出世は割に合わない!【管理職はしんどいしコスパが悪い理由を解説】

出世は割に合わない!管理職はしんどいしコスパが悪いエッセイ
スポンサーリンク

  

こんにちは、コロスケです。

この記事では、サラリーマンの出世が割に合わない件について解説していきます。

 

会社勤めの人に質問ですが、あなたは会社で出世したいですか?

実は、その問いにサラリーマンの約4割が「出世したくない」と回答しています。

 

実際サラリーマンとして働いている方は、うすうす気が付いているかもしれませんが、出世ってコスパが悪くて、割に合いません。

 

今回は、サラリーマンの出世は、コスパが悪くて割に合わないことを解説していきます。

 

・サラリーマンが管理職として働くなら、給料はいくら欲しい?

・どうしてみんな出世したくないの?

・管理職がオワコンなら、どうすればよいの?

 

これら疑問を解決していきます。

 

スポンサーリンク

出世は割に合わない!【管理職はしんどいしコスパが悪い理由を解説】

サラリーマン割に合わない

 

出世なんかしたくない!と思っている人たちの本音です。

 

・管理職になるなら、最低でも年収900万円ほしい!

・そもそも仕事にやりがいが無いので責任のある仕事をしたくない

・管理職の人は、家庭とのバランスが取れない

 

会社にもよりますが、ぶっちゃけサラリーマンの管理職はオワコンです。

出世して管理職になるメリットよりも、デメリットの方が大きいです。

 

これから管理職になりたい人は、更に減っていくと思われます。

サラリーマンの管理職に対する考え方を詳しく説明致します。

 

管理職の仕事は非常にコスパが悪い

企業の管理職(課長職)の特徴を見てみましょう。

  

管理職の特徴とは?

管理職の特徴

・複数の部門・仕事を経験している:43.3%

・緊急の対応を迫られる:32.9%

・一般社員に比べて労働時間が長い:21.5%

・一般社員に比べて休日出勤する回数が多い:10.7%

・複数回の転居を伴う転勤をしている:7.3%

☑厚生労働省資料による

 

労働時間が長くなったり、転勤が必要になるなど、管理職になると自分の自由が無くなる傾向にあります。

また緊急の対応を迫られるなど、責任が増える傾向にあります。

 

管理職に見合った給料が貰えない

一方、管理職になると残業代が無くなります。

 

労働基準法でいうところの「管理監督者」とは、労働条件の決定その他労務管理について経営者と一体的な立場にある者とされており、この場合は、労働時間・休憩・休日の規定は適用されませんので、残業代の支払いは必要ありません。

https://partners.en-japan.com/qanda/desc_304

 

残業代が出ないので、給料がほとんど増えない、むしろ残業時間考えるとマイナスという人もいます。

 

つまり、責任と仕事量は増える一方で、給料が全然増えないので、多くのサラリーマンは管理職はコスパが悪いと考えるのです。

  

出世を希望する人が少ない

では実際に出世を希望するサラリーマンはどのくらいいるのでしょうか。

 

厚生労働省男女の昇進希望
https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12602000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Roudouseisakutantou/sankoushiryou.pdf

 

男性の一般従業員の場合、4割程度が出世しなくて良いと回答しています。

女性の場合は、7割程度が出世は不要と回答しています。

  

出世したくない理由は、仕事にやりがいが無いから

出世したくないサラリーマンは、そもそも仕事にやりがいを感じていません。

 

厚生労働省の調査では、やりがいと昇進意欲に関連性があると指摘しています。

 

仕事のやりがいと出世意欲の相関
https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12602000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Roudouseisakutantou/sankoushiryou.pdf

 

仕事にやりがいと感じている人は、出世意欲も高いです。

つまり多くのサラリーマンは今の仕事にやりがいを見つけられないから、出世もしたくないのです。

 

年収900万円ないと管理職はやりたくない

仮に管理職になるなら、給料はいくら欲しいですか?

SMBCコンシューマーファイナンスが面白い調査をしています。

 

管理職敬遠の傾向強まる 正規雇用者の半数以上が管理職で働こうと思える年収は 900 万円、昨年比 100 万円上昇

SMBCコンシューマーファイナンス調べ  http://www.smbc-cf.com/news/datas/chousa_190306.pdf

 

管理職で働こうと思える年収
SMBCコンシューマーファイナンス調べ http://www.smbc-cf.com/news/datas/chousa_190306.pdf

 

半数以上の方が、900万円くらい貰わないと管理職はやりたくないと言っています。

 

また5人に1人が「年収がどんなに多くても管理職をしたいと思えない」と回答しています。

このことからも管理職=オワコンがサラリーマンに浸透してきていることが分かります。

 

管理職オワコン時代、僕たちは何をすれば良いの?【答えは副業です】

 

管理職になっても責任が増えるだけで、人生は幸せになりません。

そんな管理職オワコン時代を生き抜くために、僕たちがすべきことは何でしょうか?

 

・管理職は、責任多いだけで、真っ先にリストラされる運命

・会社への忠誠に見合った報酬・待遇は得られない

・自分の努力が報われる副業がベストの選択

 

答えは、副業です。

会社で出世しても報われない時代です。

 

管理職は、責任が多いだけで、真っ先にリストラされる運命

近年黒字リストラが増えてきています。

 

 

企業の業績とは関係無く、多くの企業がリストラを敢行しています。

そしてリストラの対象になるのが、45才以上の管理職クラスです。

 

頑張って管理職になって働いても、リストラされるなんて虚しいですよね。

 

自分の努力が報われる副業がベストの選択

会社に忠誠を誓ってもリストラされます。

なので、今の時代は副業して会社への依存度を下げていましょう

 

会社での努力は水の泡になるかもしれません。

でも副業は努力が無駄になることはありません。

 

失敗してもその経験が財産になります。

 

管理職になりたくない人は、すぐに副業を始めましょう。

 

具体的に副業で何をすれば良いのか?

副業と言っても何をすれば良いか分からない人が多いと思います。

僕がおすすめするのはココナラ です。

 

簡単!無料会員登録はこちら

 

ココナラはスキルのフリマと呼ばれており、自分のスキルでお金を稼ぐことが出来ます。

イラスト、写真などの趣味もお金になります。

また、語学・ITスキルを活かした仕事も多いです。

 

自分の趣味・会社員で培ったスキルで簡単に副業ができます。

登録はもちろん無料なので、まずは登録してみましょう。

 

無料会員登録してくわしくみる

 

まとめ

本記事のまとめです。

 

・管理職はオワコンの認識が広まってきている

・頑張って管理職として働いてもリストラされる

・管理職として頑張るより、副業で頑張る方が報われる時代

 

昔と違い、管理職として働くのは非常にコスパが悪いです。

責任に見合った給料が貰えないので、疲弊するだけです。

 

それよりも努力がそのまま成果に直結する副業の方がおすすめです。

管理職はオワコンだと思った方は、まずは副業を始めてみましょう。

 

人は72時間以内に行動しないと、結局やらないと言われています。

少しでも興味を持ったら早速行動に移しましょう。

 

無料会員登録してサービス内容を見る

 

このブログ( Corosuke blog)では、僕が働く「資材・購買業務の紹介」や「日々の生産性向上による生活の質UP」「投資を通じた自己実現」などをまとめています。

良かったら、他の記事も読んでみて下さい。きっとあなたの役に立つ情報があると思います。

 

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました