資材部員に必要な最低限のスキルを解説【簡単に習得可】

資材業務について
スポンサーリンク

こんにちは、コロスケです。

今日は資材部/購買部員に求められるスキルを解説していきます。スキルには交渉力など実務を通して徐々に獲得していくものもありますが、今回は実務を効率よく進めるために必要な最低限のスキルを紹介します。(資材部のみならず事務系職なら役に立つスキルです)

これらのスキルは、僕が資材部門を10年間経験してきて実際に必要だったスキルです。

資材部員1年目の方やこれから事務系職に就く予定の方は、この記事を見てスタートダッシュを切りましょう!

 

スポンサーリンク

資材部員/購買部員(事務系)に最低限必要なスキル

スキル一覧

・Excelの関数(Vlookup機能)

ピポットテーブル

・ Ctrl (コントロールキー)+C(コピー)

・ Ctrl (コントロールキー)+V(ペースト)

・ Ctrl (コントロールキー) +Z( 元に戻す )

・ Ctrl (コントロールキー)+F(検索)

たまに「資格」を取ることを勧めているサイトがありますが、資材部員向けに必要な資格はありません。資格を勉強するより上記機能をピンポイントで覚える方が圧倒的に効率的です。10分で覚えられる簡単なものばかりですので、一つずつ解説していきます。

 

Excelの関数(Vlookup機能)

勤める会社によりますが、基本的に資材部はExcelを扱えるようになった方が無難です。使ったことが無い方がExcelの関数と聞くと身構えてしまいますが、覚えるのは「Vlookup」機能だけでとりあえずは何とかなります。

単価リストを見て、空欄の単価表に該当する単価をインプットするケース。

一個ずつ手作業で入れたら大変ですよね。この表だと力技でもなんとかなりますが、1000件あった場合、それだけで一日が終わってしまいます。

単価リストから、各商品に該当する単価を自動入力してくれるのが、Vlookupです。

自動入力の方法は以下の通りです。

この$は絶対参照という固定する意味を持つ記号です。F4で「$」マークがつかない場合は、「Fn」+「F4」で試してみて下さい。

10回くらい試してみると慣れてきて使えるようになると思います。僕も最初は何故かうまくいかない時がありました。その時は、もう一度最初からやり直してみて下さい。

使いこなせるようになれば、他の数式も行けると思いますので、色々な数式にチャレンジしてみて下さい。

 

ピポットテーブル

ピポットテーブルとは、Excelのデータを自分の好きなように集計することが出来る機能です。

自分が欲しい情報を簡単に集計することが出来るので、作業効率がUPします。感覚的に使えるので、試しに色々使ってみて下さい。

 

Ctrl+C、V、Z、F

ショートカットキーと呼ばれる機能です。キーボードの一番左下に「Ctrl」というキーがありますので、それを押しながら、C、V、Z、Fを押します。

Ctrl +C(コピー)=選択した文字・数字をコピーする

Ctrl +V(ペースト)=Ctrl+Cでコピーしたものを張り付ける

Ctrl +Z( 元に戻す )=最後に操作した作業を取り消して元に戻す

Ctrl +F( 検索)=ページ内の文字検索を行う

他にも色々なショートカットキーがありますが、まずはこの4つがあれば、なんとかなります。
Ctrl +C と Ctrl +Vはコピペと呼ばれるものですね。とても便利です。

 

最後に

あなたが配属される職場では、手取り足取り業務を教えてもらえるとは限りません。厳しい職場では「さあやってみろ」なんて言われる可能性も無きにしも非ずです。

その時にこれらスキルがあれば、なんとかついて行けると思います(逆にこのスキルが無いとかなり大変)。それ以外のことは、OJT(業務を通じてのトレーニング)で大丈夫です。

資材部門に必要なスキルを効率的にマスターしていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました