会社を仮病でずる休みした時に罪悪感を感じる原因と対策5選

罪悪感エッセイ
スポンサーリンク

 

この記事は以下の方向けに書いています。

 

・朝起きたけど、会社行きたくない・・・

・会社仮病で休んだけど、罪悪感が半端ない・・・

 

こんにちは、コロスケです。

今日は、会社を仮病でずる休みした人向けの記事です。

 

会社行きたくないよ・・・

 

しんどくて会社行きたくない日ってありますよね。

特に月曜日の朝は、本当に会社行きたくないですよね。

 

そういう心が病んでいる日は、「体調不良で・・・」と当日の朝に休暇の電話を入れる人も多いと思います。

休暇の電話が終わると、一瞬だけ解放感に包まれますが、その気分も長くは続きません。

その後の罪悪感は半端じゃ無く、その後の一日をどんよりとした気分で過ごすことになりがちです。

 

今回は、会社を休んだ時に感じる罪悪感の原因とその対策をご紹介致します。

 

僕も入社4,5年目くらいの時は、「会社辞めたい」が口癖となるくらい、会社辞めたい病に感染していました。

実際、しんどいな・・・と思った時に、何度も仮病で休むことも経験しました。

その時は会社行くのがしんどくて、ただ休んでも全然気が晴れなかったので、毎日鬱々とした気分で過ごしていました。

でも、幸いなことに今は復活することが出来ました。

 

今回は、実際に会社を仮病で休んだ僕の経験も踏まえて、会社を休んで罪悪感半端ないあなたへ有益な情報を提供致します。

 

スポンサーリンク

会社を仮病でずる休みした時に罪悪感を感じる原因【しんどくなる】

罪悪感

 

罪悪感を感じる原因

・自分はダメな人間だという自己否定感が生まれるから

・職場に迷惑をかけてしまう(と思ってしまう)から

・仮病なので遊びにも行けず、鬱々としてしまうから

 

会社を休まなきゃいけないくらいしんどいので、休んでも全然OKなんですが、実際はなかなかそういう風に思えないですよね。

僕も会社を休んだ日は大抵、罪悪感を感じて一日を寝て過ごしていました。

 

会社を休んだ日に感じる罪悪感の原因は上記3つとなります。

具体的に上記3つの原因を解説していきます。

 

自分はダメな人間だという自己否定感が生まれるから

会社しんどくて休んだ時の心情は以下の流れを辿ることが多いです。

 

・しんどい、会社行きたくない・・・

・電話「すみません、体調が悪くて・・・」

・やった!一日休みになった!

・(10分後)休んじゃった・・・、やっぱり会社行けばよかったかな?

 

でも10分後、どうしてこういう罪悪感が生まれるのでしょうか。

それは、世間の人はみんないつも通りに会社に行っているのに、自分だけ仮病でずる休みしていると思ってしまうからです。

 

本当は仮病でもずる休みでも無いので、罪悪感を感じる必要は無いのですが、9時くらいになると、「もう仕事の時間だな・・・」みたいなことを思ってしまいます。

 

・みんな働いているのに自分だけずる休み(と思ってしまう)

・会社辞めたいなぁ・・・

・でも会社辞めても他にすることが無いよ・・・

・でも今の会社続けたくない・・・

・辞めたらお金も続かないし・・・

・あーあ、なんか全部嫌になってきた

 

僕が会社休んでいたときは、こんな感情がぐるぐる無限ループしていました。

こんなことを考えていると、自己嫌悪や自己否定の感情がどんどん育っていきます。

最初は、「やった休み!」と思っていたのに、気が付くとやる気がゼロになってベットで一日過ごすことも多かったです。

 

休んでいる時に会社の事を考えると、自己嫌悪や自己否定の感情が生まれてくる

 

会社が嫌で休んだのに、結局家で仕事のことを考えて憂鬱になっちゃうよ

 

職場に迷惑をかけてしまう(と思ってしまう)から

会社を休んでも上手く業務が回るようにしておくのが、組織や上司の役割なので、休んでも全然問題無いです。

ただ会社が嫌だなと思ってしまう人に限って、責任感が強い人が多いので、「職場に迷惑かけている」と思いがちです。

 

実際会社を休んでいても、「あの会議は誰が代わりに出ているんだろう・・・」と思うと心が休まりません。

上司や同僚が自分の仕事をカバーしてくれていると思うと、罪悪感が半端ないですよね。

あんまり気にしすぎると、次の日上司や同僚と顔が合わせずらくなりますし、会社に更に行きたくなくなります。

まさに負のループです。

 

休んだ分、他の誰かが自分の仕事をカバーしてくれていることに罪悪感を感じる

 

休んだ後、自分の仕事がどうなっているか考えると、憂鬱になるね

 

仮病なので遊びにも行けず、鬱々としてしまうから

せっかく休んだのですから、有意義な時間を過ごしたいと思うのですが、仮病だしあんまり外に出るとまずいかな?と思ってしまいます。

確かに外に出て、万が一、会社の人に出会うと気まずすぎます。

 

なので、せっかく休みにしでも、あんまり外に出るとまずいから家で過ごす人が多いと思います。

僕も会社休んだ時は、周りに会社の人がいるかも・・・と思ったので、ひたすらベッドでぼーっとしていました。

 

部屋の中で一人ぼーっとしていると、かなり鬱々とした気分になってしまいます。

マイナス思考になってくると、本来考える必要も無いことに思いが至るので、罪悪感を感じてしまいます。

そして、ベッドで夕方までぼーっとしていると、「ホントに今日何してたんだろ?」って気分になります。

 

こうしてマイナス思考になってしまうと、罪悪感を感じやすいです。

やっぱり家に引きこもるのは良くないです。

 

家に引きこもっていると鬱々とした気分になり、罪悪感を感じやすい

 

会社休んで家にずっといても全然心も体も休まらないよ・・・

 

会社を仮病でずる休みした時に罪悪感を感じた時の対策

 

罪悪感を感じる原因は分かったけど、どうすれば解決できるのかな?

 

罪悪感を感じてしまった時の対策は以下の通りです。

 

・仮病ではありません!それは心の病です。しっかり休みましょう

・無理に仕事に行くのはNG。心がすり減る

・心の病は楽しいことをすると回復する

・計画的に休みを取ろう

・環境を変えよう

 

具体的に罪悪感を感じた時の対策を一つずつ解説していきます。

 

仮病ではありません!それは心の病です。しっかり休みましょう

僕も当時は良く分からなかったですが、元気になった今思うと結構病んでいたなぁと思います。

実際に休みたいなと思っている人は、僕はサボっている・・・と思いがちですが全然違います。

 

勘違いしがちですが、つらくて会社行きたくないのは心が傷を負っているからで仮病じゃありません。

骨折したら分かりやすいんですが、心の傷は外からでは分からないですし、徐々に傷が深くなってくるので、意識しずらいです。

 

「会社行きたくない」は心から出てくるSOSのサインです。

辛くて会社行きたくないと思った人は、まずは休んでゆっくりしましょう。

 

無理して会社行っても辛いだけだし、仕事もはかどらないよ

 

無理に仕事に行くのはNG。心がすり減り、病んでしまう

僕もそうでしたが、頑張って無理して会社に行ってしまいがちですが、実はこれはNGです。

会社に毎日会社通っていた人が急に会社に来れなくなってしまうことがあります。

これは、無理に会社に来ていた人が限界にきてしまったからです。

 

無理に会社に行くと頑張れてしまいますが、実は心は徐々にすり減っています。

そしてある時、限界がきてしまいます。

 

こうなると心が回復するのには相当の時間がかかります。

一度病んで休んでしまった人がなかなか復帰出来ないのはこれが原因です。

自分の心は自分でしか守れないので、危ないと思ったら無理せず会社を休みましょう。

 

でも会社休んだら迷惑かけないかな?

 

会社の仕事は他の人が代替できますが、自分の心だけは自分でケアしないといけません。

どちらかを選ぶ必要があったら、迷わず自分の心を選びましょう。

 

心の病は楽しいことをすると回復する

心は一気に回復しません。

数年間毎日会社に行くことで徐々にすり減ってきた心は、数年間かけて徐々に戻していくしかありません。

会社を休んで鬱々としていると、それだけで一日が終わってしまいますが、本当は心のケアのために楽しいこと、やりたいことをしなければいけません。

 

なので、「仮病だし、外に出たらまずかな?」と思わずに、回復のために外に出ましょう。

映画でも旅行でも読書でも何でも良いです。

とにかく楽しそうなことをやってみることが大事です。

 

「あっ、そういえば今日仕事休んでいたんだった」

と思うくらいでちょうどよいです。

 

でも会社を休んでいる身分なので、家に居た方が良いんじゃない?

 

SNSでアピールするようなことをしなければ大丈夫です。

もし会社の人の目が気になるなら、会社の人が居そうにないところへ行けばOKです。

万が一、会社の人と出会っても「病院の行き帰りです」と言っておきましょう。

 

計画的に休みを取ろう

でも当日休みを取ってもなかなかリフレッシュすることは難しいです。

当日休み⇒誰かに迷惑かけているかも⇒外に出ずらい⇒鬱々とした気分となりがちです。

 

なので、僕が皆さんにやってほしいことが「前もって計画的に有給を消化すること」です。

仕事で病みがちな人ほど、有給を取っていないことが多いです。

 

やっぱり当日いきなり休むよりも計画的に休みをとった方が、自分の心にもメリットが多いです。

明日は休みだ!やりたいことをやろう!と思えれば、毎日の生活も変わってきます。

是非とも、計画的に有給を消化して楽しいこと、やりたいことをやってみましょう。

 

でも仕事が忙しくて、会社全然休めそうないないよ・・・

 

そんな方におすすめしたいのが「午後半休」です。

午後半休は、仕事とプライベートのバランスがとりやすいです。

詳しくは以下の記事にまとめていますので、参考にしてみて下さい。

 

 

環境を変えよう

僕も入社4,5年目は病んでいました。

でも僕の場合は、環境を大きく変えることで復活することが出来ました。

 

会社が嫌になる理由の一つが、このつまらない生活があと40年以上続くことに耐えられないからです。

仕事や生活の環境を変えることで人は驚くほど、気分が変わってきます。

このまま行ってもジリ貧だ、と思っている方には環境を変えることをおすすめします。

 

◆とにかく仕事が嫌で辞めたい時の解決方法5選

 

◆転勤で環境を大きく変えることができます

 

休みの日は何をすれば良いの?

好きな事や楽しいことをしましょう!

と言っても、なかなか思い浮かばないですよね。

僕がおすすめする休日の過ごし方は以下の通りです。

 

・投資の勉強

・副業

 

これら二つの活動はいずれも会社への依存度を下げることに繋がります。

 

会社が嫌なのに、続ける一番の理由がお金です。

働かないとお金に困るから嫌々ながらも仕事に行くんです。

もしお金があったら、速攻で会社を辞めますよね?

 

でも僕もそうでしたが、そういう人でも会社を辞められるような努力をしている人は、ほとんど居ません。

会社嫌だなぁと思いつつ、何もしないので、結局は会社に行くしかないのです。

 

会社が嫌だったら、投資や副業をして他にお金を稼ぐ力を身に付けましょう。

僕は今は幸いにして会社が嫌じゃありませんが、いつまた嫌いになるか分かりません。

また10年後に会社が倒産する可能性もあります。

 

そういう時に路頭に迷ったり、病んでしまわない様に、今からコツコツとお金を稼ぐ力を育てようとしています。(全然稼げていませんが・・・)

 

休みの日は是非、投資や副業をしてみて下さい。 

 

◆投資をギャンブルだと思っている方にオススメしたい記事

 

◆ブログも立派な副業の一つです

 

◆副業がめんどくさい人は節約でお金貯めるのもありです

 

罪悪感を感じるときのまとめ

まとめです。

 

・会社行きたくないは心のSOS!まずは無理せず休みましょう

・休みの日に楽しいことをして、心を回復させましょう

・休みを計画的に取り、環境を変えましょう

・休みの日にやることが無ければ、副業や投資をしましょう

 

会社に行きたくない状態が長く続くとホントにしんどいです。

何のために働いているのか分からなくなってきます。

 

そんな時にこの記事を少しでも役に立ててくれたら本当にありがたいです。

 

このブログ( Corosuke blog)では、僕が働く「資材・購買業務の紹介」や「日々の生産性向上による生活の質UP」「投資を通じた自己実現」などをまとめています。

良かったら、他の記事も読んでみて下さい。きっとあなたの役に立つ情報があると思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました