【定時退社は気まずい?】抵抗ゼロで定時退社できるコツを解説

定時退社は気まずい?生産性向上
スポンサーリンク

 

こんにちは、コロスケです。

今日は、定時退社について解説していきます。

 

「よし、今日は定時で帰れる!」と思っても、周りの雰囲気に飲まれて、意味も無く残業をしてしまったことはありませんか?

 

日本の職場は、同調圧力がものすごいので、一人だけ颯爽と帰ることは、なかなか出来ません。

でも、僕は会社に勤めて10年以上経ちますが、現在定時退社を6年以上継続しています。

 

もちろん最初の頃や環境が変わった時は、「帰りずらいな・・・」と思ったこともあります。

でもやり方さえ工夫すれば、定時退社するときの気まずさは解消することが出来ます。

 

・定時で帰りたいけど、気まずくて帰れないよ・・・

・定時で帰るためのコツを知りたい

 

これら定時退社の気まずさを解消する方法を詳しく解説していきます。

 

スポンサーリンク

【定時退社は気まずい?】抵抗ゼロで定時退社できるコツを解説

 

定時退社が気まずい人が、定時退社できるようになるコツは以下の通りです。

 

・定時で帰らなきゃいけない理由を作る

・定時内は一生懸命仕事をする

・嫌われる勇気という本を読む

・2か月間、定時退社を継続すると、気まずさはゼロになります

 

定時帰りの気まずさを解消するには、コツがあります。

今回は、定時帰宅を6年間続けている僕が実践している、定時帰りのコツを詳しく解説していきます。

 

定時で帰らなきゃいけない理由を作る

仕事が忙しい人も、定時後に何か予定があれば、みんな定時で帰っていると思います。

 

定時後に、周りの人が忙しくしていても「私は定時後予定がありますので」と言えれば、かなり帰りやすくなりますよね。

なので、定時帰りの気まずさを無くすために、「定時で帰る理由」を作りましょう

 

でも定時で帰っても特に何もしない場合はどうれば良いの?

 

定時で帰る理由が無い人は、理由を作ればOKです。

 

定時で帰りやすくなる理由

・育児

・親の介護

・家庭の仕事(晩御飯を作る、買い物など)

・習い事、試験勉強

 

正直、理由は何でも良いです。

最悪、バレなければウソでも構いません。

とりあえず、周りと自分が納得できるような理由をこしらえましょう。

 

そして大事なことは、「自分が納得できる」ことです。

「こんな理由じゃ弱いかな・・・?」と思ってしまっては、定時では帰れません。

 

もし、強い理由が欲しければ、何か習い事など定時後の予定をいれましょう。

スクールなどにお金を払うと、欠席しずらくなるので、定時退社の大きな理由にできます。

 

定時内、仕事で会社に貢献する

定時で帰って、ひんしゅくを買う人と、そうでない人の違いは何でしょうか?

それは、定時内に仕事を頑張っているかどうかです。

 

定時内に頑張っている人 ⇒ 一生懸命頑張って定時内に仕事を終わらせた

定時内に頑張っていない人 ⇒ 仕事を疎かにして帰宅した

 

やっぱり定時で帰って良いのは、仕事を終わらせた人です。

定時で帰りたければ、まずは定時内は仕事を一生懸命頑張りましょう。

 

仕事が終わった!と自信を持っていえるのであれば、定時で帰ることに何の抵抗もありません。

仕事が終わっていなくて、定時帰りが気まずい人は、まずは仕事が出来る人間になりましょう。

 

以下の記事で、定時内に仕事を終わらせるコツを書いていますので参考にしてみて下さい。

 

 

定時退社キャラを確立する

定時退社キャラって、あなたの職場にいませんか?

「あいつは定時退社キャラだな」っていう人は、どの職場にも1人くらいはいると思います。

 

そういう定時退社キャラの人は、どうやってその地位を確立したのでしょうか?

答えは単純で、定時キャラの人は、定時帰りを継続しただけです。

 

定時退社キャラは、定時退社を2か月毎日続ければ獲得できます。

 

定時退社キャラになりたければ、とにかく定時退社を頑張って継続しましょう。

2か月頑張れば、周りの人の印象を書き変えることが出来ます。

 

最初の頃は、習い事や試験勉強など理由をつけて定時で帰りやすくしましょう。

定時帰りを2か月間継続出来れば、その時あなたは定時で帰ることに何の抵抗も無くなっているはずです。

 

定時退社キャラの人は、定時で帰ることが当たり前だと思っています。

そして周りの人も「あいつは定時キャラだし、仕方ない」となります。

 

①最初は理由をつけて帰りやすくする

②それを2か月継続する

⇒2か月後は、定時帰りの気まずさがゼロに!

 

「嫌われる勇気」を読む

定時帰りで気まずさを感じる人は、職場の人たちの目が気になっているんだと思います。

「あとで文句言われたらどうしよう・・・」と思いがちです。

 

でも、いくら周りの目を気にして残業しても意味ありません。

周囲に忖度しても、永久に定時で帰れるようにはなりません。

 

むしろ残業キャラが定着してしまい、より定時で帰りづらくなります。

 

気まずさを解消するために大事なことは、「他人の目を気にしない」ことです。

自分が仕事を終えたという自信さえあれば、他人の目を気にする必要はありません。

 

どんなに頑張っても、他人の行動や考え方は変えることが出来ません。

他人に期待するのは、ムダです。

相手の人生を生きるのではなく、自分の人生を生きましょう。

 

周りの目を気にしてしまう人には、嫌われる勇気という本がおすすめです。

ベストセラーである「嫌われる勇気」は、定時で帰れない人に役に立つ考え方を学べます。

 

 

環境が変わったタイミングでキャラ変する

上司や職場があまりにもひどい場合は、先ほどまでの対策を講じても、定時で帰れない人もいるかもしれません。

特に残業キャラが定着してしまうと、定時後に予定を入れられたりするので、定時帰りが難しくなります。

 

そういう方におすすめなのが、環境を変えることです。

環境が変わったタイミングで、心機一転、定時キャラを確立させましょう。

 

環境が変わるタイミングは以下の通りです。

 

・上司が異動する

・自分が異動・転勤する

・結婚した

・子どもが生まれる

・転職する

 

新しい自分に生まれ変わるなら、環境を変えるのがおすすめです。

現状の環境でも、もちろん定時帰りは可能ですが、新しい環境の方がやりやすいことは事実です。

 

環境が変わらない場合は、転職という方法で環境を変えていきましょう。

今は売り手市場なので、転職で環境を大きく変えやすいです。

 

今の職場に希望が持てない場合は、定時帰りが出来る環境をつかみ取りましょう。

 

転職成功の秘訣は【非公開求人】にあった!/DODAエージェントサービス

 

僕もDODAに登録していますが、エージェントが条件に合った会社を提案してくれます。

 

まとめ

定時帰りのきまずさを解消する方法は以下の通りです。

 

・定時で帰る理由を作る

・2か月間定時帰りを続けて、定時退社キャラを確立

・嫌われる勇気を読む

・環境が変わるタイミングを狙う

 

上記内容を実践すれば、定時退社キャラを確立することが出来ます。

 

日が沈む前に会社を脱出する経験をすると、人生が変わります。

一緒に定時で帰りましょう!

 

このブログ( Corosuke blog)では、僕が働く「資材・購買業務の紹介」や「日々の生産性向上による生活の質UP」「投資を通じた自己実現」などをまとめています。

良かったら、他の記事も読んでみて下さい。きっとあなたの役に立つ情報があると思います。

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました