ふるさと納税の寄付金は本当に戻ってくるのか検証【初心者向け】

その他
スポンサーリンク

こんにちは、コロスケです。

今日はふるさと納税について、まとめていきます。

  

ふるさと納税と言えば、実質2千円で色々なものが貰えるということで、爆発的なブームとなっていますよね。

僕も遅ればせながら、昨年やり始めましたが、お金がどうやって戻ってくるのか、その仕組みが今までいまいち分かりませんでした。

 

ホントにお金戻ってきているのかな?何だか不安だよ・・・

 

今回は、実際に自分のふるさと納税の結果を振り返ることで、本当にふるさと納税ってお金が戻ってくるの?という疑問も解決していきます。

 

スポンサーリンク

ふるさと納税の寄付金は本当に戻ってくるのか検証

  

回答

   

・ちゃんとふるさと納税の寄付金は戻ってきます!

・寄付したお金は、①その年の所得税と、②翌年の住民税の二つで戻ってきます。

  

 

何となくふるさと納税の寄付金は還付されるのは分かっていましたが、実際に所得税と住民税で税金が控除されていました。

具体的にどのような仕組みで戻ってくるのか解説していきます。

 

所得税の確定申告をする

ふるさと納税分の還付を受けるためには、確定申告をしましょう。

ふるさと納税は、サラリーマンの年末調整の対象外ですので自分で手続きをする必要があります。

確定申告無しの手続き(ワンストップ特例制度)もありますが、サラリーマンでも絶対に確定申告した方が良いです。確定申告のメリットは以下の通りです。

 

・圧倒的に税金に詳しくなり、興味も湧く

・手続き自体は意外と簡単

 

サラリーマンが税金に無頓着なことを良いことに、政府は源泉徴収という普通なら絶対に受け入れない方法で税金を徴収しています。そして、税の仕組みを分かりにくくすることで節税させないようにしています。

一度確定申告をして、税金がどのように徴収されているのかを学びましょう。

 

今回僕は2万円の寄付をしたのですが、所得税の還付金は1,800円程度でした・・・

 

あれ・・・・。もしかして、だまされている??

 

その年の所得税で戻ってくるのは、実は寄付金の一部だけです。当時の僕は一部しか還付されていない状況を受けて、上記状態になってしまいました。

  

残りの寄付金は翌年の住民税で戻ってくる

残りの寄付金は翌年の住民税で戻ってくるので安心してください。

住民税は通常6月頃に会社経由で送られてきます。中身を見ても良く分からないかと思いますが、以下に寄付金の還付金が出てきます。

 

・税額控除額⑤→市民税・県民税として払うべき費用を寄付金分控除している

 

ふるさと納税した人はこの「税額控除額⑤」の欄を見てみましょう。ここの数字分、払うべき税金が減っています(控除されています)。

尚、税額控除額⑤は、 ふるさと納税控除だけで無く、調整控除や住宅ローン控除なども含まれますのでふるさと納税の額とは一致しないと思います。

 

結論:安心してふるさと納税しましょう

2000円で色々な物が手に入る夢の制度であることが改めて確認できました。僕は昨年はびびって2万円に抑えたのですが、今年はぎりぎりまでふるさと納税したいと思います。

 

ふるさと納税したお金がどうやって戻ってくるのかを実際に学ぶことで、税金に少し詳しくなった気がします。これからもぼーっと、なされるがままに税金を納めるのでは無く、賢く節税していきたいと思います。

皆さまの節税・ふるさと納税ライフがうまくいくことを祈っています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました