楽天証券でポイント投資をするメリットを解説【積立投資は楽天一択】

楽天証券でポイント投資をするメリットその他
スポンサーリンク

 

この記事では、楽天証券でポイント投資をするメリットを解説しています。

   

楽天証券には「ポイント投資」があるって聞いたけど、利用した方が良いのかな?

     

こんな疑問に答えます。

   

ポイント投資って聞いたことがありますか?

最近、ポイントを使って投資が出来るサービスが増えてきています。

  

ポイントを投資に有効活用できると便利そうですよね。

でも実際、どんなメリットがあるのか良く分からない人も多いと思います。

  

僕は、楽天証券で「毎月1万円のポイント投資」を継続中で、ポイントをフル活用しています。

  

今回はポイント投資をしている著者が、楽天証券のポイント投資のメリットを解説します。

  

スポンサーリンク

楽天証券でポイント投資をするメリットを解説【積立投資は楽天一択】

投資

   

楽天証券でポイント投資をするメリットは以下の3つです。

  

①カード決済が出来るので、投資額の%ポイントが付く

②楽天ポイントを効率的に消費出来る

③普段のお買い物がお得になる(SPUレベルアップ)

   

積立NISAなど、積立投資をしている人は、楽天証券で投資をするとかなりお得です。

僕は以前、SBI証券で積立投資をしていましたが、わざわざ楽天証券に乗り換えました。

  

楽天証券のポイント投資のメリットを詳しく解説していきます。

   

カード決済が出来るので、投資額の1%ポイントが付く

SBI証券では、投資をするためには、現金を入金する必要があります。

一方、楽天証券で積立投資をする場合、カード決済が可能です。

   

楽天カードで決済すると、1%のポイントが付与されます。

   

楽天証券カード決済説明文
【出典】楽天証券HP

   

たった1%でやる意味あるの?

  

たかが1%と思うかもしれません。

でも投資の世界では、1%にこだわって投資をする必要があります。

実際、投資信託の銘柄を選ぶときは、0.1%が20年後の成績を大きく左右します。

  

例えば、積立NISAで月3万円投資したケースで計算してみます。

   

月3万円をつみたて投資した場合の還元額

年間】3,600円のポイント還元!!

【20年間】72,000円のポイント還元!!

   

積立NISAの投資年数である20年間で投資すると、72,000円もお得です。

   

それでもやっぱりしょぼくない?

   

年間3,600円をどう考えるかは個人の判断です。

ただ僕は、何のリスクも無く、設定するだけでお得になるのは大きいと思いました。

  

楽天ポイントを効果的に消費出来る

楽天市場でお買い物をする人は、「楽天ポイント」を貯めていると思います。

でも楽天ポイントって、消化が大変ですよね。

  

中には欲しくもないモノを買ってしまう人も居るのではないでしょうか?

  

僕自身、ポイントの消化に悩んでいました。

でも楽天証券のポイント投資を始めてからは、ポイントをきちんと消化できるようになりました。

  

楽天証券ポイント投資実績
著者のポイント投資の実績

  

こんな感じで毎月1万円くらいのポイント投資をしています。

   

ポイントを有効活用できるのは嬉しいよね

   

普段のお買い物がお得になる

楽天証券でポイント投資を始めると、楽天市場でのお買い物がお得になります。

  

楽天証券のポイント投資(投資信託)でポイント+1倍

【出典】楽天市場

  

楽天市場をメインにお買い物をしている人は、1%プラスになるのは非常に大きいです。

ふるさと納税を楽天市場経由ですると、年間かなりの額になるので、1%の効果も大きいです。

     

楽天でふるさと納税すべき理由を一から解説【お得でコスパ良い!】
楽天市場経由でふるさと納税するとお得って知っていましたか?この記事では楽天×ふるさと納税が最強でコスパが良い理由を一から解説しています。ふるさと納税で得したい方はこの記事をご覧下さい。

   

1%のポイントも積み上げると、結構な額になるよね

   

楽天証券のポイント投資をする際の注意点

楽天証券のポイント投資には、デメリットはありません。

投資信託を買っている人は、楽天証券がおすすめです。

  

但し2つ注意点があります。

  

・普通の投資と同じで元本割れのリスクがある

・カード決済額に上限がある

・期間限定ポイントは対象外

  

普通の投資と同じで元本割れのリスクがある

当たり前と言えば、当たり前ですが、投資なので元本割れのリスクがあります。

   

ポイントだと、投資している実感が少ないかもしれません。

しかし、投資である以上、元本割れリスクがあることに注意しましょう。

   

カード決済額に上限がある

カード決済には毎月5万円の上限があります。

月5万円より多い金額では、カード決済が出来ないので注意しましょう。

  

但し、積立NISAで積立投資をする場合は月3.3万円が上限なので、特に問題にならない金額です。

  

期間限定ポイントは対象外

楽天ポイントには「期間限定ポイント」があります。

でも残念ながらポイント投資には「期間限定ポイント」が使用できません。

  

利用不可のポイント

期間限定ポイント(SPUで獲得した楽天スーパーポイント含む)

【出典】楽天証券ポイント投資

   

期間限定ポイントの方を消化してほしいんですが、実際は対象外になっています。

ポイントを消化する際は注意しましょう。

   

まとめ:投資信託を買う人は楽天でポイント投資をしよう

本記事のまとめです。

  

①カード決済が出来るので、投資額の1%ポイントが付く

②楽天ポイントを有効に消費出来る

③普段のお買い物がお得になる

   

楽天証券のポイント投資は、デメリットが無いので絶対にやった方が良いです。

   

僕は、当初SBI証券で積立投資をしていました。

ただ、ポイント投資のメリットに気が付いたので、新規投資分から楽天証券に切り替えました。

最初は手間がかかりますが、自動買付なので、設定後は楽ちんです。

  

SBI証券を使っている人、これから積立投資をしている人は、楽天証券一択です。

ポイントを有効活用して、お得に投資しましょう!

  

尚、楽天証券でポイント投資をする場合、1%の還元が受けられる楽天カードは必須です。

発行するだけでポイントが貰えるので、一緒に申し込みしておきましょう。

  

楽天カード新規入会キャンペーン

  

このブログ( Corosuke blog)では、僕が働く「資材・購買業務の紹介」や「日々の生産性向上による生活の質UP」「投資を通じた自己実現」などをまとめています。

     

良かったら、他の記事も読んでみて下さい。きっとあなたの役に立つ情報があると思います。

    

コメント

タイトルとURLをコピーしました