あなたが嫌な会社を辞められない本当の理由【自由は重すぎる】

あなたが嫌な会社を辞められない本当の理由【自由は重すぎる】エッセイ
スポンサーリンク

      

こんにちは、コロスケ( Corosuke blog)です。

この記事では、あなたが会社を辞められない理由を解説していきます。

       

早く会社を辞めたいけど、辞められない・・・

       

「会社を辞めたい」と毎日思っていませんか?

会社を辞めたいのに辞められないのは、本当にしんどいですよね。

     

でも何故、あなたは会社を辞められないのでしょうか?

収入を得られなくなるのも一つの理由ですが、それが本質ではありません。

     

会社を辞められない本当の理由を知らないと、苦しい状況がずっと続きます。

でもこの記事を読む事で、あなたが会社を辞められない本当の理由を理解できます。

      

「会社を辞めたいけど辞められない」という負のループに苦しんでいる方は、この記事を最後までご覧下さい。

         

スポンサーリンク

あなたが嫌な会社を辞められない本当の理由【自由は重すぎる】

        

最初に結論を述べます。

あなたが会社を辞められない理由は、以下の通りです。

       

・会社を辞める事に伴う「孤独・不安・責任の重さ」に耐えられないから

         

会社から自由になるという事は、孤独・不安・責任を引き受ける事と同義です。

あなたは、自由の重さに耐えられず、嫌な会社なのに辞めるという決断が出来ないのです。

     

以降では、あなたが会社を辞められない理由を深掘りしていきます。

       

         

自由とは「孤独」

退職することで、あなたは会社から自由になります。

月曜日の朝に、嫌々会社に行く必要もありません。

     

会社に行かなくても、上司から電話・メールされる事も無いです。

月曜の朝からお酒飲んだり、旅行に行く事もできます。

      

会社を辞めることで、あなたは自由を手にすることができます。

ですが、それと同時に「孤独感」を感じるようになります。

      

今まで所属していた組織から離れる事で、あなたは「○○会社の○○さん」という肩書を失います。

自分の拠り所となる組織を失う事で、帰属意識を得られなくなります

       

例えば、定年退職して自由を得た60才の人を想像してみて下さい。

これから自由に振る舞えるのに、会社を辞めた後、誰とも交流できず孤独になってしまう人が多いです。

      

映画「ショーシャンクの空に」に登場したブルックスは、釈放され自由の身になりました。

しかし、監獄の中での役割を失い、たった1人で生きていく事に耐えられませんでした。

      

【出典】Quora_ショーシャンクの空に_釈放後のブルックス
【出典】Quora_ショーシャンクの空に_釈放後のブルックス(外の世界に不安を感じている)

         

このように自由には、孤独が付きまといます。

心理学者であるエーリッヒ・フロムは、自由と孤独の関係性を指摘しています。

著書「自由からの逃走」で、人は孤独に耐えられず敢えて自由を捨ててしまうと述べています。

      

     

つまり嫌な会社を辞められないのは、会社という組織から離れる事よって生じる「孤独感」に耐えられないからなんです。

    

その気になれば、物理的にはいつでも会社は辞められます(辞表一枚出すだけ)。

でも僕たちは、組織から離れ自分一人で生きていく決断ができません。

だから嫌な会社であっても、辞めることができないのです。

         

自由とは「不安」

会社を辞めて自由な生活を送ると、人生の選択肢が広がります。

外国に行く事もできるし、今までとは全く違う生き方をすることも可能です。

     

ですが、自由な生き方は不安感を生じさせます。

自由とは、選択肢が無限大に存在する事を意味します。

     

実は人間は、選択肢が多すぎると「不安・ストレス」を感じます。

これは、シーナ・アイエンガー教授が行った「ジャムの実験」で証明されています。

      

       

6種類のジャムを並べたお店Aと、24種類のジャムを並べたお店Bで、売上を比較しました。

すると、6種類のジャムを並べたお店Aの方が売上が多い事がわかりました。

選択肢が多すぎると、人は決断ができなくなります。

      

        

このように、人は選択肢が多すぎる事に不安感・ストレスを感じる事が分かっています。

明日から会社を辞めて自由に振る舞って良いと言われると、選択肢が多すぎて呆然自失としてしまいます。

       

加えて自由な状況は、将来を見通す事が困難になります。

今日海外に行った人が、1年後何をしているか想像するのは難しいですよね。

     

人は、不確実な未来にも不安・ストレスを感じやすいです。

確かに1年後の収入が見通せないと、すごい不安になりますよね。

      

「自由になっても、将来どうなるか分からない」

このように将来への不安があると、会社の方がまだマシと考えるようになります。

      

・働いていれば、一定の収入が得られる

・1年後どんな仕事をしているか予想できる

嫌な仕事だけど、自由に伴う不安感よりはマシ

       

仕事を辞めたいのに辞められない背景には、こうした自由に伴う不安があるのです。

    

自由には「責任」が伴う

会社を辞めると、選択の自由が生まれます。

その一方で、自由には「責任」が付きまといます。

     

会社に勤めていれば、会社があなたの人生を決めてくれます。

今日やるべき事は、上司が決めてくれます。

何をするか迷う必要すらありません。

    

更に勤務地・老後のための退職金など、人生設計すら会社が方向性を示してくれます。

人生設計も、あなたは何の決断もする必要がありません。

     

しかし会社を辞めると、あなたの人生の面倒は誰も見てくれません。

次にどこで働くか、今日何すべきかを自分自身が全て決める必要があります。

    

もし自分で決めた結果、失敗したとしても誰も助けてくれません。

(セーフティネットである公的保障も、自分で申請しない限り援助してくれません)

     

全ての責任が自分になる「自己責任の社会では生きていけない」と考える人は多いです。

    

このように、自由には責任が伴います。

自由の責任の重さに耐えられない人は、不満を抱えながらも会社生活を続けるしか無いのです。

     

孤独・不安・責任の重さに耐えられず自由を手放す

会社で働くあなたは、色々と会社に不満を抱えています。

でも、どうして会社を辞めないのか?

それは、自由に伴う「孤独・不安・責任の重さ」に耐えられないからです。

     

「人は自由になれる」と安易に考える人は、自由の重さを知りません。

実際に「自由を選ぶか=退職するか」「不自由を選ぶか=嫌な会社で働くか」の二択を突きつけられると、多くの人は「不自由」を選びます

      

・社会的肩書(上場一部○○会社に勤める課長の○○さん)

・安定的な収入(1年後も収入が見通せる)

・会社にいれば、組織に所属し、自分の仕事を与えられる(居場所がある)

     

こうした「安定・帰属感」を得るために、僕たちは不自由であることを選んでいるのです。

     

多くの人は「収入がなくなるから辞められない」と考えていますが、それは考えが浅いです。

収入が無くなる事だけでなく、社会的な繋がりが絶たれる事、自己責任の世界に身を投じる事が怖いのです。

       

会社を辞められない事を周りのせいにしない

自由は、決して楽しいものではありません。

孤独・不安・責任がついて回ります。

      

多くの人が、職場が悪い!上司が悪い!と「周りの環境のせい」にしています。

ですが、問題なのは周囲ではなく、自由に耐えられないあなた自身の心にあります。

      

周りのせいにしても、事態は改善しません。

それどころか、自分では何も解決出来ないという無力感を増長します。

    

その結果「辞めたいけど辞められない」という負の感情に心を支配されます。

そして、自分を偽って働き続けると、いつか心を病みます

       

【イラスト】会社を辞めたいのに辞められない人_答えの出ない負のループ
【イラスト】会社を辞めたいのに辞められない人_答えの出ない負のループ※著者作成

        

この状態に陥っている人は、まずは自分は「会社を辞めるリスクが負えないから、自分の意思で会社を続けることを選んだ」という事実を認める必要があります。

       

「退職に伴う責任は取れないけど、今の職場も満足できない」

このような矛盾した思考を捨てましょう。

    

あなたは、会社を辞めるリスクと続ける事を天秤にかけて、会社を続ける事を選択しています。

今の環境を受け入れる事が、負のループから脱出する第一歩です。

         

大丈夫です。

僕も含めて、多くの人が会社を続ける事を選んでいます。

認める事は恥でも無いですし、それが環境を変える第一歩となります。

       

まとめ:あなたが会社を辞められない本当の理由

あなたが嫌な会社で働き続ける理由まとめです。

      

・会社を辞める事に伴う「孤独・不安・責任の重さ」に耐えられないから

       

僕は会社に入って数年間、会社を辞めたいのに辞められない状態に陥っていました。

今回その負の感情を分析、言語化してみました。

     

多くの人が、仕事に行きたくなくて悩んでいますが、どうしてこんな事になっているのか理解できずにいます。

この記事が、会社を辞められない人の心の理解になれば幸いです。

    

最後まで読んでくれてありがとうございました。

      

\自由に伴う孤独・不安・責任を消す方法/

           

\会社を仮病で休んだ時のアドバイス/

コメント

タイトルとURLをコピーしました