村田製作所はなぜ世界のトップ企業であり続けられるのか?詳しく解説

村田製作所はなぜ世界のトップ企業であり続けられるのか|株価分析株/ETF/投資信託
スポンサーリンク

        

村田製作所の将来性について知りたいな。

      

こんな疑問に答えます。

     

村田製作所は、日本を代表する電子部品メーカーです。

コロナ禍においても、売上・利益を大きく伸ばしている超優良企業です。

       

でも村田製作所の競争力の源泉は、どこにあるかご存知ですか?

この記事では、村田製作所と10年以上取引してきた著者が「村田の強さの秘密」を解説していきます。

      

村田への投資を考えている、村田と取引をしている方に役立つ情報を提供します。

        

スポンサーリンク

村田製作所はなぜ世界のトップ企業であり続けられるのか?詳しく解説

なぜ

        

村田製作所の強さの秘密を4つ挙げました。

      

・車の電装化&EV化で、MLCCの需要が伸び続けているから

・MLCCサプライヤーは寡占化している

・村田製作所のモノ作り力は世界トップクラスだから

・経営がとても上手

        

村田製作所は、まだまだ今後も成長します。

僕は村田製作所と取引をしていますが、村田の強さを肌で実感しています。

    

以降では、村田のIR資料と僕自身の経験を踏まえて「なぜ村田は世界のトップなのか」詳しく分析していきます。

      

車の電装化&EV化で、MLCCの需要が伸び続けているから

近年、車の電装化が進んでいます。

今まで電子部品は、家電やパソコン中心に使われるものでした。

   

ですが最近は、車に様々な機能が付与されています。

その結果、電子部品は車の分野のシェアが急拡大しています。

          

【出典】村田製作所_Information Meeting 2020
【出典】村田製作所_Information Meeting 2020

      

村田の主力製品であるMLCC(積層セラミックコンデンサ)も、2019年→2025年で「1.5倍」に伸びる見込みとなっています。

       

【出典】村田製作所_Information Meeting 2020_車載向けMLCCの市場予測
【出典】村田製作所Information Meeting 2020車載向けMLCCの市場予測

      

また100年に一度の変革と呼ばれる、車のEV(電気自動車)化も、村田にとっては追い風です。

EV化により1台あたりの車に占める「MLCCの搭載数が大きく伸びる」事が分かっています。

     

【出典】村田製作所_Information Meeting 2020_車1台あたりのMLCC使用数
【出典】村田製作所Information Meeting 2020車1台あたりのMLCC使用数

      

このように、MLCCの使用量は3倍以上になります。

単純計算で需要が3倍になるので、その分村田の売上・利益が伸びる構造です。

        

MLCCのサプライヤーは寡占化している

でも市場が伸びるなら、競争も激しくなるんじゃない?

       

MLCCは、大手5社で世界シェアの大半を占めています。

     

大手MLCCメーカー

・村田製作所

・SEMCO

・YAGEO

・太陽誘電

・TDK

       

そしてその中でも村田は、世界シェア40%という圧倒的なシェアを誇ります。

      

【出典】村田製作所_Information Meeting 2020_村田製作所世界シェア
【出典】村田製作所Information Meeting 2020村田製作所世界シェア

       

このようにMLCCはサプライヤーが限られており、最近は常に需要過多の状態が続いています。

そのため大きく値崩れするリスクが低く、安定的に利益を出せる構造となっています。

      

また村田は、MLCCの中でも単価が高い「高付加価値領域」のシェアが高いという特徴があります。

     

【出典】村田製作所__Information Meeting 2021_コンデンサシェア詳細
【出典】村田製作所_Information Meeting 2021コンデンサシェア詳細

         

利益を出しやすい領域をがっちり抑えている事が、村田の利益が高い要因になっています。

         

村田製作所の技術・モノ作り力は世界トップクラスだから

MLCCのシェアの高さを支えるのは、村田の技術・モノづくり力です。

村田のモノづくり力の3つのポイントを纏めました。

      

・高い技術力(小型化、大容量化、高信頼性)

・供給力(納期が安定)

・価格対応力(安くモノを作れる)

     

現在MLCCは、小型化・大容量化・高信頼性が求められています。

また電子部品の市場は、需要の波が激しいです。

需給逼迫時に安定的に供給できる力が求められます。

     

更に、競合他社より安くモノを作る力も必要です。

こうしたニーズに対応するために、村田は毎年巨額の投資を続けています。

         

【出典】村田製作所2020年度決算資料_研究開発費、設備投資費用
【出典】村田製作所2020年度決算資料_研究開発費、設備投資費用

       

売上1.7兆円の中で、2,640億円もの投資を行っています。

そしてその多額の投資額を、ほぼ自前でまかっています。

     

【グラフ】村田製作所フリーキャッシュフロー推移
【グラフ】村田製作所フリーキャッシュフロー推移

     

2018年だけフリーキャッシュフローがマイナスですが、これは需要急増に対応して3,000億円規模の設備投資をしたことが要因です。

     

         

このように、技術・モノづくり力に莫大な投資をし続ける事が「村田の競争力の源泉」となっています。

      

村田製作所は、経営がとても上手

村田製作所は、経営が上手です。

いくら戦う市場が成長しても、経営者がポンコツでは勝ち続けるのは困難です。

村田の経営が上手だと感じた3つのポイントを紹介します。

      

・コロナ禍でも設備投資の手を緩めなかった

・高付加価値品の領域をがっちり抑えている

・M&AでMLCC以外の柱を育てている

        

まず1点目が、コロナ禍でも設備投資の手を緩めなかった事です。

短期的には売上が大きくダウンしましたが、長期目線で投資は継続していました。

その結果、2021年の需要逼迫でも村田製作所は、安定供給をする事に成功していました。

      

2つ目が、高付加価値の領域に注力している点です。

海外メーカーとの価格競争になりやすい汎用品ではなく、利幅が大きい高付加価値のシェアを確実に取っています。

その結果、村田は20%前後の高い営業利益率を確保出来ています。

      

最後に村田は、MLCC以外の柱を育てている点です。

部品単体ではなく、モジュール(部品を組み合わせたもの)の事業も伸ばしています。

        

【出典】村田製作所_Information Meeting 2020_モジュールの主要部品
【出典】村田製作所Information Meeting 2020モジュールの主要部品

      

こうしたMLCC以外のビジネスも着実に育てている点も、高評価です。

    

尚、2020年に村田は経営者が創業家の村田恒夫氏から、中島氏へとバトンタッチしています。

今後の中島氏の経営舵取りが気になりますが、村田氏が引き続き会長職についており、大きな方向の見直しは無いものと思われます。

        

まとめ:村田製作所はなぜ世界のトップ企業であり続けられるのか

村田が世界一のMLCCメーカーであり続ける理由を纏めます。

       

・車の電装化&EV化で、MLCCの需要が伸び続けているから

・MLCCサプライヤーは寡占化している

・村田製作所のモノ作り力は世界トップクラスだから

・経営がとても上手

      

僕は村田と10年以上取引をしています。

そして今後も、村田からMLCCを買い続けると思います。

     

自分で記事を書いていて、やっぱり村田はすごいなと改めて思いました。

日本のモノづくり力も、まだまだ捨てたもんじゃないと思っています!

     

最後まで読んでくれてありがとうございました!

     

■企業分析のまとめ記事

     

■資材調達・購買業務のまとめ記事

     

コメント

タイトルとURLをコピーしました