株と元本保証債券の配当を受け取った感想【リスクを取るべき理由】

株と債券の配当比較投資の勉強
スポンサーリンク

    

こんにちは、コロスケです。

今日は株と債券のリターンについて解説します。

    

先日、日本の個別株と元本保証債券の配当・金利を受け取りました。

    

・SBI債(SBIホールディングスが発行する債券)

・日本SHL(日本の個別株)

   

この2つの配当・金利を受け取って色々思うことがあったので、まとめていきます。

   

・株と債券どっちを買うべきか迷っている

   

こんな疑問を持っている方に有益な情報を提供します。

   

スポンサーリンク

株と元本保証債券の配当を受け取った感想【リスクを取るべき理由】

時間とお金の比較

   

6月に株と債券の配当を受け取った僕の感想です。

   

・100万円の投資で、SBI債から1,714円の支払い

・17万円の投資で、日本SHLから2,869円の支払い

⇒やっぱり若い時はリスクを取って株を買うべき!

   

元本保証って安心出来ますよね。

僕は、なるべくリスクは避けたいと思っていたので、SBIの元本保証の債券を買っていました。

  

でも今回の結果を踏まえて「若い時はリスクをある程度取るべき」と肌で実感しました。

  

SBI債の利回りは0.342%(税引後)

僕が買ったSBI債は、2年後に元本が満額償還されます。

  

SBI債説明
【出典】第39回SBI債

   

利金として半年に一度、支払を受けることが出来ます。

  

SBI債利金・償還イメージ
【出典】第39回SBI債

  

銀行にお金を預けるよりは利回りが良いので、銀行に置いてあったお金で債券を買いました。

SBI債(39回)の利回りは、0.342%(税引後)です。

  

確かに預金よりは利回りが圧倒的に良いのですが、100万円預けて「半年に一度1,714円」をもらうのは物足りなさがあります。

   

   

日本SHLの配当利回りは3.3%(税引き後)

コロナショック時に「日本SHL」の株を購入しました。

17.2万円で購入し、配当利回りは3.3%(税引き後)です。

   

   

20年6月の配当は、2,869円でした。

3月に買うと、6月にすぐに配当が貰えるので嬉しいです。

  

やっぱり圧倒的に株の方がリターンが大きい

【株】17万円の投資⇒2,869円の配当

【元本保証】100万円の投資⇒1,714円の配当

   

株と元本保証の債券を比べると、圧倒的に株の方が資金効率が良いです。

同じお金でも得られるリターンが大きく異なってきます。

   

今回のケースでは、株の方が利回りが10倍にもなります。

   

今回の件で「リスクを負わないと、お金は手に入らない」というのが肌で分かりました。

    

但しリスク資産は元本割れリスクがある

じゃあ全部お金は株に突っ込めば良い!という訳では無さそうです。

僕自身、最初の頃投資で株式投資で大損したことがあります。

(現在も含み損継続中です)

   

【失敗談】初心者が安易に株式投資を始めると必ず失敗する理由を解説
株式投資の失敗事例を学んで自分の投資に役立てたいですか?この記事では新米投資家の著者が初めて投資した際の失敗談をまとめております。この記事を読むことで同じ失敗をしなくて済みます。株式投資の失敗事例を学びたい方はこの記事をご覧ください。

    

どのくらいのリスクがあるのか?

そのリスクを許容できるのか?

  

きちんとリスクをコントール出来ないと、リスク資産で大損する可能性があるので注意が必要です。

  

まとめ:やっぱり若い時はリスクを取って株を買うべき!

僕自身、今回のリターンの差を目の当たりにして、「やっぱりある程度リスクを取らないと、自分が期待するリターンは得られない」と気づきました。

  

もちろん元本割れリスクがありますが、リスクを抑える投資を実践していけば、リスクを抑えつつ、大きなリターンが期待出来ます。

   

これからは、リスクとも上手く付き合っていきたいと思います。

   

このブログ( Corosuke blog)では、僕が働く「資材・購買業務の紹介」や「日々の生産性向上による生活の質UP」「投資を通じた自己実現」などをまとめています。

   

良かったら、他の記事も読んでみて下さい。きっとあなたの役に立つ情報があると思います。

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました