VYMをおすすめしない理由を解説【全然高配当株じゃない!】

VYMをおすすめしない理由を解説【全然高配当株じゃない!】株/ETF/投資信託
スポンサーリンク

     

この記事では、VYM(米国高配当ETF)をおすすめしない理由を詳しく解説しています!

       

アメリカの高配当株を始めてみたいけど、VYMっておすすめなの?

    

こんな疑問に答えます。

    

高配当株を買い漁って、配当金生活を送りたいですよね。

特に右肩上がりで市場が成長する「アメリカの高配当株」がほしい人が増えています。

     

VYMは、米国高配当ETFとして有名です。

多くのインフルエンサーが、VYMを買うことを推奨しています。

    

ですが、実はVYMにはおすすめしない理由がある事をご存知でしょうか?

この記事では、高配当株投資としてVYMをおすすめしない理由を解説していきます。

     

米国株投資を考えている方に役立つ情報をお届けします。

     

スポンサーリンク

VYMをおすすめしない理由を解説【全然高配当株じゃない!】

     

VYMをおすすめしない理由は、以下の2つです。

     

・配当利回りが低い(全然高配当ではない)

・インカムとキャピタル中途半端なETF

      

実は、VYMは高配当ではありません。

高配当だと思って投資すると、後悔する可能性があります。

    

以降では、VYMをおすすめしない理由を詳しく解説していきます。

      

VYMとはどんなETF?【ざっくり解説】

VYMとは、米国のバンガード社が運営する米国高配当ETFです。

VYMの概要は、以下のとおりです。

     

・アメリカの高配当銘柄412社に投資するETF

・運用資産額は、$50.1 billion(5兆円規模)

・経費率は0.06%と激安

・400社に投資しているが、上位10社で23.5%を占める

※2021年8月末時点

     

VYMを買うだけで、アメリカの高配当銘柄に分散投資が可能です。

また、運用資産額・経費率どれもトップクラスの優良ETFです。

     

VYMの主要銘柄は、以下のとおりです。

     

【出典】Vanguard_VYM-Month-end 10 largest holdings
【出典】Vanguard_VYM-Month-end 10 largest holdings

    

JPモルガンや、ジョンソン&ジョンソンなど、世界で活躍する企業が名を連ねています。

    

こんな感じでVYMは、めちゃくちゃ優秀なETFです。

でもどうしてVYMを高配当投資として、おすすめできないのでしょうか?

      

【おすすめしない理由1】配当利回りが低い(全然高配当ではない)

実はVYMは、高配当ETFなのに「配当利回りが低い」という特徴があります。

     

VYM配当利回り推移※著者作成
VYM配当利回り推移※著者作成

     

こんな感じで、配当利回りは3%未満です。

また他の高配当ETF(HDV・SPYD)と比べても、利回りは低いです。

     

高配当ETF配当利回り比較(2020年)※著者作成
高配当ETF配当利回り比較(2020年)※著者作成

      

利回り低くて、全然高配当じゃないね・・・

     

そうなんです。

VYMは、400銘柄以上に分散しすぎているので「高配当じゃない銘柄」もたくさん含まれています。

   

高配当株投資をしているのに、配当利回りが低いETFを買っていては意味が無いですよね。

「高配当」という目的と、「VYMを買う」という手段が一致していません。

     

これらの理由から、高配当投資家には「VYMがおすすめできない」のです。

      

【おすすめしない理由2】インカムもキャピタルも中途半端なETF

VYMをおすすめしない2つ目の理由は、中途半端なETFだからです。

VYMの一番の特徴は、配当利回りがそこそこあって、株価も伸びている点にあります。

     

【出典】Google市場概説_VYM株価推移
【出典】Google市場概説_VYM株価推移

       

こんな感じで、高配当ETFなのに「株価も上昇」しています。

つまりVYMは、インカム(配当)とキャピタル(株価上昇)、両方狙えるETFなんです。

    

ですが両方を狙っているという事は、どちらも中途半端になってしまいます。

     

株価の上昇(キャピタル狙い)なら、VOOやVTIを買うほうがリターンは大きいです。

逆に配当金(インカム狙い)なら、HDVやSPYDの方がリターンが大きいです。

     

二兎追う者は一兎も得ずです。

このようにVYMは中途半端なETFなので、おすすめができないのです。

     

VYMはおすすめはしないけど、将来性がある理由を解説

     

このように配当金を増やしたい投資家に、VYMはおすすめしません。

一方でVYMを買っても良いケースがあります。

      

・5年後などの遠い将来に配当を得たい方(FIREを急いでいない)

・キャピタルとインカムを1つの銘柄で両立させたい方

・米国高配当ETFの中でもリスクを抑えたい方

     

上記3つに当てはまる方は、VYMへの投資をおすすめできます。

詳しく解説していきます。

     

5年後などの遠い将来に配当を得たい方

VYMは、短期目線では「配当利回りが低い」ゴミ銘柄です。

ですが、長期目線では投資検討に値するETFです。

     

VYM増配率推移※著者作成
VYM増配率推移※著者作成

       

実はVYMは、毎年増配を続けています。

2016年の配当金から、たった4年で89%も配当金が増加しています。

     

このようにVYMは、増配のお陰で「長期的には高配当化」します。

つまり、VYMは将来的に配当金を増やしたい方に、おすすめ出来るETFです。

     

キャピタルとインカムを1本で両立させたい方

先程、VYMはキャピタル・インカムどちらも中途半端と述べました。

一方で、銘柄を増やさずに「1本」で運用したい方に、VYMはおすすめできます。

     

・銘柄の管理が大変・・・

・キャピタルとインカムを1つのETFで実現したい

      

たくさんの銘柄を管理するのは、サラリーマン投資家には大変です。

その点、VYMさえ買っておけば、株価の伸びと配当金両方期待できるので楽ちんです。

    

米国高配当ETFの中でもリスクを抑えたい方

米国ETF3兄弟(VYM,HDV、SPYD)の中で、VYMはあまり暴落しませんでした。

     

米国株ETF_コロナショックでの暴落度合い※著者作成
米国株ETF_コロナショックでの暴落度合い※著者作成

      

加えてVYMは、米国高配当ETFの中で「唯一コロナショック前の株価を大きく超えた」銘柄です。

    

【出典】Google市場概説_VYM株価推移
【出典】Google市場概説_VYM株価推移 ※コロナショックを乗り越えている

     

以上からVYMは、高配当ETFの中でも「想定的にリスクが低い」銘柄であることが分かります。

      

株を持っていると、いつかは暴落と出くわします。

暴落率が低く、株価も早く復活する可能性が高い「VYM」は、リスクを抑えて投資したい方におすすめできます。

      

VYMはおすすめしない理由まとめ【全然高配当では無い!】

VYMをおすすめしない理由まとめです。

     

・配当利回りが低い(全然高配当ではない)

・インカムとキャピタル中途半端なETF

     

このようにVYMは、高配当ETFなのに「利回りが低い」という特徴があります。

キャピタル・インカムどちらをとっても中途半端なETFです。

    

一方でVYMは増配が期待できます。

そのため将来的に配当を増やしたい方には、おすすめができます。

(FIREを急がない人向け)

     

特に最近は株高相場となっており、SPYDは高値づかみが怖くて投資を躊躇してしまいます。

一方VYMなら将来的には、株価の伸びが期待できるので、株高相場でも比較的買いやすい銘柄かなと思っています。

     

この記事が参考になれば幸いです!

尚、本記事ではVYMについて著者の意見を述べていますが、投資を推奨するものではございません。

投資は自己責任にて、宜しくお願いいたします。

    

     

    

コメント

タイトルとURLをコピーしました