【解説】幸せになるための正しいお金の使い方

エッセイ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

幸せをお金で買う5つの授業を読んでの感想

「幸せをお金で買う5つの授業」という本を読んでの感想をまとめております。

感想

・幸せになるお金の使い方を教えてくれる良書!

・物を買うより、経験にお金を払う方が幸せになれる

・お金は先に支払って、後で消費する方が幸せになれる


幸せをお金で買うと言われるとあなたはどんなことをイメージしますか?

なんだか、成金がお金に物を言わせて豪遊しているイメージがするよ・・・


僕も最初は、時間をお金で買うみたいなことを想像していましたが実際は、「幸せになるための正しいお金の使い方」を教えてくれる本でした。

本文では、5つの法則が説明されていますが、その中でも僕の考えを転換させた2つの法則を紹介したいと思います。

物を買うより、経験にお金を払う方が幸せになれる

お金が沢山あったら買いたいものは何ですか?

お金が沢山あったら、マイホームを買いたい。広くて庭付きが良いなぁ。

他にも、車、洋服、時計、スマホ・・・。自分の幸福のためにお金を使おうと考えるとき、まず頭に浮かぶのがこういった「モノ」でした。実際多くのサラリーマンも自分の稼ぎをマイホームや車に使っています。

ですが、この本ではモノよりも体験・経験にお金を使う方がより幸せになれると説いています。

でも最近スマホ買ったけど、箱を開けた時には幸福を感じたけどなぁ・・・

確かにモノも人を幸福にします。ただ、モノは手に入れた瞬間が幸せのピークで、そこから徐々に幸せが低下していきます。スマホを手に入れた時は宝物のように丁寧に扱っていたのに、一年後には手に入れたときめきは失われています。

一方、旅行などの経験は、幸せが長続きします。旅に出る前に、「どこにいこうかな」とガイドブックを見ながら過ごす時間。旅から帰ってきた後の旅の思い出。旅行中に嫌なことがあっても振り返ると良い経験だったと思えるものです。

確かに、今でも旅行のことを思い出すと幸せな気分になれるね。

ここから導き出される結論として、僕たちサラリーマンの夢であるマイホームは、僕たちが思うほど僕たちを幸せにしないということです。

確かに家は生きていくためには必要です。ただそのために何千万円ものお金を払う価値が本当にあるのかは一度考えてみた方が良いと思います。広くて庭がある家のために長い通勤をしなければならないこと、また35年かけて払い続けなければいけないローン。実は、中古の会社に近いマンションを買う方が幸せなのかもしれません。

車にも当てはまります。本当に必要なのか。必要だとしても高級な車で無ければ幸せになれないのか。こういう観点で物事を考えてみるとお金の使い方が変わってきます。

お金は先に支払って、後で消費する方が幸せになれる

この考えがおかしいぞと思う方。あなた(僕)は社会人として至極まともだと思います。

経済学の常識として、金利のことを考えると消費を先にしてお金を後払いする方が得です。僕たちの普段の生活でも先払いと言われると損したような気分になります。

しかし、幸せなお金の使い方という考えでは全く逆になります。何故でしょうか。

<手に入れる前にも喜びが発生するから>

楽しいイベントや親友との飲み会のことを考えると自然とワクワクしてきます。イベントが始まる前から幸せ感が発生することから、消費は後の方が望ましいことになります。確かに振り返ってみると、仕事で嫌なことがあっても、明日は楽しい飲み会だ!と考えると頑張れる気がしてきます。

これを本書では、「未来を予想することから、現在の喜びを引き出す」と表現し、実際の消費の喜びを倍加させると説明しています。

この理論に基づくと、同じイベントであっても今日より1週間後に開催されるイベントの方が付加価値が高く、高いお金を払うべきという、今までの考え方の逆の結論になってしまうのです。

それは、モノであっても同じです。欲しいモノが手に入るまでを想像する時間も幸せな時間になります。

小さい頃、クリスマスプレゼントを楽しみに待っている時間が一番楽しかったなぁ。


<消費するとき、お金を支払う苦痛を感じなくて済むから>

誰しもお金を払うこと、特に自らの財布から現金を取り出すのは苦痛です。旅行中にお金を払うべきか考えると旅行の幸せが低減してしまいます。もし、事前にお金を払っていれば、旅行中にお金のことを考えなくてすみます。

そうすると、後払いにしても同じでは?と考える方もいらっしゃると思います。しかし、それは苦痛の先延ばしです。将来お金の支払いがあると考えてしまうこと自体が幸せを低減させるのです。

例えばタクシーのメーターに記載されている金額がどんどん増えていくと良い気分はしません。もしタクシーの料金を先払いにしていたら、タクシーに乗車しているときはお金のことを考えなくて済みます。メーターを睨みつけずに外の景色を楽しむ余裕も生まれます。

また先払いによる幸せは副次的効果があります。それは、無駄遣いが減るということです。先に支払うことで、本当にその支出が幸せにつながるかを考えることが出来ます。(クレジットカードの後払いでついつい、いらないモノを買ってしまうことを防げます)

旅行中に追加費用とか言われるとテンション下がるよね。僕もこれから旅行行くときは前払いにしてみよう♪

 

最後に

この本で教えてくれる内容は、資産形成にも役立つと思います。家はそこまで僕たちを幸せにしないという考えがあれば、高い新築の一軒家を買うことが無くなるかもしれません。

無駄な支出を減らし、その分を投資に回していくことが出来れば、より早いスピードで資産形成が出来るはずです。僕も頑張りたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました