【在宅勤務は辛いよ】子どもの世話と仕事の両立はムリ!【諦めよう】

子どもの世話と仕事の両立はムリ!生産性向上
スポンサーリンク

   

この記事では、テレワークと子どもの世話の両立についてまとめています。

   

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、テレワークを始めた人も多いと思います。

僕も最近になってようやくテレワークを始めました。

    

   

最初は在宅勤務は、夢のある働きだと思っていました。

しかし、1か月くらいテレワークをしてみて、あることに気が付きました。

   

「テレワークと子育ての両立ってムリゲーすぎる!!!」

  

僕は、家に小さい子どもがいるのですが、家に子どもがいる状況で働くってホントに大変ですよね。

  

今回は、子育てしながらテレワークしているサラリーマンの実態を紹介します。

  

スポンサーリンク

【在宅勤務は辛いよ】子どもの世話と仕事の両立はムリ!【諦めよう】

子ども

   

小さい子どもがいる環境でテレワークを続けた感想です。

   

・仕事の効率は下がるのは仕方がない

・開き直って子どもと遊ぼう

   

子どもがいる環境だと、集中して作業するのは難しいです。

子どもがいる環境で、職場と同じ生産性を求めるのは無理ゲーです。

  

子どもを排除するのはムリなので、開き直って子ども遊ぶ時間を作ってあげた方が良さそうです。

   

子どもの世話しながら仕事するのは難易度高すぎる

僕が仕事している時に感じた感想をまとめました。

  

子どもが休日の感覚で遊びを要求してくる

子どもは、平日と休日の区別がつきません。

  

「今日は仕事だから遊べないんだよ・・・」

と説明しても、通じるはずがありません。

  

なので、パソコンと睨めっこしていると、当然のごとく「遊んで攻撃」に晒されます。

最初は頑張って仕事をするのですが、全然集中力が続きません。

 

結局は、仕方なしに絵本を読んだりすることになります。

  

子どもに仕事だと言っても理解されないよね・・・

    

パソコンをオモチャだとおもって触ろうとする。止めると激おこ

子どもは、大人が触っているものを触りたがります。

    

パソコン触りたいーーー!!!!

   

大人が一生懸命、パソコンを触っていると、子どもは余計触りたくなります。

  

「これはダメ!!!!」

って言うと、子どもは激おこです。

  

さすがに仕事のパソコンを壊されるとまずいので、大人も本気で止めますが、子どもの方が本気です。

結局、他のことで気をそらさせるために絵本を読んだりするハメになります。

   

会議中も叫びまわっているので、ミュートを解けず発言しづらい

ZOOM会議をしている時、発言したくても、子どもが叫んでいるので発言が出来ない時があります。

  

発言するときも、出来るだけ短い言葉を使って「家の騒音」が聞こえないように配慮しています。

  

ホントはもっと発言したいんだけど、こんな環境じゃあ発言しづらい・・・

   

また動画に映っていると、子どもが映らないか気になってしまいます。

ぶっちゃけ会議に全然集中できないです。

  

テレワーク中の会議なら内職し放題というメリットもありますが、集中して参加したい時は辛いです。

  

妻が一人で買い物を行く間は作業が止まる

家で仕事をしていると、家族の人が休日と勘違いします。

僕は平日仕事をしていると、妻から

  

今から買い物言ってくるから、子ども見ていてね

と言われます。

  

正直、「えっ、今仕事中なんだけど・・・」と思うのですが、そんなことを言える訳はありません。

結局、妻が買い物に行っている間は、自分が子どもを見ている必要があります。

   

今の時期、コロナ感染防止のために買い物も1人で行った方が良いのは間違いないです。

でも仕事している身としては、辛いですよね。

  

子どもを放置して仕事に集中すると家族との関係性が悪化する

僕は今仕事中なんだ!邪魔をするな!

   

とぶち切れたらどうなるでしょうか?

仕事に集中したい気持ちは分かります。

でも子どもや家族は、いつも通りの日常を送っています。

  

そんな時に仕事モードでブチギレると、100%家族との関係性が悪化します。

あくまで僕たちは、家族の居場所で働かせてもらっている立場なんです。

  

仕事に集中したい気持ちは分かりますが、ここはグッと堪えましょう。

  

テレワークで子どもの世話をしつつ生産性を上げたいなら

在宅で、生産性を上げるにはどうすれば良いのかな?

  

小さい子どもがいる家庭で、テレワークの効率を上げるには、家族の協力が不可欠です。

僕の場合、「この時間は会議だから一人で集中したい」と事前に伝えて、家族の協力を仰いでいます。

  

逆にこちらから「夕方の30分は子どもと遊ぶよ」と伝えるなど、上手く働ける環境を家族で作っていくことが大切だと感じました。

  

まとめ:小さい子どもがいる人は諦めましょう

本記事のまとめです。

  

・小さい子どもがいる人はテレワークで生産性を上げるのはムリ!

・大人しく諦めて、子どもと遊びましょう!

   

子どもがいる環境で、職場と同じように働くのは正直ムリです。

諦めて、子どもと遊ぶ方が有益だし、そっちの方が楽しいです。

  

テレワークは子どもと触れ合いながら仕事をする場と割り切って、楽しい時間を過ごしましょう。

  

このブログ( Corosuke blog)では、僕が働く「資材・購買業務の紹介」や「日々の生産性向上による生活の質UP」「投資を通じた自己実現」などをまとめています。

   

良かったら、他の記事も読んでみて下さい。きっとあなたの役に立つ情報があると思います。

     

コメント

タイトルとURLをコピーしました