サラリーマンだけど自分はリストラされない?【その考え間違いです】

サラリーマンだけど自分だけはリストラされない?-minエッセイ
スポンサーリンク

 

こんにちは、コロスケです。

今日は、サラリーマンとリストラについて真剣に考えてみました。

  

ニュースを見ていると、日々リストラの4文字を目にします。

 

   

でもリストラって、自分が置かれた環境によって考え方が大きく変わりますよね。

以前の僕は、「リストラされる人たち、多いんだね。大変そう・・・」と他人事で、リストラのニュースを眺めていました。

  

実は「自分だけはリストラされない」という考えが間違っているってことをご存知でしたか?

 

実際、多くの人たちが「まさか自分がリストラされるとは・・・」と思っています。

つまり、リストラされる人はリストラされて、初めてその事実に気が付くのです。

  

今回は、サラリーマンのリストラを真剣に考えてみたいと思います。

 

・サラリーマンのリストラの現状が知りたい

・サラリーマンだけど、自分にはリストラは関係ないと思っている

・リストラされるのが怖いけど、対策はある?

  

これらリストラについて、どこよりも詳しく解説していきます。

   

スポンサーリンク

サラリーマンだけど自分はリストラされない?【その考え間違いです】

  

サラリーマンだけど、自分はリストラされないってホントでしょうか?

  

・仕事が出来るサラリーマンもリストラの危機に晒されている

・準備せずにリストラされると人生が詰むリスクがある

・今からリストラに備えよう(具体的対策も解説

    

どんなに仕事が出来るサラリーマンでもリストラされる可能性はあります!

大企業に勤めてても、出世していても、周りから評価されていても、リストラされるときはされます。

  

「自分には関係無いよ!」

と思っている人こそ、ヤバイということを説明していきます。

    

何故全てのサラリーマンがリストラの危機にあるのか?

仕事が出来ないダメリーマンなら、リストラされるのも分かる気がします。

でも何で仕事が出来るサラリーマンもリストラされるのでしょうか?

  

答えは、「会社の寿命が短くなってきているから」です。

  

安定と言われた一流企業の多くが、経営危機に陥り、リストラを敢行しています。

 

経営危機になった大手企業

・東芝

・シャープ

・ルネサスエレクトロニクス

  

いずれも超大手企業ですが、経営危機に陥り大規模なリストラを実施しています。

つまり、どんなに一流企業であっても経営危機に陥る可能性がある以上、リストラとは無縁ではいられません。

  

仕事が出来る・会社で評価されていても、経営危機になれば、全サラリーマンはリストラと向き合わなくてはなりません。

  

「黒字リストラ」という新しいリストラの形態

昔のリストラと言えば、経営危機に陥った会社だけが実施するものでした。

しかし最近は、黒字の会社がリストラを行うようになりました。

  

   

もはや終身雇用制は完全に崩壊しており、いつでもリストラされる可能性があります。

一流企業だから安泰というのは幻想になりつつあります。

  

多く企業は右肩上がりの成長が期待できなくなりました。

縮小していくマーケットで生き残りを図らなければならない状況です。

そんな状況なので、人員の最適化=リストラは、黒字だからこそ行わなけれるようになりました。

   

自分は関係無いと思っていると人生が詰むリスク大

リストラは、45才以上の人を対象にすることが多いです。

それは45才以上が給料に見合った働きをしていないことが多いからです。

  

そして転職市場では、45才以上の人の門戸は非常に狭いです。

つまり、45才以上の人はリストラされやすく、転職しにくいという厳しい状況に置かれます。

  

リストラが悲劇になりやすいのは、転職も出来なくて人生が詰みやすいからです。

   

サラリーマン人生怖すぎるよ・・・。どうすれば良いのかな?

    

サラリーマンだけどリストラが怖い?【対策を全て詰込みました】

リストラ

 

リストラが怖い全サラリーマンに有効な対策は以下の通りです。

 

・会社だけの一本足打法はダメ!【自分のリソースを分散しよう】

・会社では転職スキルが身に付くような付加価値の高い仕事をしよう

・副業&投資で会社以外の収入を得よう

   

サラリーマンは、目の前の仕事だけやっていてはダメです。

キーワードは、「転職・副業・投資」の3つです。

詳しくご説明致します。

   

会社だけの一本足打法はダメ!【自分のリソースを分散しよう】

朝から晩まで会社にコミットするのは、おすすめ出来ません。

会社だけに依存したキャリアでは、会社がつぶれた時に自分もつぶれてしまいます。

  

会社のために残業して、休日出勤して、飲み会に出て、それでリストラされるなんて辛すぎます。

自分の貴重な時間=リソースをもっと有効に活用していきましょう。

  

転職スキルが身に付くような付加価値の高い仕事をしよう

リストラされるから、仕事はどうでも良い訳ではありません。

逆にリストラされるからこそ、仕事の時間を大事にしましょう。

 

頑張っても報われないのは、「会社・他人のための仕事」です。

例えば、飲み会や押し付けられた仕事が該当します。

 

こういうのって頑張っても、会社以外の環境では何の役にも立ちません。

それよりも転職に使える仕事が出来るようになりましょう。

  

でもどんなスキルを身に付ければ良いのかな?

   

それは、転職エージェントに直接聞けば一発で分かります。

僕も使ってみましたが、DODAの転職エージェントがおすすめです。

登録・エージェント面談が無料で行えるので、面談で実際に必要なスキルを聞くことができます。

(僕は時間が無かったので、電話でエージェントと相談しました)

  

どんなスキルを伸ばせば良いのか迷っている方は、DODAに登録してみましょう。

 

無料でDODAに登録して、エージェントに相談してみる

   

副業&投資で会社以外の収入を得よう

会社からの依存度を減らすのに有効なのは、「会社以外から収入を得ること」です。

会社からしか収入が無い状態で、いきなり会社を辞めるのは、かなりリスキーです。

  

   

会社にリストラ通告されてからでは遅いので、今から徐々に副業・投資収入を得ましょう。

 

副業ならココナラがおすすめ

いきなり副業と言われても・・・と思っている方は、ココナラ がおすすめです。

ココナラは、仕事のスキルや自分の趣味がお金に変わります。

  

自分に売れそうなスキルなんて無いよ・・・

  

実は、えっ?こんなモノまで売れるの?というものが沢山あります。

悩み相談・語学・絵・写真など、自分の趣味がそのままお金になります。

 

迷うくらいなら、登録は無料なので、まずは登録してから試してみましょう。

  

  

投資を始めて配当収入を得よう

もう一つ重要な収入の柱が、株式投資での収入です。

金持ちと僕たち一般庶民の大きな違いは、投資をしているかです。

 

「毎月3万円の不労所得があればなぁ」

 

と思ったことはありませんか?

元本割れのリスクがありますが、株式投資なら不労所得を実現することができます。

  

でも株とか暴落するから、怖いよね・・・

  

僕も30代になるまで、株=ギャンブルだと思っていました。

でも、株に対する正しい知識を身に付けると、考え方が変わってきます。

  

   

でも最初はやっぱり怖いよ・・・

  

最初は慣れる意味で少額投資がおすすめです。

おすすめの投資方法を2つご紹介致します。

   

・積立NISAで毎月コツコツ積み立てる

・【SBIネオモバイル証券】 で少額投資を始める

   

いずれも積立形式でコツコツ投資できるので、おすすめです。

 

   

まとめ:全てのサラリーマンは将来のリストラに備えよう!

本記事のまとめです。

  

・仕事が出来るサラリーマンもリストラの危機に晒されている

・準備せずにリストラされると人生が詰むリスクがある

・今からリストラに備えよう(副業&投資)

    

「リストラは自分には関係ない」の考えは間違っています。

サラリーマンは、みんなリストラされる可能性があります。

   

リストラされるかもと思って行動すれば、後で慌てることはありません。

今の内から徐々に行動して、10年後の未来を変えていきましょう!

   

このブログ( Corosuke blog)では、僕が働く「資材・購買業務の紹介」や「日々の生産性向上による生活の質UP」「投資を通じた自己実現」などをまとめています。

良かったら、他の記事も読んでみて下さい。きっとあなたの役に立つ情報があると思います。

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました