人生でやりたいことリスト100選を叶える【自分の夢を可視化】

やりたいことエッセイ
スポンサーリンク

 

こんにちは、コロスケです。

今日は、自分の人生でやりたいことを可視化したいと思います。

 

人生あっという間だなぁ。30代ってホントに早い。

仕事・子育てで精一杯・・・。

 

僕は社会人になってから10年以上経ちますが、仕事ばかりの毎日だと、楽しい!と思ったりワクワクすることが少なくなってきています。

 

好きな事やれば良いじゃん!

 

と言われそうですが、10年以上毎日仕事を続けていたので、いきなりやりたい事と言われて正直思いつきません。

やりたいことも思いつかないし、毎日仕事だし、最近は子育てでも忙しいし・・・

 

と言い訳ばかりでした。

恐らくこうした「仕事が忙しい・・・」と言い訳して過ごすと、恐らく気が付いたときには60才くらいになっているんだと思います。

 

今回僕は、自分の中に眠った欲求(やりたいこと)を目覚めさせるために、過去やりたいなぁと思っていたことや、自分の価値観でやりたい!と思えることを一つずつ掘り起こす作業をしました。

 

色々整理していると、自分ってこんなにやりたいことがあったんだと気づかされます。

それは、平日仕事だから絶対に無理と諦めていたり、忙しくて無理そうと決めつけていたことでした。

また、たまに「やろうかな・・・」と思っても、日常に溶け込んで忘れてしまいます。

 

色々なブログでやりたいこと100というのは紹介されていますが、正直僕は自分のやりたいことを公開するのはただの自己満足だと思っていました。

ただ、やりたいことは頭からすぐに消え去ってしまうことが分かったので、他人のためでは無く、自分自身のためだけにこの記事を書くことにしました。

 

なので、想定読者は未来の自分をイメージしているので、読んでいる人は面白く無い内容だと思います。

ただ、平凡なサラリーマンがやりたいこと100を実践するとどうなるのか、実践していく過程でどんな変化があるのかという情報は提供できると思います。

今の日常があんまり面白く無い、平坦すぎると思っている方に少しでも有効な情報がお届けできればと思います。

 

スポンサーリンク

【19年8月】人生でやりたいことリスト100選を叶える【自分の夢を可視化】

やりたいこと

 

この記事を書いてみた感想は・・・

 

すっごいワクワクしました

 

あっ、自分ってこんなに実はやりたいことがあったんだ、やってみたら面白そうということが沢山ありました。

正直まだ100個思いつきませんでしたが、これからも頭にふと思い浮かんだやりたいことをアップデートしていきたいと思います。

また100個のやりたいことは毎年10個達成できても10年もかかります。

早い内に始めないと到底クリアできそうにないな、と思いました。

 

やりたいことリストをちょっとやってみようかな・・・と思っている方は、僕のように中途半端でも良いのですぐに始めてみる方が良いと思います!

それでは、一つずつ紹介していきます。

書き始めた日:2019年8月21日

 

1.囲碁のイベントを開きたい

必要な日数:イベントは1日だけど、イベント開ける立場に行くまで数年かかる

必要なお金:ゼロ~数万円程度?

課題:イベントを開ける立場になるために碁会所に通う必要がある

 

やりたいと思っている碁会所通いを再開したいと思います。

2.囲碁の有名人に会う

必要な日数:囲碁のイベントに参加すれば1日?

必要なお金:数万円程度

課題:囲碁のイベントを調べて参加する

 

ただ握手してもらうんじゃなくて、上記イベントを開く立場で囲碁有名人と会えるようになりたいと思っています。

 

3.伝統文化・工芸品に詳しくなりたい

 

ふわっと伝統文化・伝統工芸品を詳しく知りたいと思っていました。

多分知ることで、その文化の良さを知ったり、色々な人に紹介することも出来ると思うので広がりは大きいような気がします。

ただ、何をやりたいかもまだ決まっていませんし、やるからには結構時間がかかりそうなので、まずは方向性を決める必要がありますね。

 

4.バレーボールの試合がしたい

必要な日数:一日あれば出来るが、ちゃんと練習もしたい?

必要なお金:ゼロから数万円

課題:どこでバレーをするか

 

最近バレーのブログを書いていてバレーがしたくなりました。

今はチームに所属していないので、チームに所属するか実家に帰った時に昔のメンバーとやるかの2択になりそうです。いや両方でも良いのか。

チームに所属するためには、ネットでチーム募集を覗くのが早そうです。まずはそこからですね。

 

5.バレーのツーマンをする

これもバレーです。

経験者じゃないと分からないと思いますが、一言でいうとストイックな練習の事です。

コートに倒れるくらいまで動き回りたいなぁ、なんてドMみたいな発言ですね。でも楽しそうです。

 

6.フルマラソンを完走したい

必要な日数:数ヶ月

必要なお金:数万円

課題:練習時間の確保、気力の確保、大会への申し込み

 

じつはこれは会社の人に言われて、なんとなく一度申し込んで挫折(途中リタイア)した経験があるので、リベンジの意味で入れました。

ただ、適当にやっても同じ結果になりそうで二の足踏んでいます。

たぶん、先に申し込むのが良いんでしょうね。

それに合わせて毎週・毎日練習することを習慣化するのが良いと思っています。

 

7.家族で屋久島へ行きたい

 

僕が人生で一番楽しかった旅行なので、もう一度行きたいと思いました。

今はさすがに無理そうですが、今の内にエントリーしておきます。

 

8.富士山に登りたい

必要な日数:1日

必要なお金:数万円

課題:体力と装備

 

大学生の時に一度登ったのですが、軽装で行き、山頂で凍えそうになるというバカな経験をして山頂を楽しめなかったので、山頂をゆっくり眺めたいなと思っています。

体力づくりすれば、夏だけですが行けそうなイベントです。

 

9.本を出版したい

必要な日数:不明

必要なお金:不明

課題:まずは自分のブログのコンテンツを充実させることから

 

自費出版という手もあるんですが、とにかく本にしたい!というよりは、本を出せるくらい有益なコンテンツを生み出したいと思っています。

これは結構気長にやるしかないかなと思っています。ただ、どの分野で自分を伸ばすのかは早めに決めた方が良いかもしれません。

 

10.ブログを収益化したい(月千円)

千円の根拠はレンタルサーバー代くらいは早く稼ぎたいという意味です。

給与所得以外からの収入を得たい!というのは最近の一番強い願望の一つです。

とにかく記事を書きます。

 

11.ブログを収益化したい(月一万円)

一万円になると、家計の手助けになってくる額です。

理想は配当所得・ブログなどの副業で生活できる額を稼ぐことですが、大きい目標だとめげてしまうので、一万円目指していきます。

 

12.家族で小笠原諸島へ行きたい

必要な日数:1週間くらい?

必要なお金:15万~20万くらい?

課題:これも子どもがもう少し大きくなってからかな

 

小笠原諸島の自然は一度は体験してみたいです。

 

13.北海道一周旅行へ行く

必要な日数:10日くらい?

必要なお金:20万くらい?

課題:10日間の休みの取得、冬の一周は無理

 

これは自分の意志一つで行けそうです。(子どもはどうだろう?)

ただ1周自体が目的でも無いので、札幌や小樽以外の土地をゆっくり見れれば代替案でも良さそうです。

 

14.ハワイへ行く

必要な日数:10日くらいはいきたいな

必要なお金:30万くらい?

課題:10日間の休みの取得とお金の工面

 

これは家族で行きたいねと毎回話題に出る旅行先です。

子どもが長時間のフライトに耐えられるかだけが懸念点です。

 

15.沖縄の読谷物語という居酒屋へ行く

必要な日数:4,5日

必要なお金:15万くらい?

課題:居酒屋なので子どもがNG?

 

学生時代に2度行ったことがあり、二回とも最高の記憶だったので、もう一度是非行きたいななんて思っています。

その時は学生時代のメンバーと一緒だったので、もう一度そのメンバーで行ければ良いな。

 

16.行きつけのダーツバーを作る

必要な日数:数ヶ月

必要なお金:数万円

課題:通う時間が無さそう

 

一時期ダーツにはまっていて、行きつけのダーツバー欲しいなぁと思っていました。

最近全くやっていないので、たまにで良いので行こうかなと思っています。

 

17.ELLEGARDENのライブに行く

必要な日数:1日

必要なお金:数万円(チケット・交通費)

課題:チケットが取れるか、家族の理解

 

行きたい!と思っていたグループが復活したので行きたいなぁとぼんやり思っています。

実行に移さねばですね。

 

18.吉村屋(ラーメン屋さん)へ行く

必要な日数:1日

必要なお金:数万円(交通費)

課題:無し

 

一時期通っていた味ですが、今は転勤で遠くになってしまったので、懐かしい味になっています。もう一度食べに行きたいです。

 

19.中学の友達と旅行へ行く

必要な日数:2日

必要なお金:数万円

課題:スケジュール合わせること

 

みんな家庭があるので、旅行に行ってくれるかが微妙かもしれません。

もう少し子どもが大きくなってからかもしれないですが、きちんとエントリーしておきます。

 

20.高校の友達と旅行

同じです。

 

21.大学の友達と旅行

これも同じです。みんなの家族の理解が得られれば、えいやで行けそうですよね。

 

残りは作成中です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました