【経済学の基礎】調達品の需要と供給を把握することの重要性を解説

【経済学の基礎】調達品の需要と供給を把握することの重要性を解説資材業務について
スポンサーリンク

     

こんにちは、コロスケ( Corosuke blog)です。

今日は、調達品の「需要と供給」について解説していきます。

   

資材部員として毎日発注していると、市況を意識する事は少ないと思います。

でも実は調達品の受給を把握すると、交渉の役に立つ事を知っていましたか?

   

この記事では、資材歴10年の著者が「調達品の需要と供給を把握する意味」を解説していきます。

    

スポンサーリンク

【経済学の基礎】調達品の需要と供給を把握することの重要性を解説

需要と供給

        

なぜ資材部員は、調達品の需要と供給を把握する必要があるのでしょうか?

     

答え:価格は受給バランスで決まるから!

     

「価格は需要と供給のバランスで決まる」って聞いたことはないでしょうか?

資材調達も、もちろんこの経済学のルールに該当するので、覚えておくと色々と役に立ちます。

   

詳しく解説していきます。

    

需要と供給のバランスとは?

需要とは、「モノを買いたい資材部員がどれくらい多いか」の事です。

供給とは、「取引先の供給量がどれくらい多いのか」を表します。

    

需給のバランスは、以下の通りの式で表されます。

    

・需要>供給は、売り手が有利

・需要<供給は、買い手が有利

    

需要が多い時に売り手が有利なのは、販売先を選べるからです。

同じモノでも、高く買ってくれるお得意様を優先できます。

    

値上げを受けてくれないと、納入が難しいです

      

一方で供給が多い時は、買い手の方が有利です。

固定費を賄うためにも、多少安くても販売したいと思うようになります。

    

何か新しい案件は無いでしょうか??今なら特価を出せると思います

     

ぶっちゃけ誰でも知っている常識ですが、これを意識して仕事をしている人は少数です。

    

ベルトコンベアのように毎日流れ作業で発注している時でも、「今の需給はどうなっているか?」を思い出すことが大切です。

  

需給動向はどうやって把握するの?

需給動向と言っても、どうやって把握すれば良いの?

     

・取引先に聞いて回りましょう!

      

取引先との打ち合わせで、根掘り葉掘り聞きましょう。

大切なのが、1社だけで無く複数の会社にヒアリングするということです。

   

同じ業界でも品種によって需給に偏りがあったり、メーカーによって逼迫度合いが異なります。

複数の取引先に状況を聞くことで、全般的な概況を把握することができます。

    

また取引先が上場しているケースでは、IR資料を見るのがオススメです。

分かりやすく客観的なデータが載っているので、ぜひ読んでみて下さい。

    

     

    

供給逼迫時に、納期交渉と価格交渉は両立しない(納期優先)

供給が逼迫(需要>供給)している時、買い手側の資材部員は価格交渉ができなくなります。

    

    

日本のメーカーは比較的紳士なので、供給が逼迫しても値上げはしない事が多いです。

ですが、海外メーカーは露骨に値上げしてきます。

    

2017年から2018年にMLCC(チップコンデンサ)の供給が逼迫した時、海外メーカーは大幅な値上げをしました。

(営業利益率が40%を超えるくらい、暴利を貪りました)

    

       

日本の資材部員は、「納期が逼迫しても価格は当然同じだろ」と思いがちです。

でも中国メーカーの資材部門は、金をばらまいてモノを確保してきます。

   

ライバルが2倍の価格で発注してモノを確保している中、「値下げしてくれ」と言うことがいかに愚かな行為かが分かって頂けたでしょうか?

   

価格交渉は、需要が少ない時期の方が通りやすい

一方、供給過多(需要<供給)の時は状況が一変します。

    

      

つまり、世間の需要が減少しているときこそ、価格交渉のチャンスなんです。

不景気の時、取引先は固定費回収のために「利益より売上を優先」しやすいです。

    

こういう時は、労少なく成果を出しやすいです。

    

でも需要が落ちてる時は、自分の会社も需要減なんだけど・・・

     

確かに周りが不景気で、自分だけ景気が良い事はほとんど無いですよね。

ですが、こういう時に安価品への転注や、新規案件の見積取得などやることは沢山あります。

    

需要が少なく取引先のお腹が空いている時こそ、価格交渉・コストダウンを進めましょう!

    

カスタム品を採用しては行けない理由

需給の大切さが分かると、カスタム品をできる限り採用してはいけない理由が見えてきます。

   

カスタム品は、「特定のA社しか作れないモノ」です。

他社では作っていないため、供給をA社だけに依存することになります。

容易に転注されないので、取引先が値段を下げる理由がなくなります。

   

価格が硬直化したり、すぐに値上げ要請を受けたり、ろくな事がありません。

    

調達品は、できる限り供給先が複数選べる汎用材を選びましょう

(但し以下の通り何でもかんでも、カタログ品オンリーになる必要もありません)

    

    

まとめ:資材部員は調達品の需給バランスに敏感になろう

本記事のまとめです。

      

・価格は受給バランスで決まる

・供給逼迫時、納期交渉と価格交渉は両立しない

・価格交渉は、需要が少ない時期の方が通りやすい

       

資材部員は、需給を意識しなくても発注できます。

ですが、需給を意識して行動していくと、より良い成果が上げやすいです。

    

価格交渉、納期調整の時、たまにで良いので「今の需給は・・・」と思い出してみて下さい。

   

このブログ( Corosuke blog)では、僕が働く「資材・購買業務の紹介」や「日々の生産性向上による生活の質UP」「投資を通じた自己実現」などをまとめています。

良かったら、他の記事も読んでみて下さい。きっとあなたの役に立つ情報があると思います。

      

コメント

タイトルとURLをコピーしました