【米国】S&P500指数の買い方3選を解説【おすすめは投信です】

【米国】S&P500指数の買い方3選を解説【おすすめは投信です】投資の勉強
スポンサーリンク

      

この記事では「S&P500の買い方」を紹介していきます。

       

アメリカのS&P500を買いたいけど、どうやって買えば良いの?

     

こんな疑問に答えます。

    

近年、アメリカ市場への投資をする方が増えてきております。

アメリカは、株価が長期的に右肩上がりなので大きなリターンが期待できます。

    

そしてアメリカ市場へ投資する場合は、指数に連動するインデックス投資がおすすめです。

その中でも、アメリカの大企業500社に分散投資できる「S&P500指数」は特に人気です。

    

でも「S&P500指数を買う方法は3つある」ってご存知でしたか?

実は3つ買い方には、それぞれ特徴があります。

せっかく買うなら、自分に合った適切な方法で買いたいですよね。

    

そこで本記事では「S&P500指数」の買い方を詳しく解説していきます。

これから投資を始める方に、役立つ情報をお届けします。

      

スポンサーリンク

【米国】S&P500指数の買い方3選を解説【おすすめは投信です】

株価チャート

        

S&P500指数の買い方を3つ紹介致します。

     

①日本市場に上場しているS&P500連動ETFを購入する

②米国市場に上場しているS&P500連動ETFを購入する

③S&P500と連動する投資信託を購入する

→結論:③投資信託(eMAXIS Slim米国株式(S&P500)がおすすめです)

     

■3つの買い方の特徴まとめ

 配当金NISA枠積立NISA定期積立買付通貨
日本市場ETFあり使える不可不可
米国市場ETFあり使える不可一部可円・ドル
投資信託なし不可使える

    

こんな感じで、S&P500の買い方は3通りあり、それぞれに特徴があります。

     

全然意味不明だよ・・・

    

大丈夫です。

これから分かりやすく解説していきます。

最後まで読むのが面倒な方は、投資信託:eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」がおすすめと覚えて貰えればOKです。

     

【事前知識】そもそも投資信託・ETFとは?

まず、投資信託とETF(Exchange Traded Fund:上場投資信託) についてご説明します。

          

【イラスト】投資信託とETFの説明※著者作成
【イラスト】投資信託とETFの説明※著者作成

      

投資信託とは、投資のプロにお金を預けて運用してもらう事を意味します。

そしてETFは、投資信託の中でも株式市場に上場している投資信託です。

     

通常投資信託は、1日1回決まったタイミングでのみ売り買いが可能です。

ですが株式市場に上場しているETFなら、株式市場が開いているタイミングならいつでも売買が可能です。

     

つまり「日本市場に上場しているS&P500連動ETF」とは、普通の株と同じように買えるS&P500指数という事です。

     

①日本市場に上場しているS&P500連動ETFを購入する

S&P500を買う1つ目は、「日本市場のETF」を買うという方法です。

日本市場に上場しているS&P500連動ETFの特徴は、以下の4つです。

     

分配金が受け取れる

NISA枠が使える、積立NISA枠は使えない

・定期買付はできない

・日本円で購入が可能

      

①日本市場ETFは、3つの中でも一番マイナーです。

日本円で買いたい&分配金(配当と同じ意味)が欲しい方のみ、検討の価値がありそうです。

    

日本市場ETF【具体的なおすすめ銘柄と買い方】

日本市場ETFでS&P500を買うなら、MAXIS米国株式(S&P500)上場投信がオススメです。

番号は「2558」です。

     

2558:MAXIS米国株式(S&P500)上場投信

経費率:年率0.0858%

純資産総額263.19億円

公式サイト(目論見書)はこちら

    

具体的な買い方を、SBI証券でご説明します。

まず公式サイトの「国内株式」のタブを押します。

そして検索欄に「2558」と入力して、検索します。

      

【出典】SBI証券公式サイト_国内株式画面
【出典】SBI証券公式サイト_国内株式画面

      

すると、MAXIS米国株式(S&P500)上場投信の画面が出てきます。

そこにある「現物買」のボタンを押します。

     

【出典】SBI証券公式サイト_2558
【出典】SBI証券公式サイト_2558

      

すると注文画面が出てくるので、ここで注文内容を決めます。

   

【出典】SBI証券公式サイト_2558注文画面
【出典】SBI証券公式サイト_2558注文画面

    

2558は、1株単位で購入が可能です。

株単位での購入が必要なので、「1.5万円×株数」での購入となります。

     

価格は「成行」でOKです。

(成行とは、その時の市場単価で自動的に購入する事です)

    

預かり区分は、NISA枠を使いたい方は「NISA預り」。

それ以外の方は、「特定預り」を選択しましょう。

    

最後に注文確認画面が出てくるので、内容を確認して注文すれば完了です。

     

②米国市場に上場しているS&P500連動ETFを購入する

次は、米国市場に上場しているS&P500連動ETFを購入する方法です。

その言葉の通り、日本では無く米国市場に上場しているETFを購入します。

      

米国市場のETFの特徴は、以下のとおりです。

     

・分配金を受け取れる

経費が最安

・NISA枠が使える、積立NISA枠は使えない

・外貨購入が可能(SBI証券の場合外貨購入がおすすめ)

SBI証券なら自動定期買付が可能(楽天証券では不可)

買付手数料に0.45%の手数料がかかる(NISA枠活用でゼロにできる)

      

米国ETFでおすすめなのが、Vanguard S&P 500 ETF(VOO)です。

    

Vanguard S&P 500 ETF(VOO)

経費率:年率0.03%

ETF total net assets $246,962 million

公式サイト(目論見書)はこちら

      

VOOの一番の特徴は「経費が最も安い」点にあります。

経費率が、0.03%とびっくりする安さです。

大金を運用する・経費にこだわりたい方は、VOOがおすすめです。

      

また米国市場のETFなので、米ドルで購入する事が可能です。

SBI証券の場合は、外貨購入がおすすめです(スプレッドを抑えられる)

(楽天証券の場合は、外貨でも円貨でもスプレッドは同じです)

    

1点だけ注意があります。

米国ETFを買う時は、買付時に0.45%の手数料がかかります。

それなりの手数料なので、できれば買う時はNISA枠を使う事をおすすめします。

      

具体的な購入方法(SBI証券)は、以下の記事をご覧下さい。

     

米国ETFの定期買付方法を解説【メリット・デメリット・手数料】
米国ETFの定期買付の方法を知りたいですか?この記事ではSBI証券で米国ETFの定期買付をしている著者が具体的な定期買付の方法を詳しくまとめています。また定期買付のメリット・デメリットもまとめています。米国ETFの定期買付をしたい方はこの記事をご覧下さい。

       

③S&P500と連動する投資信託を購入する

最後が「S&P500と連動する投資信託」を買う方法です。

指数に連動する投資信託を「インデックスファンド」と呼びます。

     

投資信託の特徴は、以下の4つです。

       

・分配金は受け取れない

・積立NISA枠が使える、NISA枠は使えない

・定期買付ができる(毎日投資も可能)

・100円単位の少額から購入可能

    

上記特徴から、投資信託は「初心者向き」の買い方と言えます。

一度設定してしまえば、あとは放置しておけば自動で資産形成してくれます。

    

個人的には、どの買い方にすべきか迷ったら「③投資信託」をオススメしています。

(僕も毎月購入しています)

     

S&P500投資信託【具体的なおすすめ銘柄と買い方】

S&P500連動の投資信託は、沢山世の中に存在します。

その中でも「これを買っておけば間違いない!」という投資信託はこちらです。

      

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

経費率:年率0.0968%

資産額:3,960億円

公式サイト(目論見書)はこちらから

     

今まで投資信託は、ETFと比べて手数料が高いのが課題でした。

ですが近年は手数料が安くなっており、ETFと遜色のないレベルになってきました。

     

eMAXIS Slimシリーズは、最安の手数料を目指す投資信託です。

資産額の増加に伴い、手数料が安くなる可能性があるのが嬉しいです。

    

そして、資産額も日本トップクラスの優良投資信託です。

(僕も毎月購入しています)

     

次に、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の買い方を紹介します。(SBI証券のケース)

   

まずSBI証券公式サイトから、「投信」タブをクリックします。

そして投資信託を探すで「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」を入力し検索します。

(人気ランキングにも出ています)

    

【出典】SBI証券公式サイト_投資信託画面
【出典】SBI証券公式サイト_投資信託画面

      

すると買付画面が出てきます。

積立NISAの方は、「つみたてNISA買付」。

それ以外の方は「積立買付」ボタンを押します。

     

【出典】SBI証券公式サイト_eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
【出典】SBI証券公式サイト_eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

     

最後に買付画面です。

お好きな条件で買付を設定することができます。

     

【出典】SBI証券公式サイト_投信買付画面
【出典】SBI証券公式サイト_投信買付画面

      

最後に確認画面で最終確認をして、申込みします。

これで手続きは終了です。

あとは、自動で買付を行ってくれます。

(証券口座の残高不足にだけ注意しましょう)

     

S&P500指数の買い方【結局どれが良いのか詳しく解説します】

      

買い方は分かったけど、結局どれを買えば良いの?

      

迷ってしまう方は、以下の通り決めましょう。

     

・手間をかけたくないという方は投資信託がおすすめ

配当が欲しい方はETFがおすすめ(但しS&P500投信の配当は控えめ)

・S&P500指数を買っている時点で勝ち組

      

もし迷ったら、投資信託で「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」を買いましょう。

そもそもS&P500を買う時点で、あなたは勝ち組です。

これ以上悩まず、さっさとS&P500を積み立てていきましょう!

     

手間をかけたくないという方は投資信託がおすすめ

投資信託は先程ご紹介したとおり、少額投資ができ自動買付ができます。

証券口座にお金を入れておけば、あとは全て自動で資産形成をしてくれます。

     

資産形成で大切なのは、雨の日も風の日もコツコツ投資することです。

投資に手間がかかると、面倒臭くて忘れてしまったり、逆に色々と考えすぎてしまいます。

    

「最小の手間で最大の成果を出す」

この観点で、投資信託が一番オススメと言えます。

     

ETFを買うべき人は配当が欲しい人のみ

唯一ETFを買うべき人は、配当金(分配金)が欲しい人です。

投資信託は、配当を自動で再投資してしまうため、配当金が振り込まれません。

   

資産形成上は、配当を自動で再投資するべきと言われています。

(複利の効果で雪だるま式に資産が増えるため)

    

ですが、現在のキャッシュフローを増やしたいという方もいます。

そういう方は、ETFが検討しても良いかと思います。

    

一方でS&P500の配当利回りは、そこまで高くありません。

そのため個人的には、手軽な投資信託で良いかなと思っています。

      

■米国株で配当金が欲しい人は、SPYDやHDVがおすすめです。

        

S&P500指数を買っている時点で勝ち組

そもそもS&P500という素晴らしい指数を買う時点で、あなたは勝ち組です。

長期的に右肩上がりの素晴らしい指数です。

【出典】かぶれん_S&P500長期チャート
【出典】かぶれん_S&P500長期チャート

     

あとは、投入額が全てです。

そういう意味では、投資信託で最適解を取り、あとはお金を稼ぐ事に注力すべきです。

     

まとめ:S&P500指数の買い方3選【投資信託がおすすめ】

本記事のまとめです。

     

①日本市場に上場しているS&P500連動ETFを購入する

②米国市場に上場しているS&P500連動ETFを購入する

③S&P500と連動する投資信託を購入する

→結論:③投資信託(eMAXIS Slim米国株式(S&P500)がおすすめです)

 配当金NISA枠積立NISA定期積立買付通貨
日本市場ETFあり使える不可不可
米国市場ETFあり使える不可一部可円・ドル
投資信託なし不可使える

     

S&P500を定期積立できれば、老後の心配はほぼ無用です。

あとは余計な事を考えず、雨の日も風の日も淡々と投資していきましょう!

      

    

コメント

タイトルとURLをコピーしました