
おすすめ度5.0

       

花王は、トイレタリー分野なので業績が比較的安定しているディフェンシブ銘柄です。

経営が上手で、31期連続増配という驚異的な記録を現在も更新中です。

     

ディフェンシブ&連続増配銘柄としては、日本一の銘柄だと思っています。

その花王ですが、現在は株価がめったに無い暴落を見せております。

    

一時期4,000円台まで下落しましたが、今は少し戻しております。

直近は、原価上昇の影響でかなり苦しい経営となっております。

しかし、22年1Q決算では500億円規模の自社株買いを発表するなど、株主還元への強い姿勢を感じました。

     

直近は今後も苦しい状況と思いますが、長期目線なら投資価値のある企業だと思っています。

僕はディフェンシブ&連続増配銘柄をポートフォリオに入れたかったので、現在花王をコツコツ購入しています。

SBI証券ユーザーなら、S株でコツコツ買うのがおすすめです。

     

       

2位:ヒューリック

銘柄ヒューリック
参考単価1,060円
税引前利回り3.8%
おすすめ度5.0

       

ヒューリックは、銀座など都心にビルや賃貸マンションを持つ不動産企業です。

業績は堅調で、売上・利益・配当が右肩上がりです。

      

ヒューリックEPS、配当推移
ヒューリックEPS、配当推移

      

今後はインフレ、不景気の到来が予想されています。

そのような状況下で、現物資産である不動産はぜひともPFに加えたいと思っております。

    

一方でヒューリックは、都心に特化したビジネスです。

今後首都直下型の地震が起きるリスクもあるので、大きく張るのでは無くあくまでPFの一角という認識です。

    

またヒューリックは300株保有すると、株主優待としてカタログギフトがもらえます。

長期保有しやすい仕組みが整っているのもプラスポイントです。

      

3位:ニチリン

銘柄ニチリン
参考単価1,521円
税引前利回り5.0%
おすすめ度4.0

    

ニチリンは自動車のホースを製造する独立系メーカーです。

自動車の比率が非常に高いのが特徴です。

      

ニチリンのホースは主に「ブレーキ用ホース」「エアコン用ホース」の2つを製造しています。

そして今後ブレーキ用ホースは今後EV化によって、需要が無くなるリスクがあります。

     

ニチリンのHP上では「ブレーキ用ホースの需要は大きく減らないという見込み」と説明しています。

一方で競合の住友理工は今後EV化で、ブレーキ用ホースの需要が減る事を予想しております。

    

もしEV化でブレーキ用ホースが不要になると、ニチリンは経営が苦しくなります。

その不安材料から、株価は非常に割安な状態となっております。

(22年度予想ベースでPERが7.2倍、しかも決算予想は控えめ)

    

投資のリターンは、期待値と実績の差で決まります。

期待値が低い企業が配当を維持できれば、投資家に大きなリターンをもたらします。

    

ある意味ギャンブル要素がありますが、今後もニチリンは今の利益を維持できると考えるなら、今の価格はかなり割安です。

       

コロスケの保有銘柄一覧【アセットアロケーション・配当状況】

     

次に僕の保有銘柄の状況を解説します。

    

コロスケ_アセットアロケーション(2022年1月末)
コロスケ_アセットアロケーション(2022年1月末)

       

21年度の配当金は30万円でした。

     

       

そして22/5月時点で、22年度の配当金は36万円を超えそうです。

      

     

配当の増え方は、亀の歩みです。

ですが着実に一歩ずつ目的地に近づいている実感があります。

バフェットが言う「ゆっくりお金持ちになる」道を進みたいと思います。

       

インデックス投資=定期買付中

インデックス投資は、妻の積立NISA&子供×2人のジュニアNISAがメインです。

3人分の非課税枠は、意外と馬鹿に出来ません。毎月15万くらい買えます。

銘柄は、思考停止でS&P500(妻)とオルカン(子ども)を買っています。

      

     

インデックス投資は、どんな相場でも負担なく買えるので本当に気が楽です。

短期的な下落はむしろ歓迎なので、今後も淡々と買い増ししていきます。

      

米国高配当ETF(SPYD、HDV)=買付停止中

米国高配当ETFは、2020年12月以降ほとんど買っていません。

(配当金の再投資のみ)

    

最近は株高&円安で、高配当と呼べないレベルになっています。

本当はNISA枠で、米国高配当ETFを買いたいのですが、今年もチャンスが無さそうです。

       

尚、米国高配当ETFについては、以下の記事で詳しく分析しています。

もし米国高配当ETFを買いたいと思っている方は、以下の記事をご覧下さい。

      

         

日本の個別高配当株=暴落時に仕込む予定

日本の個別株の保有状況は、以下のとおりです。

        

【グラフ】保有資産比率2022年5月時点(日本株)
【グラフ】保有資産比率2022年5月時点(日本株)

      

2022年2月以降に買った銘柄は、以下のとおりです。

      

・花王(S株)

・日本取引所G(100株×2)

・日本ケアサプライ(100株)

     

花王は、コツコツ買っていった結果、比率が大きく増えました。

6月の権利確定に向けて、チャンスがあればもう少し買っても良いと思っています。

   

またJPX(日本取引所G)は、想定以上に下げたことから時期を分散し200株買いました。

僕と妻の名義で買ったので、優待も2倍になります。

あとは永久放置で、配当と優待を貰い続けるだけです。

    

    

日本ケアサプライは、業績が毎年伸びる超優良銘柄です。

2022年以降は、70円の配当を約束しており5%前後の高配当株化しております。

この銘柄は異様に安いので、時期をずらしてもう100株買う予定です。

    

        

今後の投資方針

今後の投資方針は、以下のとおりです。

        

・インデックス投資は、淡々と継続

・米国高配当ETFは、暴落まで買わない(割高)

・日本の個別株は、チャンスがあれば買う(控えめ)

       

2022年5月時点では、ただの調整です。

1年前の株価が元に戻っただけです。

    

本当の買い場はまだ来ていない」という理解をしています。

一方で、実は「今が相場の底」という可能性もゼロではありません。

     

     

どんな相場が来ても良いように、相対的に割安な銘柄は狙っていきたいと思います!

最後まで読んでくれてありがとうございました!

      

コメント

タイトルとURLをコピーしました