コロナ影響はいつまで続く?|20年度の景気予測を村田決算から分析

コロナウイルスの影響はいつまで続く?2020年度の景気見通しも解説資材業務について
スポンサーリンク

 

この記事では、2020年度の景気動向・新型コロナウイルスの影響度合いを予測しています。

   

2020年は新型コロナウイルスの感染拡大により、世界の経済活動が停滞しています。

20年度の景気はどうなるのか?気になりますよね。

  

そんな中、日本を代表する電子部品メーカーである村田製作所が19年度の決算発表をしました。

  

村田の決算発表では、20年度の見通しの記載もありました。

そこで今回は村田製作所の決算発表を通して、「2020年度の景気の動向」「コロナウイルスの影響度合い」を予測してみたいと思います。

  

・2020年度の景気はどうなるの?

・コロナウイルスはいつ収束するの?

・電子部品メーカーは大丈夫?

   

上記疑問に答えます。

   

スポンサーリンク

コロナ影響はいつまで続く?|20年度の景気予測を村田決算から分析

予測・見通し

   

村田製作所が予測する、2020年度の景気動向・コロナウイルスの影響です。

  

・村田製作所は上期中にコロナが収束すると読んでいる

・上期中に収束する前提で、車の需要は20%減スマホは10%減

   

車は、消費の冷え込みにより19年度比で20%も需要が減少することを予測しています。

そして、村田の予測通り上期中にコロナは収束するのでしょうか?

  

村田製作所の20年度決算見込み

売上・営業利益

村田製作所の20年度の売上・営業利益見込みは以下の通りです。

  

村田製作所売上利益2019年度実績、2020年度予測
【出典】村田IR資料 https://corporate.murata.com/-/media/corporate/about/newsroom/news/irnews/irnews/2020/0430b/19q4-j-speach.ashx?la=ja-jp

   

売上が19年度比で6.8%減、営業利益は17.1%減の予測です。

20年度は、コロナウイルスの影響で減収減益の見込みです。

   

コロナウイルスの影響額

実際にコロナウイルスの影響額はいくらなのでしょうか?

  

売上高で約▲1,700億円の影響があるものと推計

【出典】村田IR資料 https://corporate.murata.com/-/media/corporate/about/newsroom/news/irnews/irnews/2020/0430b/19q4-j-speach.ashx?la=ja-jp

  

20年度の売上見込みが、1兆4,300憶円なので、約11%の売上ダウンです。

このことから、他の電子部品のメーカーも、10%くらいは売上が落ちるのではないかと思われます。

  

新型コロナウイルスの動向予測

コロナウイルスの状況が20年度の経済を大きく左右します。

村田製作所が20年度の売上予測をする上での、前提条件は以下の通りです。

  

・村田の工場は4/30以降、コロナが原因の稼働停止はしない

・コロナの感染拡大は上期中に収束する

   

村田は今後5月以降、コロナが原因の稼働停止はしない予想を立てています。

  

村田は日本だけでなく、世界各国に拠点を構えていることを考えると、経済活動の制限は世界的にピークを越えたとみていることが伺えます。

(もしくは想定が不可能なので、稼働停止しない前提としたのかもしれません)

  

また上期中の収束ですが、「収束」とはある程度落ち着くという意味です。

村田は、コロナは上期中にはある程度落ち着くと予想しています。

  

2020年度の景気の見通し

村田の主力市場である、スマホ・PC・車の20年度の見通しは以下の通りです。

   

20年度需要予測(部品取り込み)
【出典】村田IR資料 https://corporate.murata.com/-/media/corporate/about/newsroom/news/irnews/irnews/2020/0430b/19q4-j-speach.ashx?la=ja-jp

   

2019年度比で、スマホが10%減、自動車が20%減と厳しい予想を立てています。

PCはリモートワークや巣ごもりの需要増を見込み横ばいとなっています。

  

この前提として、村田製作所は20年度の下期(10月~)から電子部品の需要が回復に向かうとしています。

各国政府の景気刺激策による需要回復が、下期から電子部品に波及すると考えているようです。

  

まとめ:上期中にコロナが収束するか?

本記事のまとめです。

   

・村田製作所は、上期中にコロナが収束すると見込んでいる

・上期中に収束する前提で、車の需要は20%減、スマホ10%減

   

現在世界各国は、5月以降から、徐々に活動制限を緩和する方向で動いています。

今後、第二の流行が起きれば、再び活動制限・ロックダウンが起こる可能性があります。

   

日本では緊急事態宣言が5月末まで延期となる見込みです。

上期中に本当にコロナが収束するのか?に注目していきたいと思います。

  

このブログ( Corosuke blog)では、僕が働く「資材・購買業務の紹介」や「日々の生産性向上による生活の質UP」「投資を通じた自己実現」などをまとめています。

   

良かったら、他の記事も読んでみて下さい。きっとあなたの役に立つ情報があると思います。

     

コメント

タイトルとURLをコピーしました