調達に向いていない人の特徴3選を解説!【資材・購買部員向け】

調達に向いていない人の特徴3選を解説!【資材・購買部員向け】資材業務について
スポンサーリンク

    

こんにちは、コロスケ( Corosuke blog)です。

この記事では、「資材調達業務に向いていない人の特徴」を解説していきます。

       

資材の仕事をしているけど、僕ってこの仕事向いていない?

      

こんな悩みを持った方向けの記事です。

    

資材の仕事をしていると、「仕事しんどい。向いていないかも・・・」と思う事があります。

     

僕は資材歴10年超で、今は資材の仕事にやりがいをもっています。

ですが、入社した頃は「僕は向いていない・・・」と本気で思っていました。

     

この記事では、資材に向いていない人を客観的に分析していきます。

あなたが本当に資材に向いていないのか、この記事を読めば分かります!

      

スポンサーリンク

調達に向いていない人の特徴3選を解説!【資材・購買部員向け】

       

調達業務に向いていない人の特徴をまとめました。

     

・事務処理が苦手

人と話すのが苦手

モノづくりに興味が無い人

      

この3つのどれかに該当する人は、残念ながら資材業務には向いていません。

   

逆に言うと、これらに当てはまらない人は資材部員としてやっていけます

以降では、資材に向いていない人の特徴を詳しく解説していきます。

      

事務処理が苦手な人

資材業務は、価格交渉をするイメージがありますよね。

ですが一日の業務の大半が「事務処理」です。

    

・納期問い合わせ

・発注処理

・報告書作成

・上長への資料作成

・統計データ集計、分析 ・・・

     

こんな感じで、実は地味な事務処理ばかりをやっています。

そのため、事務処理が遅いと仕事が回りません。

      

事務処理なんて、つまらない事やりたくないよ・・・

     

事務処理が嫌いな人は、ぶっちゃけ資材の仕事は向きません。

   

逆に日々の事務処理を効率化して、改善できる人は資材業務向きです。

資材の仕事は、「できるだけ事務処理を効率化して、付加価値の高い仕事に向き合う」事が大切だからです。

      

人と話すのが苦手な人

資材部員は、取引先・社内関係者と様々な調整をします。

     

調整中の資材部員
調整中の資材部員 ※著者作成

      

取引先と面談、社内会議など、毎日のように人と会って話をします。

そのため、人と話すのが苦手だと、資材部員としては致命的です。

     

人と話すのが好き・嫌いは、気質です。

頑張っても話すのを嫌いから好きにするのは、難しいです。

   

もし話すのが嫌いな場合は、資材部員には向いていません。

      

モノづくりに興味が無い人

資材部門は、文系でありながら「モノづくり」に関わる仕事です。

部材の調達を通じて、モノづくりに貢献します。

    

・製品開発に関わる

・市況を踏まえて、おすすめの部材を提案する

・安い部材を探す

   

ですが、モノづくりに興味が無いと、資材の仕事は苦痛になります。

資材業務をやるなら「モノづくりに興味がある」事が望ましいです。

    

モノづくりに全く興味が無いなら、経理部門や総務部門の方がオススメです。

     

【調達に向いていない?】実は勘違いしているケースが多い

      

逆にいうと、上記3つ以外に当てはまらない人は「資材に向いている」と言えます。

     

でも以下のケースも向いていないよね?

       

・取引先に厳しいことを言えない

社内調整ができない

・社内関係者に厳しい事を言われると、へこむ

      

上記内容で悩んでいる人は、多いと思います。

でもこれらの悩みを抱えている人も、資材に向いている事が多いです。

     

厳しいことを言えないのは、慣れていないだけ

資材の仕事をしていると、取引先に厳しい事を言わなければなりません。

     

怒りの感情が必要な時がある

      

僕は入社1、2年目の頃は、相手に強い事が言えませんでした。

上司から、「相手を厳しく指導することも必要」と言われて悩んだ事があります。

   

でも「厳しく取引先を指導する」事は、慣れれば誰でもできるようになります。

頑張って何回も実践で経験して習得するものです。

    

だから「今できない」だけで、「向いていない」訳ではありません。

こういうのは「ただのスキル」なので、徐々に身につけておけばOKです。

       

社内関係者に厳しい事を言われると、へこむ

社内の人に厳しい事言われると、ホントにへこむよ・・・

     

資材部門には、関係者が多いです。

そのため、仕事をしていると「相手から怒鳴られたりする」事が沢山あります。

    

関係者から厳しく問い詰められると、凹みますよね。

もう資材の仕事、向いていないんじゃないかと思いますよね。

    

でも大丈夫です。

資材のベテランも、同じ事で悩んでいます。

   

僕もつい先日社内関係者と衝突して、かなり凹みました笑。

ぶっちゃけ、何歳になっても凹むものです。

    

たぶん資材に限らず、仕事を本気でやっていれば「衝突」は起こります。

凹んで、反省して成長するものだと、僕は思います。

     

なので、怒られても自分は向いていないと思う必要はないです!

     

まとめ:資材調達に向いていない人の特徴

調達業務に向いていない人の特徴まとめです。

     

・事務処理が苦手

人と話すのが苦手

モノづくりに興味が無い人

     

確かに、この3つに当てはまる人は資材には向いておりません。

ですがそれ以外の要因は、ぶっちゃけ些末なことです。

     

経験を積んで克服すればOKです。

この記事が、資材調達業務の理解に役立てば幸いです!

    

このブログ( Corosuke blog)では、僕が働く「資材・購買業務の紹介」や「日々の生産性向上による生活の質UP」「投資を通じた自己実現」などをまとめています。

良かったら、他の記事も読んでみて下さい。きっとあなたの役に立つ情報があると思います。

      

    

コメント

タイトルとURLをコピーしました