取引先と何を話せば良いの?【無言が怖い資材部員向けに話題を紹介】

取引先と何を話せば良いの?【無言が怖い資材部員向けに話題を紹介】資材業務について
スポンサーリンク

     

こんにちは、コロスケです。

今日は、取引先と何を話せば良いか分からない人向けの記事です。

    

取引先と何話せば良いかわからないよ・・・

     

著者は、資材歴10年の資材部員で、取引先とは今まで1,000回以上打ち合わせをしてきました。

その経験を踏まえ今回は、「取引先と話すべき話題」をご紹介します。

     

スポンサーリンク

取引先と何を話せば良いの?【無言が怖い資材部員向けに話題を紹介】

話す、会話

     

話題に困ったら、取引先と何を話せば良いのでしょうか?

   

・天気の話題(アイスブレイク)

・調達品の市況

・取引先の業績、業界動向

・取引先担当者の個人的な話題

     

実は資材部員は、自分から積極的に話をする必要はありません

取引先に上記4つの質問をして、聞き手に回りましょう。

   

詳しく解説していきます。

    

【話題】天気の話題(アイスブレイク)

最初の一言目は、場を和ませる話題として、「天気」の話が簡単です。

    

・今日は暑いですね、何度くらいですかね?

・最近夕立が多いですね。

・台風がまた来ますね。

・ずっと雨が降っていますね。何日目でしょうか?

・今週は晴れるみたいですね。

    

呼び水として上記話題を話せば、取引先の営業担当者が色々話してくれます。

あまり深く考えずに、暑かったら暑いといえばOKです。

   

本題に入る前に、場を和ませましょう!

    

【話題】調達品の市況

取引先と会ったときは、必ず調達品の市況を聞きましょう。

    

最近、半導体の市況はどうなっていますか?

調達品の納期は伸びていますか?

    

取引先に優先的に聞くべきなのが「調達品の市況・納期」です。

何故なら、市況は取引先に聞かないと生の情報が分からないからです。

    

調達品の市況の変化を感じ取るのは、資材部員の大切な仕事です。

市況の逼迫に素早く対応することで、社内関係者から信頼を得られます。

   

「調達品の最新市況」そのものに付加価値があるので、取引先と面談したら必ず調達品の市況・納期をヒアリングしましょう。

   

【話題】取引先の業績、業界動向

業界動向に詳しくなるためには、取引先の経営状況をある程度知っておく必要があります。

    

最近、調子はどうですか?

    

と、フワッとした話題でも話のネタにはなりますが、できれば具体的な話の方が得るものが多いです。

   

御社の19年度の決算、コロナがあったのに増収増益だったのは何が原因ですか?

    

上場している取引先なら、決算資料を公開しています。

取引先との面談の前に、簡単にIR資料をチェックしておくと、深い話ができるのでオススメです。

    

    

【話題】取引先担当者の個人的な話題

何回も面談している取引先があれば、たまには個人的な内容を質問するのもありです。

    

・実家はどこですか?

・今はどこらへんに住んでいるんですか?

・休日は何しているんですか?

・子どもはいるんですか?

    

もちろん初対面の人に聞くときは、相手の様子を見て話す必要があります。

ですが、こういう話を聞けると、相手との関係性も深まります。

困った時に相談しやすい間柄になりやすいので、主要な担当者とはちょっとずつ話をしてみるのもおすすめです。

    

まとめ:取引先との会話では聞き手に回ろう!

取引先との話すネタのまとめです。

    

・天気の話題(アイスブレイク)

・調達品の市況

・取引先の業績、業界動向

・取引先担当者の個人的な話題

    

取引先との会話では、無理にしゃべる必要はありません。

適切なボールを投げて上げれば、相手が色々としゃべってくれます。

   

相手との会話を通じて、貴重な情報を得られることもあるので、ぜひ色々と質問してみて下さい。

   

このブログ( Corosuke blog)では、僕が働く「資材・購買業務の紹介」や「日々の生産性向上による生活の質UP」「投資を通じた自己実現」などをまとめています。

良かったら、他の記事も読んでみて下さい。きっとあなたの役に立つ情報があると思います。

   

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました