【名著】20代で必ず読むべきお金の本【おすすめ5選を解説】

【名著】20代で必ず読むべきお金の本【おすすめ5選を解説】
スポンサーリンク

     

この記事では、20代で読むべきおすすめの「お金の本」を5つ紹介しています

      

お金に関する本を読んでみたいけど、オススメは何かな?

     

こんな疑問に答える記事です。

     

社会人になると否応なく、お金の問題と向き合わなくてはなりません。

でも僕たちは、今までお金の事を勉強した事がありません。

そのため、自己流・何となくのやり方でお金と向き合っているのでは無いでしょうか?

    

その結果、いつまで経ってもお金が貯まらない人が多いです。

     

でも実際は、少し本を読んで勉強するだけで、お金の知識は身につけられます。

どんな勉強よりも、お金の本はコスパが良いです。

     

この記事では、「お金の名著」を5冊紹介していきます。

    

世の中には、お金に関する本が山程存在します。

その中でも読みやすくて勉強になる本を「5冊」厳選しました。

この本を読めば、お金の知識は上位10%のレベルになることを約束します!

     

スポンサーリンク

【名著】20代で必ず読むべきお金の本【おすすめ5選を解説】

本

    

20代で読むべきお金の名著5選を「役に立つ」「読みやすさ」の2つの視点でランク付けしました。

     

ランクAmazon
1位バビロンの大富豪
2位本当の自由を手に入れる お金の大学
3位金持ち父さん 貧乏父さん
4位隣の億万長者
5位マネーという名の犬

     

お金の基礎知識を知りたい方は、まずは上記5冊の本を読みましょう。

いずれもAmazonレビューが高い名著です。

   

僕自身もこの本を読んで、お金の勉強をしました。

以降では、5冊の本の概要とオススメの理由を詳しく解説していきます。

      

【名著1】バビロンの大富豪

おすすめの理由!

・物語形式で読みやすい!

・お金持ちになるための具体的なステップを理解できる!

・お金持ちの考え方の基礎が学べる!

     

バビロンの大富豪は、発刊から80年以上が経ちますが、未だに売れ続けるお金の本のバイブルです。

    

お金持ちになる最初のステップは、収入の範囲内に暮らす事です。

この本では、収入の10分の1を貯蓄として貯める事が勧められています

そして貯めたお金に働いてもらう事の重要性を説いています。

    

このように、貧乏人→お金持ちになるための「ゼロからのステップ」が分かりやすく書かれています。

バビロンの大富豪を読むことで、お金持ちのマインドを手に入れられます。

     

また、この本は平易で読みやすいのも特徴です。

物語形式なので、主人公の人物に感情移入しながら読み進めることができます。

    

更に、マンガ版もあります。

活字は苦手!という方は、マンガ版のバビロンの大富豪を読みましょう!

    

     

【名著2】本当の自由を手に入れる お金の大学

おすすめの理由!

・お金を増やす具体的な方法が書かれている!

・経済的な自由を理解できる!

・対話形式になっているので、活字が苦手な方でも読みやすい!

     

お金の大学は、Youtuberの両学長が書かれた本です。

発売から1年で「65万部」以上も売れた超バカ売れ本です。

      

お金の大学では、お金を貯める具体的な方法が書かれています。

保険代・スマホ代など、支出を最適化する「超具体的な」方法が書かれています。

   

この方法を実践するだけで、誰でも年間の支出を何十万円も節約することができます

僕もこの本の内容を実践することで、支出を大きく減らす事ができました。

    

また経済的自由を得て「働かない自由を得る方法」も書かれています。

この本を読めば、副業・投資などの具体的なやり方を理解することができます。

     

更に本も対話形式なので、誰でも簡単に読めます

お子さんの金融教育にも最適です!

     

     

【名著3】金持ち父さん 貧乏父さん

おすすめの理由!

・僕たちの間違った金融知識を壊してくれる!

・お金持ちの考え方が凝縮されている!

・事業家、投資家になる事の重要性が分かる

    

金持ち父さん貧乏父さんは、ロバートキヨサキ氏が書いた大ベストセラー商品です。

お金持ちと貧乏人の考え方を対比することで、お金持ちマインドを分かりやすく説明してくれます。

     

いくら働いても永遠に豊かにならないサラリーマンの生活を「ラットレース」として批判しています。

(同じ所をクルクル回るネズミの表現)

    

また、新築一軒家を買う日本人の夢を「絶対にやってはダメな事」と説明するなど、僕たち貧乏人の間違った認識を改めてくれます。

     

「負債と資産の違いを理解する」「お金に働いてもらう」

この考えを理解できる名著です。

   

僕も以前は「新築一軒家を買いたい」と思っていましたが、今では完全に賃貸派に鞍替えするなど、大きく影響を受けている本です。

    

またロバート・キヨサキ氏の他の本も勉強になるので、読んだことが無い方はぜひ読んでみて下さい。

     

      

【名著4】隣の億万長者

おすすめの理由!

・お金持ちの条件が分かる!

・普通の人でもお金持ちになれる事が分かる!

     

お金持ちと聞くと、どんなイメージを持ちますか?

派手な車を乗り回し、豪邸に住んでいるイメージでしょうか?

   

実は、お金持ちはそういうイメージとはかけ離れた存在だということが明らかになっています。

お金持ちになる人は、実は地味な生活をしている事が多いんです。

    

この本を読むと、「見栄のための支出」がお金持ちとは縁遠い行動だと分かります。

本業に精を出し、支出をコントロールすることが億万長者の道です。

    

この本を読んで、お金持ちのイメージを一新しましょう!

      

【名著5】マネーという名の犬

おすすめの理由!

・「お金は汚い」という間違った考えを直してくれる!

・読後の行動も促してくれる!

物語形式で、子どもでも読める本!

      

マネーという名の犬を読むと、お金は汚いという間違えを正してくれます。

お金は中立で、お金があると色々な事ができる事実を再認識させられます。

     

お金は人生で一番大切なものじゃないかもしれない。でも何もかもうまくいかないとき、お金はすごい大切

【出典】マネーという名の犬

      

またマネーという名の犬では、行動の大切さも説いています。

本を読むだけで満足してしまい、行動に移さない人が本当に多いです。

ですが、行動しないと何も変わりません。

   

お金の事を勉強したあとは、お金を増やす行動を取りましょう!

     

やろうときめたことは72時間以内にやること。72時間以内にやらなかったら、きっと二度とやらないから。

【出典】マネーという名の犬

     

この本は、物語形式で文章も平易です。

小学校高学年の方でも読めるので、子どもの最初の金融教育にもオススメです。

      

お金をもっと増やしたい!【株式投資のオススメ本】

お金の本を読んで勉強をすると、近い内に「投資」の重要性にも気が付きます。

でも株式投資って、なんだか損しそうで怖いですよね。

   

そこで、お金を増やすための投資を学びたい方に、役立つ記事・本を以下にまとめています。

「お金を増やす」時に必ず役立つので、ぜひご覧下さい。

     

      

        

まとめ:20代の早い内にお金の本を読んでおこう!

本記事のまとめです。

    

ランクAmazon
1位バビロンの大富豪
2位本当の自由を手に入れる お金の大学
3位金持ち父さん 貧乏父さん
4位隣の億万長者
5位マネーという名の犬

     

上記5冊は、どれも僕自身が読んで実践している本です。

数ある本の中でも、自信を持っておすすめできる名著です。

   

そして、お金の勉強は早めに行う事が大切です。

どれも読みやすい本ばかりなので、読んだ事が無い方は今すぐ読んでみましょう!

       

コメント

タイトルとURLをコピーしました