マッチング拠出はやるべきか?【メリット・デメリットを解説!】

マッチング拠出はやるべきか?【60才以降の老後重視ならおすすめ】投資の勉強
スポンサーリンク

      

この記事では、マッチング拠出をやるべきかどうかを解説しています

     

会社からマッチング拠出の案内がきたけど、加入すべき?

     

こんな疑問に答えます。

      

確定拠出年金をしている方は、マッチング拠出が可能です。

ですが、マッチング拠出をやるべきか良く分からない方も多いのでは無いでしょうか?

      

実際、いきなり自分の退職金を資産運用するのは、大変ですよね。

そこで本記事では、マッチング拠出をやるべきかを解説していきます。

     

尚、本記事を書いている著者は、実際にマッチング拠出を行っております。

また1,000万円以上を株式で運用しております。

自身の経験も踏まえて、わかりやすく解説していきます。

     

スポンサーリンク

マッチング拠出はやるべきか?【メリット・デメリットを解説!】

     

マッチング拠出をすべきかの判断基準は、以下のとおりです。

     

老後資金を貯める目的なら、マッチング拠出はしても良い!

・但し、まずは積立NISAが優先。NISA枠を使い切って尚お金余ったら検討。

     

確定拠出年金は、完全に老後資金用です。

そのため、老後資金を貯めたい!という方は、マッチング拠出するのもアリです。

    

一方で、まずは使い勝手の良い積立NISAが優先です。

NISA枠を使い切ってから、マッチング拠出を検討しましょう。

    

この結論に至った背景を、分かりやすく解説していきます。

      

【基本】マッチング拠出とは?

まずマッチング拠出の概要について、ご説明致します。

     

【出典】第一生命DCのトビラ_マッチング拠出とは?
【出典】第一生命DCのトビラ_マッチング拠出とは?

      

近年、会社から貰える退職金を自分で運用する制度が広がっています。

これを、「確定拠出年金制度」と言います。(企業型DCとも呼びます)

    

確定拠出年金の掛け金は企業が拠出しますが、僕たち個人が追加で拠出することができます。

(自分の給料から、追加で拠出をする)

これをマッチング拠出と呼びます。

    

マッチング拠出のメリット

マッチング拠出のメリットは、以下の2つです。

      

・60才以降の老後資金を増やせる(60才で貰える退職金が増える)

・マッチング拠出額は、所得控除の対象となる

      

会社から拠出する金額だけでは、老後資金が足りないケースがあります。

そういう場合は、マッチング拠出をすることで老後資金を増やす事ができます。

     

そしてマッチング拠出をした金額は、全額所得控除(小規模企業共済等掛金控除)の対象となります。

そのため、毎年支払う税金を安くすることができます。

    

年10万円マッチング拠出する場合、ざっくり毎年3万円くらい税金が安くなります

(きちんと計算したい方は、ろうきんのマッチング拠出節税シュミレーターを使ってみて下さい)

      

このように老後資金を効率的に運用することができるのが、マッチング拠出の最大のメリットです。

     

マッチング拠出のデメリット

マッチング拠出のデメリットは、以下の2つです。

      

・60才まで現金化できない(流動性リスク)

・税金が減る分、老後の年金額が減る

      

マッチング拠出は、60才まで現金化できないというデメリットがあります。

一度拠出すると、60才まで引き出せないので注意が必要です。

     

またマッチング拠出をすると、課税所得が減ります。

そのため、将来的に貰える年金額が減る点にも注意が必要です。

    

支払う税金が減っているので、トータルで見るとお得なのは間違いないです。

ですが、老後にもらえる年金額が減る点は理解しておきましょう。

       

マッチング拠出をやるべき人とは?

以上のメリット・デメリットを踏まえて、マッチング拠出をすべき人の内容をまとめます。

      

マッチング拠出をやるべき人

節税しながら老後資金を貯めたい方

・60才まで使う予定の無い余剰資金がある方

     

マッチング拠出は、老後資金を貯める目的の制度です。

老後資金を効率的に貯めたい(運用したい)方に、オススメできます。

        

また60才以降まで使う予定の無いお金がある方も、マッチング拠出はおすすめです。

税金を減らしながら資産運用が可能です。

     

マッチング拠出をやるべきでない人とは?

一方でマッチング拠出をしない方が良いケースもあります。

     

・60才まで現金化できないリスクを取れない人(子どもの大学費用を用意できないなど)

・老後よりも今を充実させたい人

    

マッチング拠出の最大のデメリットは、60才まで現金化出来ない所にあります。

60才前にも、子どもの大学費用など大きな支出イベントがあります。

    

      

確定拠出年金にお金を入れていると、どんなにお金が必要でも60才になるまで現金化出来ません。

60才までに必要な費用が賄えない人は、マッチング拠出はしないほうが無難です。

     

またマッチング拠出は、老後を豊かにするために行います。

ですが、どこまで老後に備えるべきかは、個人の考え方によって異なります。

    

日本人は、老後の事を気にしすぎる側面があります。

老後の事を考えすぎて、死ぬ時に一番お金を持っていても意味がありません。

    

現在と老後、両方のバランスを考える視点も大切です。

     

まずは積立NISAが優先【マッチング拠出はその後】

マッチング拠出を考える前にやるべき事があります。

積立NISAをやっていない方は、まずは積立NISAから始めましょう。

     

積立NISAには、以下の特徴があります。

     

・年40万円×20年=800万円の積立投資が可能

運用益が非課税

いつでも売却(現金化)が可能

    

確定拠出年金のように、税制の優遇はありません。

ですが、いつでも現金化が可能なので使い勝手が良いです。

    

そのため、まずは積立NISAで運用をしてみるのがオススメです。

その上で、60才まで使わない余剰資金がある方はマッチング拠出をしてみましょう!

     

まとめ:マッチング拠出はやるべき?

マッチング拠出をやるべきかの纏めです。

     

老後資金を貯める目的なら、マッチング拠出はしても良い!

・但し、まずは積立NISAが優先。NISA枠を使い切って尚お金余ったら検討。

     

マッチング拠出は、60才以降の老後資金を増やす制度です。

老後重視の方は、検討の余地があります!

    

一方で、まずは使い勝手の良い積立NISAが優先です。

積立NISAを満額使い切ってなお余剰資金がある方は、マッチング拠出を考えてみましょう!

   

尚本記事は、マッチング拠出に関する意見を纏めたものです。

投資を推奨するものでは、ありませんのでご注意下さい!

     

     

    

コメント

タイトルとURLをコピーしました