株式投資は儲からない?投資する上で絶対に知っておくべき3つの事実

株式投資は儲からない?投資の勉強
スポンサーリンク

   

この記事では、株式投資は儲からない?と思っている人が知っておくべき3つの事実を解説しています。

   

「株ってギャンブルだし、失敗すると大損する」

と思っていませんか?

  

僕は20代の頃、リーマンショックなどの株価暴落をみて「株なんかやらなくて良かった」と思っていました。

 

しかし、色々勉強していく中で「株は儲からない」という考えが間違っていることに気が付きました。

むしろ、お金持ちになるためには「株式投資は必須」です。

  

今回は、株式投資をやっている人もやっていない人も、絶対に知っておくべき3つの事実を紹介していきます。

   

・株式投資って胡散臭いよね

・株式投資ってホントに儲かるの?

   

株は儲からないと思っている方へ有益な情報を提供します。

   

スポンサーリンク

株式投資は儲からない?投資する上で絶対に知っておくべき3つの事実

   

投資をする上で絶対に知っておくべきことは以下の3つです。

   

・企業は従業員より株主(投資家)を優先している

・20年以上投資をすると元本割れのリスクが大きく減る

・米国株は右肩上がりの成長を続けている

     

株式投資は、適切な市場・銘柄に投資出来れば、長期的には儲かる確率が高いです。

長期スパンの株式投資が何故儲かるのかを詳しく解説します。

   

企業は従業員より株主(投資家)を優先している

日本のサラリーマンは、バブル崩壊以降、全然給料が増えていません。

  

国税庁HPにある民間給与実態統計調査結果を元に著者がグラフ化

   

社会保険料、消費税増税など、手取りは減るばかりなので、むしろ僕たちの給料は減少傾向にあります。

  

一方、会社が株主(投資家)に支払う「配当金」は、年々増加傾向にあります。

  

日本企業の配当金と人件費推移(指数)
財務総合政策研究所 年次別法人企業統計調査を元に著者がグラフ化

  

上記グラフは、2000年の配当金と人件費を100として計算したものです。

   

驚くべきことに、2000年と比べて2018年の配当金は「542%」も増えています。

一方企業が払う人件費は、たった「3%」しか増えていません

  

つまり、企業は儲けたお金を従業員では無く、投資家に還元しているのです。

今後もこの流れは続くと思われるので、投資家とサラリーマンの格差は更に拡大していきます。

  

20年以上投資をすると元本割れのリスクが大きく減る

でも株式投資は、株価暴落で損しないの?

   

株式投資は、価格が大きく変動します。

2020年のコロナショックでは、1か月で株価が30%以上も下落しています。

  

ただ20年以上の長期間投資を続けた場合、元本割れのリスクは大きく減ると言われています。

  

長期投資で元本割れのリスクを低減できるのが、積立NISAです。

積立NISAは、金融庁が考えたリスクを減らせる投資方法です。

(もちろんリスクがゼロになる訳ではありません)

   

積立NISA、長期投資
【出典】積立NISA HP

   

米国株は右肩上がりの成長を続けている

株式投資=大損すると思っている人は、日本市場を想定しています。

  

日経平均推移-min
https://ecodb.net/exec/trans_image.php?type=STOCK&d=NIKKEI&ym=Y

  

このようにバブルの株価を30年経っても超えていません。

日本に住んでいると、「株価は上がらない」という考えを持つのも当然だと思います。

  

しかし、少し視野を広げると、右肩上がりの市場があります。

  

アメリカSP500-
https://www.multpl.com/s-p-500-historical-prices

   

これはS&P500というアメリカの主要500社の株式指数です。

1880年から100年以上右肩上がりに成長を続けています。

   

その間、戦争、オイルショック、ITバブル、リーマンショックなど数々の試練を乗り越えてきました。

 

こういう右肩上がりの市場では、長期投資を続けることで、みんなが経済成長の恩恵を享受することができます。

  

株式投資で損をしないための注意点

こんな風に書くと、どんな方法でも株式投資さえすれば儲かると思えますよね。

でも注意点があるので、ここでご紹介します。

    

・投資する市場が大事⇒アメリカがやっぱり有望

・分散投資を心がける⇒S&P500などの投資信託がおすすめ

・手数料にこだわる⇒アクティブファンドやファンドラップはNG

・短期売買はしない⇒長期投資でコツコツ積み立てる

・ろうばい売りをしない⇒長期投資が大事

  

この条件を全て満たすのは、「積立NISAでS&P500と連動するインデックスファンドに20年間投資する手法」です。

  

僕は「emaxis slim s&p500」という手数料が安いインデックスファンドへ投資しています。

また積立NISAは、税金が控除されるので、初めて投資を始める方にもおすすめ出来ます。

  

インデックス投資×ドルコスト平均法が初心者の最適解である根拠
インデックス投資×ドルコスト平均法を使えば、投資のプロにも勝てるって知っていましたか?しかも楽です。この記事ではインデックス投資のメリット・デメリットを詳しく解説しております。投資の初心者はこの記事をご覧ください。

    

まとめ:株式投資は長期投資なら儲かる可能性が高い

本記事のまとめです。

   

・企業は従業員より株主(投資家)を優先している

・20年以上投資をすると元本割れのリスクが大きく減る

・米国株は右肩上がりの成長を続けている

    

資本主義社会は、資本家がお金持ちになるように出来ています。

サラリーマンでいる限りお金持ちになるのは難しいです。

   

なので、僕たちサラリーマンも少しでも市場の恩恵を享受できるように、少額でも投資を始めることが重要です。

 

もちろん元本割れのリスクがあるので、そのリスクを受け入れる必要があります。

ただそのリスクを受け入れた人だけが、株式投資で儲ける権利を得ることが出来ます。

   

一緒に投資で株式市場の恩恵を享受しましょう!

  

このブログ( Corosuke blog)では、僕が働く「資材・購買業務の紹介」や「日々の生産性向上による生活の質UP」「投資を通じた自己実現」などをまとめています。

良かったら、他の記事も読んでみて下さい。きっとあなたの役に立つ情報があると思います。

     

コメント

タイトルとURLをコピーしました