普通の30代サラリーマンが貯金だけで5000万円を貯める3条件!

普通の30代サラリーマンが貯金だけで5000万円を貯める3条件!-minその他
スポンサーリンク

     

この記事の概要

・普通のサラリーマンが「貯金だけ」で5000万円貯める方法を解説しています!

    

こんにちは、コロスケです。

35才で、貯金だけで5,000万円を貯めました。

    

貯金5,000万って、相当のエリートじゃないの??

     

著者の属性

・製造業に勤めるサラリーマン

・妻、子ども2人の4人家族

    

いわゆる普通のサラリーマンです。

多分、僕と同じ属性の人はゴマンといるのでは無いでしょうか?

    

普通のサラリーマンですが、資産額は5,000万円を超えました。

   

金融資産
【出典】野村総合研究所 野村総合研究所

   

5,000万円は「準富裕層:上位10%」に位置づけられるくらい、到達するのは難しいと言われています。

  

しかも僕は、ほぼ貯金だけで5,000万円に到達しました。

(30過ぎるまで、資産運用はギャンブルだと勘違いしていました)

     

この記事では、5,000万円の貯金を貯めた方法を分かりやすく解説しています。

    

・頑張ってお金を貯めたい!

・どうやったら5,000万円目指せるの?

   

こんな疑問に答えます。

    

スポンサーリンク

普通の30代サラリーマンが貯金だけで5000万円を貯める3条件!

貯金

    

サラリーマンが貯金だけで5,000万円を貯める条件は、3つあります。

    

【条件1】ダブルインカム

【条件2】平均以上の収入が得られる会社に入る

【条件3】月20万円の貯金、ボーナス全額貯金

      

この「3つの条件全てを達成」できれば、30代の内に必ず貯金だけで5,000万円を目指せます。

詳しく解説していきます。

     

【条件1】ダブルインカム

いきなり残念な結論ですが、「1人で30代で5,000万円はかなり難しい」です。

     

いきなりの結論が無理なの・・・?

5,000万円は、準富裕層と呼ばれるくらいハードルが高いです。

なので、普通のサラリーマンが独力で貯めるのは、ハードルが高いです。

    

しかし、2人で力を合わせれば、5,000万円を目指せます

    

僕の家が5,000万円を達成した時、僕の貯金は3,500万円くらいです。

残りの1,500万円は妻の貯金です。

    

貯金を増やす意味で、二人で一緒に住むのは非常に効率が良いです。

    

・家賃

・水光熱費

・食費

    

お互い一人暮らしをしていると、二重に家賃がかかります。

その点、結婚した夫婦なら、同じ住まいで家賃は1つに集約できます。

    

なので身も蓋も無いですが、5,000万円を目指したい人は、良いパートナーを探しましょう。

    

【条件2】平均以上の収入が得られる会社に入る

貯金は「収入と支出の差」です。

貯金だけでお金を増やす場合、「収入と支出の差」を大きくする必要があります。

    

しかし、ブラック企業など低収入の会社に勤めていると、収入≒支出となるので、貯金が永遠にたまりません。

   

30代で5,000万円を貯めたい人は、平均以上の収入が得られる会社に入りましょう。

   

平均的な収入ってどれくらい?

国税庁が出した「民間給与実態統計調査」によると、男性正社員の平均収入は「約560万円」と言われています。

  

民間給与実態統計調査_平均給与
【出典】民間給与実態統計調査_平均給与

      

30才で平均収入である「560万円」を目指しましょう。

    

そんなに給料が無いよ・・・

20代でまだ給与水準が少ない人で、そのうち平均に達する方は、そのままで大丈夫です。

僕も20代の頃は、平均以下の給料水準でした。

    

一方、今後も平均未満の給料しかもらえない場合は、さっさと転職しましょう

   

先程説明した通り、貯金だけで5,000万円を達成するためには、それなりの給料は必須です。

本気で貯めたければ、転職を検討しましょう。

   

実は20代は、実力はそこまで変わりません。

給料の差は、勤める会社の給与水準の差だけです。

なので、早めに給与水準が高めの会社に移りましょう。

    

マイナビであれば、20代の転職支援が強いので、早めに転職を検討しましょう。

    

      

【条件3】月20万円の貯金、ボーナス全額貯金

30代で5,000万円を貯めるためには、月20万円&ボーナス全額貯金が必要です。

     

【給料】毎月10万円×2人×12ヶ月=240万円

【賞与】50万円×2人×2回=200万円

→440万円×12年=5,280万円

   

このように毎月20万円とボーナスを貯金できれば、12年間で5,000万円は達成可能です。

   

この条件を達成するために、ダブルインカムと平均以上の給料が必要となります。

    

でも毎月20万円ってかなり厳しくない?

     

確かに一人で20万円はハードルが高いです。

しかし、2人なら比較的達成しやすいです。

    

【収入】手取り20万円×2人=40万円

【支出】20万円

【貯金】40万円ー20万円=20万円の貯金

     

こんな感じで、手取り20万円を達成できれば行けそうですよね。

支出20万円も、ざっくり家賃8万、水光熱費2万、通信費1万、食費6万、交際費3万で達成できます。

   

ボーナスは会社の業績に左右されるので安定しませんが、もらえる分は全額貯金しておくと、貯金スピードが加速します。

   

まずは毎月20万円の貯金が普通の生活になるように、日々の生活を工夫していきましょう!

    

確かに2人で生活すれば、毎月20万円の貯金は現実的な目標になるね

    

【解説】貯金5000万円を貯める具体的な方法5選を詳しく解説!

貯金

     

毎月20万&ボーナス貯金は分かったけど、どうすれば達成できるのかな?

僕たち夫婦が5000万円を貯めた具体的な方法は、以下の5つです。

    

・車を持たない

・金銭感覚が一致する人と結婚する

・保険は最低限

・給料は生活口座と貯金口座へ自動振り込み

・金がかかる趣味を持たない

    

毎月20万円の貯金は、無理しても続きません。

貯金が出来る仕組みを作っておく必要があります。

   

実践すれば、どんどんお金が貯まるので、ぜひ試してみてください!

    

車を持たない

車は「金食い虫」です。

    

・自動車購入費用

・駐車場代

・保険

・車検

    

こんな感じで車を持つだけで、毎月数万円のお金が飛んでいきます

毎月20万円の貯金を実現するためには、車を持ってはダメです。

    

でも車が無いと生活できないよ・・・

ホントでしょうか?

ホントの「田舎中の田舎」じゃ無い限り、車無しでも生活できます。

    

・最低限のお店がある駅の近くに住む!

    

僕もかなりの田舎に住んでいますが、車無しでも全然大丈夫です。

必要なモノは、通販でたいてい手に入ります。

     

「どうやったら車無しで生活できるか?」

  

これを考えて住む場所を考えると、かなり違うと思います!

   

金銭感覚が一致する人と結婚する

結婚相手とお金の話ってしづらいですよね。

でも、離婚の原因の多くが「金銭面の考えが異なる」ことが原因です。

   

もしあなたが5,000万円の貯金を目指している場合、配偶者が浪費家だったら終わりですよね。

結婚相手は、貯金を増やすパートナーにもなりますし、同時に「足を引っ張る存在」にもなりえます。

  

僕は、妻と金銭感覚が似ています。

毎週末は、子どもと一緒に公園に遊ぶだけで楽しめます。

お金もゲーム感覚で貯めているので、貯金が苦ではありません。

    

お金の価値観を一致させるのは、非常に大切です。

一度パートナーとお金について腹を割って話してみましょう!

    

出会ってすぐの人にお金の話をすると引かれるから、注意してね笑

     

保険は最低限にする

毎月何万円ものお金を保険に払っている人がいます。

でも保険にお金をかけていると、貯金が全くできません。

    

実は多くの人が、不要な保険に入っていることが多いです。

    

死亡保険:子どもに一定額を残せない人だけ必要

医療保険:貯金が生活費の半年分に満たない人だけ必要

貯蓄型保険:貯金で十分(運用したい人は株式投資が推奨)

個人年金:貯金&自分で運用がおすすめ

    

こんな感じで、保険が必要なケースは少ないんです。

国の公的保険があれば、十分なケースがほとんどです。

   

僕も結婚前に何も分からず加入していましたが、今は全部損切りで解約しました。

保険加入者は、一度自分が入っている保険の必要性を再確認しましょう。

保険に関する記事も載せておきます。

    

     

     

      

金のかかる趣味を持たない

これは趣味の領域なので、とやかく言えないかもしれません。

しかし、5,000万円の貯金を目指すなら「出来る限り金のかかる趣味は無い方が良い」です。

   

先程説明したように毎月20万円貯金するためには、交際費は「2人で3万円」程度までです。

なので、金のかかる趣味を持つと、他の部分でカバーする必要が出てきます。

   

できるだけ金のかからない趣味を見つけましょう!

   

おすすめの趣味はある?

僕の趣味は、こんな感じです。

   

     

ぶっちゃけ今は、趣味にお金がかかっていません。

ブログを書く時に、土日にカフェに行くくらいです。

    

ブログで副収入を得ると、お金も貯めやすくなるのでおすすめです!

    

      

【よくある勘違い】貯金5000万円を目指すならこれだけはするな!

    

貯金を増やそうとする人の中に、間違った考えをしている人が多いです。

ここでは、貯金を5,000万円貯めたい人がやっては行けない事を解説します。

   

残業でお金を稼ぐ

お金を稼ぐために、残業するよ!

ぶっちゃけ残業でお金を稼ぐのは、おすすめしません。

    

・ストレスがたまり、金遣いが荒くなる

・近年、残業規制で、残業代が当てに出来なくなった

・それより副業した方が良い

     

残業は、時間の切り売りです。

どうしても必要な時以外は、なるべく残業をしないほうが良いです。

   

貯金5,000万円は、豊かな生活をするための手段です。

そのために人生を会社に捧げるのは、もったいないです。

   

僕は、7,8年残業時間ゼロを継続しています。

もちろん、年に一度くらい1時間ほど残業をする時もありますが、あくまで例外です。

   

残業しなくても5,000万円は目指せるので、無理に残業をしないようにしましょう。

   

     

守銭奴になってしまう

お金を貯める事が習慣化すると、支出が全部無駄に見えてきてしまいます。

     

外食NG、旅行も控える、飲み会なんてもっての外・・・

でも、我慢ばかりしていても楽しく無いですよね。

何より我慢ばかりしていても続きません。

   

僕は20代の頃は、年に1,2度は一人旅に行っていました。

有給を取って行く旅行は楽しかったです!

   

あくまで5,000万円を貯めるのは、人生を豊かにする一手段に過ぎません。

それを忘れてしまうと、お金の奴隷になってしまいます。

   

お金の奴隷にならないように、豊かなお金の使い方をしましょう!

     

まとめ:普通のサラリーマンでも5000万円は目指せる!

この記事のまとめです。

    

・ダブルインカム & 平均以上の収入 & 月20万円の貯金が必要!

・お金をためやすい仕組みを作ろう!

・お金の奴隷にならないように注意しよう!

     

普通のサラリーマンが貯金だけで5,000万円を目指すのは可能です。

これまで説明した条件に従って行動すれば、必ず5,000万円を目指せます。

    

5,000万円に到達すれば、老後問題や子どもの教育資金問題も解決します。

楽しみながら貯金を続けていきましょう!

    

       

コメント

タイトルとURLをコピーしました